独立・起業

小さなサロンが新規集客して固定させる実践講座

私は自店の小さなサロンをオープンした当初、お客様が来なく、毎日毎日頭を抱える日々を過ごしました。そんな時ある方法と出会い4年間徹底的に勉強し、手づくりチラシで新規客を集め、ニュースレターで固定化に成功、それまで30%台だったリピート率が一気に60%台まであげ、V字回復することが出来ました。

全て表示する >

【お客さまを集める研究会からのお知らせ】【5月10日号】

2012/05/10

今日は、静岡からヘアサロン経営者のご夫婦がお越しになりました。

かねてよりのご希望で、直接話を聞きたいとのこと。

さて、どのようなお話をさせていただいたかといいますと、ズバリ、「集客」ですね。

年々下がり続ける売上。これは、全国のサロンさんが、ほぼ同じ傾向にあり、日々、売上帳を見るたびに、多くのサロンオーナーさんが、恐怖を味わっていることと思います。

また、長いスパンで将来を考えると、恐怖は何倍もに、膨れ上がるでしょう。

どこかで、その流れを断ち切りたいとお考えのオーナー様は、沢山いると想像します。

でもみなさん、なかなか行動に起こせない。。。日々目の前の雑用に終われ、お休みはすぐに過ぎてしまう。

不景気だから、営業日は、できるだけ開けていたいので、平日を閉めてまでという発想は考えにくく、できれば夜も遅くまで開けていたい、お客様が来る様子がなくても。締めれば、0だけど、開けていれば1人来店するかもしれない・・・

そのような微かな望みを求めて開けている・・・しかし、結局、経費はかかり、自分の時間は、どんどん少なくなってしまう・・・。この繰り返し。

負のスパイラルってやつですね^^;このような方は実際多いんです。

今のままではいけない、何とかしなければ・・・。しかし、新たな行動にはなかなか踏み出せない方が多いです。

何故ならば、そこには大きなリスクがついてまわるからです。

しかし、リスクがあると言ってみたところで、今のままで変わらないでいることができるのか?ということなんですけど。

はっきり申し上げると、今の時代、変わらないリスクのほうが大きいのだと思います。数年先を考えた時に・・・。

売上が下がり続けている、今の生活を変えないということは、その先は間違いなく、生活できなくなるという現実が待っていることは明らかなのですから。それでも変えない?それは、何よりもすごく大きなリスクですよね。。。。

そう考えると、新たなことのリスクの方が小さいことが分かると思います。

というこことで、今すぐ新たな行動に起こしてみませんか?!!

今回のご夫婦は、少なくても、休みを返上し、静岡から長野までいらっしゃった。

この行動が、次の道を開くと思うんですね。

数時間お話させて頂きました。



やはりお聞きしていると、組合の縛りが、様々なアイディアを引き止めていることを実感しました。

この方は様々なアイディアを深く考えていらっしゃいました。しかし、沢山のアイディアは、頭の中だけで、一切行動には出していなかった(出せないといったほうが正しいかもしれませんね)

いや〜これはとっても、もったいないことです。

そのアイディアをお聞きしていると、決して間違ってはいない、逆に、今の時代では、その方向で正しいと感じました。しかしそれを行動に起こすことが怖くて躊躇しているという現実がありました。

それも何年も前から考えていた、と言うことは、直ぐに行動に起こせば、直ぐに結果が現れていただろうけれど、その決断ができずに時間が経ち、今日お越しになって、ようやく決断できたということなんですね。

「今日来る決断をしてよかったですね」と、つくづく思いました。

まず、どんな客層に来て欲しいのか?それに、なかなか気づけないでいました。

どんなお客様でもたくさん来て欲しいと・・・。多くのオーナー様がおっしゃる一般的な答えですね。

そこから、どんな人を接客している時が楽しいのか?うれしい時間なのか?もっと言うと幸せなのか?

そんな質問をしているうちに徐々に、来て欲しい客層が見えてきました。

集めるお客様は、その客層に絞り込むことを提案しました。

長年思い続けてきた「どんな人にも来てほしい」という、思考を捨ててもらいました。

それを踏まえた上で、現在、一番売れているメニューもお聞きして、そのメニューを看板
に大きく書きだして、店の前に立てかける。そのことをご提案しました。

売れていないメニューや、新たに導入したメニューを、キャンペーンと名を打って、知らせたところで、反応は得られにくい。

これは、わかっているようでわかっていない人が多いんです。

単純に考えると、分かることです。

現在売れているメニューを、より多くの人に知らせれば、より多く売れるのは、当たり前のことです。

その人気メニューを、知られていない人にまで知らせるだけでいいわけです。

その技術を、すぐに改善する必要もなく、より多くの消費者に、知らせることに専念するだけで、売上は簡単に上がるんですね。

しかし、顧客の絞込みなどのように、自分一人で、新しいこと(未知の世界)を歩み出す決断をするというのは、家族を抱えていると、正しいと考えていても思い切れないものです。誰かの助言が大きな力になる。

これは私自身が、数年前に体験したことですから、良〜くこの方の気持ちはわかりました。

組合も、良い部分もある代わりに、今の時代になっては、足かせになっている部分も、悲しいことにあるわけです。

そこの部分をこのかたは感じていらっしゃいました。

多くのオーナー様は、このことにも気づかず、ただ単に、今までどおりの延長線上で、何とかしたい、と考えている人がとってもおおいです。

今までのやり方を変えずに、大きく飛躍したいと・・・。はっきりいってこれは不可能でしょう。なぜならば、売上が極端に落ち込んでいるということは、今までのやり方が、消費者から、否定されているれている証拠だからです。

これは、わかりやすい答えを、見せて(教えて)くれているということです。売上が目に見えるほど落ち込んでいるといいことは、目に見える勢いで、そっぽを剥きだしたという裏返しだから。

それまでの10年間は、じわりじわり売上は落ち続けていました。これは全国的な傾向です。

その時は、もう少し頑張れば、お客様は戻ってくるだろう、何年もそのように楽観視してきたわけです。なぜならば、ゆでガエル状態だから、気が付かないんです、なんとなく気がついても、行動に移るほどの変化ではない。

だからそのまま放置していた。ところがここ数年、売り上げダウンの勢いが増し始めて、目に見える変化(売上減)を感じ始めた。

しかしそれまでの数年間いや10数年間に、売上アップの対策を考えていなかったので、一体どうしたら良いのかさえわからないという、オーナー様はが沢山いらっしゃるわけです。

慌て始めても、どのような行動に移したら良いのかさえわからない、なので、ただその場に立ち尽くしているという状態なんですね。

少なくても、その場から動かなければいけないことはわかっているのですから、何らかの行動を、起こしてみませんか?リスクの最小限の方法たいくらでもあるんです。気が付かないだけなんですね。

いきなり、難しいことをしなくたって、良いんですね。 

あなたのサロンの良さは沢山あります、そこに気づいて、外に向かって発信するだけ。

まずは、今できる行動をはじめることですね。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-02-28  
最終発行日:  
発行周期:2週間前後  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。