独立・起業

小さなサロンが新規集客して固定させる実践講座

私は自店の小さなサロンをオープンした当初、お客様が来なく、毎日毎日頭を抱える日々を過ごしました。そんな時ある方法と出会い4年間徹底的に勉強し、手づくりチラシで新規客を集め、ニュースレターで固定化に成功、それまで30%台だったリピート率が一気に60%台まであげ、V字回復することが出来ました。

全て表示する >

【お客さまを集める研究会からのお知らせ】【12月22日号】

2012/12/22

一番最初に、私が手書きチラシをはじめたワケは?

小さなサロンの手書きチラシ集客の青木です。

私は、セミナーの時によく聞かれることがあります。

それは、

「どのように手書きチラシに、移行できたのですか?その経緯は?」

という質問です。

多くの方は、

「手書きの良さは、なんとなく分かるけれど、いざ実際にサロンで導入するとなると勇気がいるので、なかなか踏み切れない。」

そのような心境なのでしょう。

実は、私も、手書きチラシを始めるにあたって、まさにその心境だったのです。

私は元々、フルカラーのチラシを印刷業者さんに依頼して、オシャレさを全面に出した美容室の広告ばかりを新聞に折り込んでいました。

フリーペーパーなど情報雑誌の広告枠には、何社もの雑誌に掲載していました。

NTTのタウンページにも、広告枠を出していました。

全て、お金がかかる広告ばかりです。

しかし、それに見合った新規客は、徐々に確保できなくなってきた。

私は、オシャレさと技術を売りにしていれば、美容室は集客できると思い込んでいましたから、その他の方法はわかりません・・・。

そのようなとき、私はある方法(人)に出会ったのです。

お店のスタッフの「思いを語る」そんな営業方針、「技術」から「人」にフォーカスする。

その一つのツールが手書きチラシというわけです。

「まさか、美容室で手書き??・・・ありえない。。。」

そんな私が、手書きチラシをはじめようと思えたきっかけは?

そして、

それまでの気持ちの切り変えるための葛藤と、乗り越えることができた出来事は?・・・そのへんの経緯も書き綴っています。

チラシの作り方だけではなく、私の気持ちの変化と、その時とった行動も赤裸々に綴っています。

悩んでいた時期のことも、正直に書いてあるので、ちょっとお恥ずかしいのですが・・・^^;

技術を全面に出して売っていた私の美容室が、スタッフに焦点を当てはじめたことで、安売りせずに、売上が上がってきた経緯に興味がある方は、こちらに書いてあります、そんな本の内容になっています。



http://ameblo.jp/mise326/entry-11231701392.html

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-02-28  
最終発行日:  
発行周期:2週間前後  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。