独立・起業

小さなサロンが新規集客して固定させる実践講座

私は自店の小さなサロンをオープンした当初、お客様が来なく、毎日毎日頭を抱える日々を過ごしました。そんな時ある方法と出会い4年間徹底的に勉強し、手づくりチラシで新規客を集め、ニュースレターで固定化に成功、それまで30%台だったリピート率が一気に60%台まであげ、V字回復することが出来ました。

全て表示する >

【お客さまを集める研究会からのお知らせ】【9月29日号】

2012/09/29

「小さな美容室の新規客を集めるチラシの作り方」がわかりやすい冊子になりました。


 


チラシで自慢のメニューを広告する。サロンに新規客を集客する。新商品のトリートメントを販売する。 


チラシを使って、新規のお客さまを集めます。 


しかし、チラシ業者さんに頼むと10万円単位になります。

それを続けるには、なかなか個人店では、大きな負担になりますよね。

そこで、自分で作ってみる。でも、上手な文章が苦手な方が多いです。 


文章というのは、読めば頭の中にその場の情景が浮かびます。 


デジタルパーマの再現性の便利さを写真で見せるより、自分でシャンプーした後の手入れのカンタンさは、実際に施術された方にお聞きすれば、わかりやすいですよね。

今までのパーマに比べて、デジタルパーマはどんな風にカンタンなのか?自分での再現性のしやすさ、そして、朝の忙しい時間の煩わしさが何分に短縮したのか?等々。 


マッサージの気持ちよさを表現するのに、施術中の気持ちよかった体験談をその人の言葉で書いてもらえば、その場でされているような臨場感まで伝わるでしょう。 
 


まだ、あります。お店だけではなく、スタッフの人となりをイラストを使って表現すれば、そのサロンに入る敷居が低くなります。そのサロンで働くスタッフや先生が気さくな方だとわかれば、そのお店に入りやすくなりますよね。

「今年入店したスタッフのまほちゃんは、こんなに素直な良い娘なんですよ〜」、「オーナーの私も自宅に帰れば、2人のやんちゃな小学生の、お母ちゃんをやってます」とお知らせすることで。。。 


文章というのは、チラシにかかわらず、HPやポップ、看板、など、様々な場面で大きな武器になります。 



続きはこちらから→http://1a-plus.com/archives/1447

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-02-28  
最終発行日:  
発行周期:2週間前後  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。