独立・起業

小さなサロンが新規集客して固定させる実践講座

私は自店の小さなサロンをオープンした当初、お客様が来なく、毎日毎日頭を抱える日々を過ごしました。そんな時ある方法と出会い4年間徹底的に勉強し、手づくりチラシで新規客を集め、ニュースレターで固定化に成功、それまで30%台だったリピート率が一気に60%台まであげ、V字回復することが出来ました。

全て表示する >

【お客さまを集める研究会からのお知らせ】【7月13日号】

2012/07/13

サロンで施術しながらのお客様とのやり取りは、年配のオーナーさんの場合は、若いお客様に、子育てや人生についてアドバイスをしている方もいます。

「そんな小さなことで悩んでいたら良くないわよ!これからもっと大変なんだから!!」

「そうなのね、んじゃもっとおおらかに考えてみるわ」と。

そのように、知らず知らずの間に、スタッフとお客様の会話の中で、アドバイスになっていたりするんですね。

このような会話は、どのお店でも特に意識せずに行われていますね。

その会話の内容で、そのオーナー様やそのお店のスタッフの人となりが表現されているわけです。

それぞれのお店に入って施術をしてもらいながら、様々な会話を通して、そのお店のスタッフと相性が合う、楽しい時間になる、居心地が良い、というようなことを無意識に感じ取っているのです。

もちろん技術は大切ですが、それとともに、これらの会話を含めてのそれぞれのお客様が「居心地」を判断して、次回の来店を決める、そして、常連になるかどうかを、決めています。

しかしこれらは、意識的かというと案外無意識に、「お店の雰囲気を感じ取って」います。

それぞれのお店の「良さ・メリット」に共感した人がリピートするんですね。

これらのお店の良さは、最低でも一度来店しないとわからないことです。

しかし、この1度の来店が、なかなか勇気がいる。

そこで、来店する前に、そのお店の雰囲気、スタッフの人となりを知らせる手段があると便利です。

それぞれのお店では、それぞれの良さがあります。

これはどんなお店でもあります。(本人が気づいていない場合も多いのですが)

と言うことは、毎日その良さを常連さんには、発揮している、そして喜ばれている。

ということになります。しかしそれはお店に出入りしているお客様に限ってのことです。

現在のリピーターさんにはあなたのお店は喜ばれているわけですから、同じような価値観を持った見込み客は、まだまだたくさんご近所にいるはず。

その見込み客にあなたのお店の良さを発信するツールを持っていないお店がたくさんあります。それってとっても、もったいないことです。

例えば、ローリング・ストーンズのコンサートが連日東京ドームで行われているとします。

レコード・CDとは違う臨場感、また、アドリブや歌っている以外の場面で見えるメンバーの横顔などなど、実際にその場を体験した人は、様々な感動があると思います。

しかし、そのコンサートが行われている東京ドームを外から見ているだけでは、全く伝わりません。

レコード・CDでは感じることの出来ない良さが。

せめてこの感動の様子を、伝える紙面があれば、少なからず伝わり、ぜひ次回は、行ってみたい!と思う人も増えると思います。

しかしこの様子を全く知らせる媒体がなければどうでしょう。

何回コンサートをやっても、毎回東京ドームの外から見ているだけでは一生伝わらないんですね。

これと同じことが多くのサロンさんでは行われているのです。

お店の中では、とっても楽しい空間が、毎日毎日繰り広げられていても、そのサロンの外を毎日毎日通っていても、その良さには全く気がつけない。

「うちの店は、常連さんには、ていねいな技術で定評があるのに・・・、こんなに楽しい空間なのにどうして新規客が来ないの?」って思っている。

伝えなけりゃ、伝わらない。とってももったいないことですね。

そこで、お金もかけずに、気軽に伝えることのできるツールがこちらなんです。



http://ameblo.jp/mise326/entry-10873282615.html

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-02-28  
最終発行日:  
発行周期:2週間前後  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。