投資

FXで儲ける技術

★★1日25,000円稼ぐ方法を公開しているFX専門のマガジンです。投資結果も公開!★★今月中にメルマガ登録された方には、定価10,000円の教材を無料でプレゼント!★★

全て表示する >

★★2018年末4つの暗号通貨の価格

2018/06/29

"FXで儲ける技術
今ならLINEでビットコインがもらえます!
http://coin-trade68.com/ddk/?AD_CODE=0016_00003
---------------------

おはようございます。
EDGEです。

ドル高が進んでいるために
ゴールドは安全資産としての
役割を果たしていません。

今のところ
ゴールドは半年ぶりの
安値になっています。

需要が上向くのは8月頃です。
ドルコストで買い集めておくと良いです。

デジタルゴールドの 
ビットコインも似たような状況です。

5000ドルから
6000ドルを
うろうろしています。

ブロックチェーンの活用に向けた動きは
小売業や製造物流業で進んでいます。

株式市場や取引の情報技術インフラを
提供する企業では導入が遅れています。
皮肉な話ですよね。

ビットコインなどの
仮想通貨を利用するために
必要な技術として知られる
ブロックチェーンは
複数の取引データまとめたブロックを
追加することが可能です。

すべての利用者が
暗号化されたデータを管理しています。

これは株式市場において
取引システムを提供する
IT企業にとっては願ってもない技術です。

世界中のこうした企業の大半は
ブロックチェーンを利用した
技術開発の初期段階です。

報告書によると
分散型台帳技術を導入した企業は
わずか5%です。

開発や導入の計画はないと回答する企業は20%で
試験的なプロジェクトを行っているのは70%ですが
5%はそうした専門の技術がありません。

つまりブロックチェーンの開発企業は
これからもてはやされるということですね。
楽しみです。

株式市場取引所以外では
多くの問題を解決するため
分散型台帳技術も活用する
企業がちらほら出てきています。

アメリカの宅配
航空貨物大手FedEXは
授業の透明性と効率性を改善するために
分散型台帳技術に投資しています。

スティーブからメッセージです 。
---------------------
2018年末4つの暗号通貨の価格

1.NEO
取引場所
Bitfinex
Bittrex
Binance

主な特徴:
中国に本拠を置くNeoはTuringの完全版です
スマートコントラクトやDappsを実行できます
中国政府をより魅力的にさせる一方で
新しい用途を可能にする識別機能も備えています

NEOは暗号通貨化に関連する
多くのプロジェクトの基礎となるように設計されています
開発者たちは中国政府の暗黙の祝福を受けています
NEOは中国のブロックチェーン技術の中心です

2018年12月の価格見積もり:
NEO価格294ドル
最高500ドルまで高くなるでしょう


2.ステラ(XLM)
取引する場所:
Bittrex
Binance
Poloniex
Kraken

主な特長:
ステラの取引は1秒に1分の1に近づき
ネットワークはユーロなどの
フィアット通貨を米ドルに変換できます

使用事例:
NYSE:IBMはクロスボーダー決済ネットワークを構築する
プロジェクトの一環としてステラを採用しました
この高度に適応性のある暗号通貨は
ICOのプラットフォームとしても
大きな可能性を秘めています

2018年12月の価格見積もり:0.66ドル
最高1.10ドル

3.NEM(NEM)
取引する場所:
Bittrex
Poloniex

NEMはスケールとスピードのために設計されているだけでなく
Smart Asset Systemはカスタマイズ可能で
複数の用途に合わせて開発者が容易に対応できます
2018年12月の価格見積もり:1.51ドル

4.IOTA(MIOTA)

取引する場所:
Bitfinex
Binance

主な特徴:
ドイツ語のIOTAはブロックチェーンを不要にする
珍しい暗号通貨化方式でTangleという技術を採用しています
IOTAネットワーク上でトランザクションを実行するには
デバイスは最初に2つのランダムに選択された
既存のトランザクションを検証する必要があります

したがってIOTA取引を行うコストは
ゼロに近く実際には規模が縮小します
T-MobileUS(ナスダック:TMUS)
AccenturePlc(ニューヨーク証券取引所:ACN)を含む35社が
IOTAを実験しています
2018年12月の価格見積もり:5.75ドル

---------------------
ここまでです。

さてさて

カナダドルは米ドルに対して
年初来の安値をつけています。

アメリカの鉄鋼アルミニウム
輸入制限などが
次の金融政策判断の
大きな影響を与えると考えを
示したことで売られました。

ニュージーランド準備銀行は
政策金利を1.75%に据え置きました。

経済成長を加速させるか
見極めたいとして
中立的な見通しが維持されています。

アメリカの国債相場は
上昇しています。

中国とアメリカの対立が深まって
世界的に経済活動が減速しかねないという
リスクが意識されています。

中国のアメリカの投資を
制限することをめぐって
トランプ政権が姿勢を
軟化させたように見えましたが
アメリカの利回りは低下しています。

FRBが年内に少なくとも
2回の追加利上げを
実施する確率は
45%に低下しました。
 
アメリカの企業の借入や
イギリスでの高いリスクの融資と
新興国での外貨建ての融資が
金融システムの安定を
脅かすリスクが見られます。

世界の金融安定性に対するリスクが
直近6ヶ月で強くなっています。 

イタリアの債務履行能力が
再び危惧されています。

中国の債務状況が
不安視されています。

様々な脅威があります。

アメリカには企業の債務残高が
1月から3月期の純利益の
2.9倍に上がっています

債務が拡大しているだけでなく
融資基準が緩くなり
リスクが急増しています。

その債権の多くは証券化され
世界中の投資家に販売されています。
新興国についても
同様の問題があります。

新興国の政府や企業はドル建てで
債務を拡大してきましたが
アメリカの金利上昇に直面しています。

イングランド銀行によると
イギリスの市中銀行が
主な新興国で抱える投資残高は
総資産の合計の15%になっています。

中国の主要株価指数は
弱気相場入りしています。
人民元安が中国企業の業績に及ぼす
悪影響を懸念しています。

外国人投資家は中国本土株や
香港株の持ち高を減らしています。
夏枯れ売りサマー到来です。

メールはここに送信して下さい
excelsystemtrader@gmail.com

最後まで読んでいただき
ありがとうございます

EDGE


ビットコインの歴史とバブルまでの流れ
ビットコインの価格と歴史を簡単に振り返ってみると、
2009年10月ビットコイン取引スタート
1ビットコイン=0.1円〜0.7円
ビットコイン取引がはじまった当初の価格はなんと
1ビット0.1円〜0.7円でした。

2011年06月12日世界初のビットコインバブル
1ビットコイン=1489円
一部のメディアから注目を集めたことにより
最初のビットコインバブルが発生しました。

2013年03月19日世界初のビットコインATM設置
1ビットコイン=5718円
アメリカカリフォルニア州サンディエゴに
世界初のビットコインATMが設置。

2013年12月04日NHKが国内初のビットコイン特集
1ビットコイン=12万3100円
NHKが初めてビットコインに関する特集番組を放送。
日本国内の大手メディアで最初に
ビットコインを取り上げたのはNHKなのです。

2013年12月05日中国政府による規制
1ビットコイン=11万0000円
中国政府が金融機関によるビットコイン取り扱いの禁止を発表し、
民間中国取引所が一時的にサービスを中止、
これ以後、2017年1月まで大きく下落する流れに。

そして今後の予測はこちらから学べます
http://fukunokami-coin.jp/lp01/?m=sas10


---------------------

[当メルマガへ広告掲載をご希望の方]

・紙面全面を使った号外広告の掲載を承ります。
詳細の確認とお申し込みは

以下のページよりお願い致します。
https://eur.usdjpy.biz/index.php?advertising

-----------------

FXで儲ける技術

フィボナッチトレード、ローソク足の情報
https://eur.usdjpy.biz/

Youtubeでトレードテクニック公開中
https://www.youtube.com/fxedge9999

ブログでも情報配信しています
https://ameblo.jp/fxedge/?m101

Google+はここです
https://plus.google.com/u/3/115559827601369969865

フェイスブックで限定記事あります
https://www.facebook.com/fxedge9999

Twitterやってます
https://twitter.com/fxedge

プロフィールはこちらです
https://profile.ameba.jp/fxedge?m100


※当該情報に基づいて

被ったいかなる損害について

当方は一切の責任を

負いません。

Copyright(c)2018

FXで儲ける技術

Allrightsreserved.""
"

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-01-30  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。