投資

FXで儲ける技術

★★1日25,000円稼ぐ方法を公開しているFX専門のマガジンです。投資結果も公開!★★今月中にメルマガ登録された方には、定価10,000円の教材を無料でプレゼント!★★

全て表示する >

★★"逆張り相場を素早く見つける方法 "

2018/12/22

"FXで儲ける技術
FX自動売買と裁量で利益アップ
https://youtu.be/EoHSVVqP88M
---------------------

こんにちは
EDGEです。

逆張り相場を素早く見つける方法

逆張りが好きな方は「初心者の方」か
「プロの方」という両極端な印象ですが、
初心者の方が逆張りに手を出すと
本当にロクな事にならないので、
投資格言にもありますように「尻尾と頭はくれてやれ」
(天底を全部取れはしない)の精神で
トレンド相場の中盤を狙うことをお勧めしますし、
逆張りは、レンジロジックよりも
更に強固な精神で損切りを徹底しないといけませんから、
安易に逆張りロジックをお伝えすることは出来ません。

利益率の高い逆張りロジックをお伝えしても、
損切り出来ずに大損する方のほうが多いと思われるからです。

※ここで言う初心者の方とは、
月間で安定してプラスの成績を残せていない方です。
投資歴は関係ありません。
月間でプラスに出来ない方が逆張りに手を出すと 
更に悲惨なケースになる事のほうが多いので
あえてこうして書かせて頂きました。

とは言え、逆張りメインで
勝ち続けている方もいらっしゃるでしょうから、
そんな方に向けてトレンドシステムを利用して、
逆張り相場を簡単に探せる方法をお伝えします。

トレンドは短い足から崩れていきますから、
トレンドシステムでこのようになっているチャートを開くと
ちょうどトレンド転換が始まりかけている
通貨を探すことが出来ます。

このチャートを開いてみると、日足が下げ止まり上昇に転じています。
こうしてみると、トレンドは短い足から
崩れていくのが良くわかると思います。

ここから上昇が始まれば底を捉えた事になりますから、
ごっそり数百PIPSは取れます。
ただし、ここがただの戻り売りポイント
というケースもあります。

この判断が逆張りの難しいところですが、
ライントレードを実践していれば
重要ラインを抜けたかどうかで、
ある程度判断出来るようになります。

「トレンド相場」「レンジ相場」
「トレンドが転換する相場」
トレードスタイルに合った相場を
探せるのがトレンド一覧システムです。

好きな時にエントリー出来る!
エントリータイミングを全く精査しない。
 
 「いつでもロジック」
「そんなもので勝てたら苦労しないよ、
相場を舐めるな」と言われそうな方法ですが、
約6ヶ月で資金55万円を227万円に増やした口座では、
このロジックを結構使っていました。
この方法、今だかつて一切公開したことがありません。
友人同士の会話でも話題にした事がありません。

「秘中の秘!究極奥義だから自分の中だけに閉まっておいた…」
という話しだとカッコイイのですが、一切そんなことはなく、

ロジックがシンプルすぎるので、
「すごいね!」と言われるより、
バカにされる危険のほうが大きい。

事前準備が面倒(マルチタイムフレームで
きっちりラインを引かないといけない)

明確なトレンド相場で使わないと役に立たない

という事で公開するメリットが一つもないので黙ってきましたが、
ラインを自動で引けるシステムが完成したことにより、
「事前準備が面倒」の壁がなくなり、
トレンド一覧と通貨強弱のシステムでトレンドの把握も
ものすごく簡単になったので、ものすごく取り組みやすくなりました。

あまりに簡単すぎるので不安になるかと思いますが、
きっちり検証して頂ければ勝ちやすいと
わかって頂けると思うので、批判は検証してからでお願いします。
(※教材を購入しなくても手作業で全て再現出来ます。
トレンドシステムの仕様も公開しているので)

ではいつでもロジックの手順を公開します。

1、トレンド一覧と通貨強弱でトレンドの出ている通貨を選ぶ

もうこの手順はお馴染みですね。点数の高い通貨、点数の低い通貨を選択します。
目安として50点以上、ー50点以下なら良いでしょう。
プラスでもマイナスでも構いません。


2、現在価格が重要ラインの間に挟まれていればエントリー

67点のチャートを開いてみました。(15分足)
現在価格が重要ラインに挟まれいてるとはこういう状態を指します。
条件はとても簡単です。たったこれだけ。

+67点は上昇トレンドを表していますので
このまま買いエントリーです。

自動でラインを引けるシステムがない時は、
まずここにたどり着くまでが大変でしたが、
システムを入れておけばいつでも
最新のラインが引かれているので本当に楽になりました。

利益確定、損切りの条件も簡単です。

相場追従ロジックと同じく、
事前に利益確定ラインも損切り
ラインも決まっています。
ただし、下記のような場合には
エントリーを見送ります。

利益確定、損切りのラインまでが近すぎる、遠すぎる時。
10〜60PIPS以内に利益確定と
損切りラインがあると丁度よいです。

同じ通貨で連続してエントリーしない。
最低6〜8時間は開ける。

連続して1つの通貨でエントリーすると、
まとめて勝ったり負けたりするだけで
あまり意味が無いです。時間を空けて
トレンドの流れが変わったのが確認出来たら、
同じ通貨でもう一度エントリーしてもOKです。

3、ラインに到達して利益確定

エントリー後、下がったり上がったりしつつ、
フラフラしながらも利益確定ラインまで
到達する可能性が高いのがいつでもロジックの特徴です。

予め設定した利確ラインに到達した瞬間に下落しているのは、
相場参加者がこの価格帯を意識して利確した可能性が強く、
ライントレードの優位性を物語っていると
言えるのではないでしょうか。

もうひとつ、今度はトレンドの点数が
低い通貨を選択したケースも見てみましょう。

※繰り返しになりますが、点数が低い=稼ぎにくい ではなく
点数が低い=下降トレンド という意味になります。
上昇トレンド、下降トレンド、稼ぎやすさに違いはありません。

ー62点のチャートを開いてみると、下降トレンドかつ
いつでもロジックの条件である、
重要ラインに現在価格が挟まれているので
このまま売りエントリーでOKです。


エントリー後、しばらくすると利益確定ラインまで到達しました。

1 50点以上(以下)の通貨を探す


2 現在価格が重要ラインに挟まれていたら
    そのままトレンド方向にエントリー 

3 エントリー後はほったらかしでOK。チャートを見る必要無し

時間のある時にチャートを開いて
30秒〜1分程度でエントリーまで完了。
エントリー後の決済は自動なので
ほったらかし。中々使い勝手のよいロジックです。

※タイミングによってはエントリー出来る条件になく
全通貨見送りという事もあります。
例えば相場追従やダウ継続のサインが出た時、
ついでに見てみて条件に当てはまっていればいつでもロジックを使う。
という感覚で取り組むとストレスなく実践出来ます。


※ただし、同じような通貨ペアで同時に取引しないで下さい。
(ドル円、ユーロ円、ポンド円で同時にエントリーなど)
似たような動きをするので、全部勝ったり全部負けたりします。
ドル円でエントリーしたら、他のクロス円ではエントリーしないようにします。

「んーーー…。 本当にこれで勝てますかね…?」
なぜこのような現象が起きるのか
不思議だと思いますがきちんと理由があります。
このロジックの背景として、

行き場を失った価格はラインに引き寄せられる

という習性を利用しています。
まるで引力でもあるかのように、
フラフラしながらラインのほうに寄っていくのです。

重要ラインの間に挟まれている価格は、
目的地がわかっていません。
「次はどこ行こうかな〜」とフラフラしてるところに、

・強いトレンドが出ている
  ↓
・トレンド方向に重要ラインが待ち構えている

この2つがそろえば、高い確率でそのラインに吸い寄せられていきます。

ライントレードを実践されている方は、
この現象に共感して頂けると思います。
重要ラインの価格帯には大量の注文が溜まっていますからね。

よって、強いトレンドが出ていてもその方向に重要ラインがなければ
エントリーしてはいけません。目的地となる場所がないからです。
単純に「トレンド方向にエントリーすればいいのね!」
という解釈でこのロジックを実践すると上手くいきません。

ですから、最初にお伝えしましたように
マルチタイムフレームでラインを引くのが重要なのです。
昔は手作業で引いていたので大変でした。
今はシステムがあるので「いつでもロジック」が
すごく簡単になりました。

あと、ついでに言うならばラインブレイクを
狙った手法ではないのでダマしがありません。
この手法の特徴をまとめてみます

トレンドが出ている事を確認&その方向にしかエントリーしない

現在価格が重要ラインに挟まれていれば
利確ポイントになる重要ラインを目指して
トレンド方向に価格が進んでいく可能性がとても高い

ダマしがない(そもそもエントリータイミングをはからない。
ラインブレイクを狙った手法ではない)
マルチタイムフレームで分析したライン&トレンド&通貨強弱を背景にした方法なので、
そもそも勝ちやすい状態の時に、
勝ちやすい方向にエントリーして、
ゴール目標になる重要ラインを利確
ポイントにしているので想定したシナリオ通りになりやすい。

→結果、エントリータイミングを精査しないのに勝率が高い

相場の原則に従った方法だと思うのですが、
あまりに簡単すぎる方法だとすごく疑われます。
しかし、ここまで読んで頂いた方なら
しっかり判断して頂けると思うので「いつでもロジック」を公開しました。

移動平均線がクロスして、ADXが上向いて、RSIも上向きで、
ボリンジャーバンドがエクスパンションして…という複雑なロジックばかりに
慣れていると信じがたいと思いますが、
FXでは、エントリーに至るまでの背景や裏付けを大事にしています。


実は…「いつでもロジック ver2」もあります
この手法も初公開です。
ライントレード的には理に叶っていて、
なおかつ勝てている方法ですが、
テクニカル指標を重視してトレードしてきた方には
斬新な方法に映るかもしれません。
ロジックというより「勝ちやすい価格帯を見つけるテクニック」
と言ったほうがわかりやすいかもしれません。

いつでもロジック2の手順ですが、
1、トレンド相場かつ、通貨強弱でも有利な通貨を見つける。
この手順はいつも通りなので省略します。

有利な通貨を見つけたら、ラインを自動で引いてくれるシステムを使って、
通常よりたくさんラインを引きます。
(相場追従やダウ継続ロジックで使う際は、
わかりやすさを重視してラインの数を少ない設定にしています)

好みによってラインを引く期間や引き方も自由に設定出来るので、
ラインの数を少なくしたり多くしたりは設定を少しいじるだけで簡単に出来ます。
システムを使わずご自身でラインを引く場合には、
出来るだけ長い期間、手当たり次第にラインを引いてみると同じような感じになります。
4時間足チャートに、月足〜4時間足までのラインを大量に引いた図です。


ラインをたくさん引いてみました。
手作業だと膨大な時間がかかりますが、
システム任せにすれば一瞬です。
たくさんのラインを引く設定にしただけ
あってぐちゃぐちゃですね。ヒドいものです。

いかがでしょうか?この画像を見て。ほとんどの方が
「全く意味がわからない!こんなグチャグチャな
画面でトレード出来るわけない!」
と思うのではないでしょうか。


中級者の方は「手当たり次第にラインを引きまくって、
どこが重要なラインがわからなくなってる
典型的なダメトレーダーのやり方だな」と
思ってらっしゃるでしょう。


普通に考えればその通りなのですが、
実は「いつでもロジック2」は
「トレードしやすい価格帯を見つける」という目的を、
全く逆の発想でやっています。ラインを引きまくることで
「抵抗のないスポットをあぶり出しています」

https://usdjpy.biz/wp-content/uploads/2018/12/4h.gif
もう一度、同じチャートを見て頂きたいのですが、
今度は画像を少し加工しました。これで見やすくなったでしょうか。
最初の時の画像と見比べて下さい。
同じ画像ですが印象が随分違うと思います。


黄色の丸部分に注目して下さい。
ラインばかりのチャートに、「ぽっかり空いたスポット」が浮き出てきました。

こんなにラインばかりのチャートなのに、
このスポットだけ何もないなんておかしいと思いませんか?
これだけラインを引けば、画面中に均等にラインが引かれていてもおかしくないのに、
不自然な偏りがある。 

このスポットを見つけ出す為に、大量のラインを引くのです。
月足から4時間足まで大量にラインを引いて、
このスポットだけラインが一切無いのは「抵抗がない価格帯」と考えられます。

抵抗がない価格帯とは、
「一度このスポットに入れば、そのまま次のラインまでスムーズに到達する可能性が高い」
と言えます。つまり、抵抗のないスポットが見つかれば、
現在価格がラインに到達するのを見張る必要すらなく、
スポットに入りそうな所に買い注文やら売り注文を入れておき、
スポットが終わるところに利益確定の決済注文を入れておくだけです。
これだけで20〜50PIPS程度取れる可能性が高いので非常に効率がいいです。
https://usdjpy.biz/wp-content/uploads/2018/12/4h-2.gif

損切りは、獲得予定PIPSの半分から3分の1程度下に入れておきます。
スポットの幅が50PIPS程度あれば、
損切りは15〜25PIPS程度下に入れておくようなイメージです。

ライン密集地帯を抜けて、無抵抗スポットに入るとスムーズに危なげなく利確ラインまで
到達するケースが多いのが「いつでもロジック2」の特徴です。

ただ、先程も申し上げました通り、「勝ちやすい価格帯を見つけるテクニック」
とも言えますので、この方法であぶり出したスポットに
テクニカルの要素を入れても良いでしょうし、5分足や15分足で押し戻りを待ってから
エントリーするという方法を加えて、より精度の高いロジックを作ることも出来ます。

あと、サインツールを利用すれば特定のラインに到達した時にサインを出し、
音とメールでお知らせも出来ますから、スポットに入った時にサインを出すなんて事も出来ます。

もう一例、今度はもっとぐちゃぐちゃですがこのチャートもある意味美しいです。
https://usdjpy.biz/wp-content/uploads/2018/12/4h-3.gif


こんな訳のわからないチャートでも、色んな情報が得られます。
ラインが密集したゾーンを塗りつぶしてみました。
https://usdjpy.biz/wp-content/uploads/2018/12/4h-4.gif


いかがでしょうか。こんなにぐちゃぐちゃなチャートでも
こうして見ると中々良い情報を教えてくれます。

ラインぐちゃぐちゃの青ゾーンの時はトレードしない。
青ゾーンを抜けたらトレード開始。これだけも勝てる確率がグっと上がります。

普通は、意味のあるラインだけ引いて、
極力ラインを少なめにするものですが、逆の発想でラインを大量に引くことにより、
利益を出しやすいスポットをあぶり出します。

テクニカル指標にこだわりすぎている方は、
このようなアプローチも取り入れてみるとトレードの幅が広がりますのでお試し下さい。

チャートもロジックもシンプルであるべき。
という考え方は私も大賛成ですし、そのような方法ばかり紹介してきましたが、
いつでもロジック2のように、あえてぐちゃぐちゃにすることで、
重要なポイント(抵抗がなく利益を出しやすい価格帯)が浮き彫りになったりもするものです。

シンプルでも複雑でも美しくても汚くても、
とにかく「勝つ」ことにこだわりましょう
投資の世界は「勝つ」ことでしか生き残れないのですから。

ロジック編の最後にお伝えしたい、とても大事なこと。
 「わからない時は何もしない」「誰が見てもわかる所だけ勝負する」
ビジネスでは「わからない」「出来ない」と言うと無能だと思われますし、
学校でもテストでも「わからない=悪い」と教育されてきたので無理もないのですが、
FXに限らず投資では「わからない」と認める能力がとても重要です。

例えば、ロジックをお伝えすると必ずこのような質問を頂きます。
「こんな状況の時はどうですか?エントリーすべきですか?しないほうがいいですか?」

意欲的な質問ですが、答えは簡単です。

「迷うようならエントリーすべきではない」

先程も書きましたが、わからない事に無理やり意味を持たせようとしたり
全てを理解して正解を出さないといけないと考えると

「こんな時はどうしたいいんだろう?
こんなケースでは何をすべきだろう?この判断で合ってるのか?」

様々な疑問が湧き上がりますが「迷う」「わからない」となった時点で
そこはエントリーポイントではないのです。  

他にも「経済指標の時はどうしますか?」という質問を頂く事も多いですし、
実際、気になる方も多いと思いますが、
「わからない時は何もしない」という原則を考えれば簡単です。

経済指標の結果がわかるならエントリーすればいいですし、
わからないなら何もしない。というシンプルな答えです。
私の場合、経済指標でどう動くかわからないので何もしません。 
どちらに動くか考えたり予想することもありません。

FXのロジックですと、
ポジションを持って重要な経済指標を迎える場合はその前に決済します。
というよりポジションを持たない事のほうが多いです
(利確も損切りも事前に注文を入れているので、
経済指標の激しい値動きで一気にシナリオが崩れる可能性が高いです。
また、トレンドと通貨強弱の優位性も崩れる可能性が高いのであえてトレードする必要はありません)

中長期のスイングトレードの場合は、
逆に経済指標は何も気にせずポジションを持ち続けたままにします
(週足チャートから経済指標の痕跡を読み取れるケースはほとんどないからです)
このように、投資スタイルによって経済指標の捉え方も違ってきます。

あと、常にポジションを持って相場に参加しないと気が済まない、
通称「ポジポジ病」の方も多いですが、

「わからない時は何もしない」
「誰が見てもわかる所だけで勝負する」

という鉄則を机に貼っておけば随分良くなるはずです。

「このチャートの形、エントリーかな?見送りかな?」
迷ったら思い出して下さい。
投資では「何もしない、わからない」が正解になることがあるのです。
現実社会や学校教育とは違う世界で勝負している事を忘れないで下さい。

ものすごく長くなりましたが、ロジック編は以上になります。
全部公開してしまったので教材を購入せずとも実践出来ます。
いずれも勝てている方法なのでお試し下さい!

質問お問い合わせはここに送信して下さい
excelsystemtrader@gmail.com

最後まで読んでいただき
ありがとうございます

EDGE



---------------------

[当メルマガへ広告掲載をご希望の方]

・紙面全面を使った号外広告の掲載を承ります。
詳細の確認とお申し込みは

以下のページよりお願い致します。
https://eur.usdjpy.biz/index.php?advertising

-----------------

FXで儲ける技術

フィボナッチトレード、ローソク足の情報
https://eur.usdjpy.biz/

Youtubeでトレードテクニック公開中
https://www.youtube.com/fxedge9999?sub_confirmation=1

ブログでも情報配信しています
https://ameblo.jp/fxedge/?m101

Google+はここです
https://plus.google.com/u/3/115559827601369969865

フェイスブックで限定記事あります
https://www.facebook.com/fxedge9999

Twitterやってます
https://twitter.com/fxedge

プロフィールはこちらです
https://profile.ameba.jp/fxedge?m100


※当該情報に基づいて

被ったいかなる損害について

当方は一切の責任を

負いません。

Copyright(c)2018

FXで儲ける技術

Allrightsreserved.""
"

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-01-30  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。