投資

FXで儲ける技術

★★1日25,000円稼ぐ方法を公開しているFX専門のマガジンです。投資結果も公開!★★今月中にメルマガ登録された方には、定価10,000円の教材を無料でプレゼント!★★

全て表示する >

★★NFPスキャルピング動画公開予定

2018/02/01

"FXで儲ける技術
あなたもこれで億り人に!
http://coin-trade68.com/?AD_CODE=0016_00004
---------------------

おはようございます。EDGEです。

FRBは31日に今年最初の
連邦公開市場委員会を
終了しました。

政策金利は据え置いたものの
明るい景気見通しました。

今年も3回利上げを
するとの予想を示しています。

株価は割高で社債利回りは
アメリカの国債に
比べて極めて低い状態です。

アメリカの税制改革法の成立で
トランプ大統領が
160兆円規模のインフラ投資計画を
提唱する中で金融環境は
一段と緩和的になる可能性があります。

これはFRBが掲げる
金融引き締めの目標に
逆行する流れです。

これはFRBにとって
気がかりなのと同時に
かつて2004年半ばに1%だった
FF金利の誘導目標を
2006年半ばまでに
5.25%まで引き上げましたが
金融条件は極めて緩やかな水準に
止まりました。

FRBは政策金利を通して
金融条件を引き締めたり
緩和したりすることで
目標を達成します。

利上げによる引き締めが
不十分となれば
一段と利上げに
踏み込むことになりです。

アメリカの議会予算局による
都議会が債務上限を引き上げない限り
連邦政府は3月上旬に支出を支える資金が
枯渇する可能性が極めて高いです。

財務省の資金が底をつくのは
3月下旬から4月初めという予想が
示されていましたが
新税制の影響で予想が
前倒しされたということです。

財務省は2月末までは
期日通りの支払いを続けるのに
十分な余裕があるとしつつ
議会に対しては迅速に
債務上限を引き上げるよう
強く求めていです。

カナダの国内総生産が好調だったことと
FRBが政策金利を据え置いたことで
カナダドルは米ドルに対して
強くなっています。

カナダの11月のGDPが低調だった
10月と比べて予想通り増加し
カナダドルは上昇しています。

スティーブからのメッセージです。
---------------------
ドイツの首都はバーチャル通貨とブロックチェーンの開発拠点になっています
BlockchainHubの創設者Shermin Voshmgirはブロックチェーンのシンクタンクです同社の関係者によるとドイツ最大投資銀行やメディア企業のドイツ銀行とベルテルスマンSEはブロックチェーンを事業に統合しようとしています
ミュンヘンとボンではフィンテックの新興企業やベンチャーキャピタルが暗号通貨の分野に飛び込んでいますベルリンでは世界クラスのブロックチェーンコーディングコミュニティが長年にわたって成長しています
コーディングプラットフォームGitHubの分析では2008年以来ドイツでは1307のブロックチェーン関連のコンピュータコーディングプロジェクトが実施されており中国米国英国に次ぐ世界第4位ですベルリンのメンバーはコーダーが作業を行っている場所にプロジェクトが必ずしも基づいているわけではないので開発の実際のシェアは高くなる可能性があると言います
ブロックチェーンの採用で知られているドイツの暗号の技術の牽引は驚くべきことです
ドイツ人の現金への愛着は戦前のハイパーインフレのトラウマから生まれたものでインフレに対する全面的な恐怖です
この恐れによりドイツ人はユーロ圏債務危機の後欧州中央銀行が行った緩やかな金融政策に疑念を抱きましたドイツの起業家や専門家によると貨幣を流通させることでインフレ志向の強い信用を得ることができますビットコインへの関心が高まっている可能性があります
欧州中央銀行の前理事ユルゲンスタークは低金利やマイナス金利の状況でもリスクを取る準備が整っている市場参加者が多いと述べました 
Jörgvon Minckwitzのように中央権力のないビットコインに魅力を感じてる人もいますBitchinベースのスタートアップBitwalaの創設者ベルリンのKreuzberg地区では2011年頃の債務危機の際に彼は暗号通貨に興味を持っていると語りました
ベルリンのスタートアップコミュニティは約1世紀前にベルリンで始まったアナキストやプライバシー活動家の不足を受けて海外赴任者を引きつけています
Trent McConaghyは企業のために分散データベースソフトウェアを作成するためにBerlinにBigchainDB GmbHを設立したカナダ人ですワイマール時代の歴史について語り冷戦時の西独のドラフトドジャースからの支持を得たと語っています
30年の経験を持つドイツの情報アーキテクトJörgPlatzerはKreuzbergのBar Room 77で彼は何年もの間地元のビールサプライヤーにビットコインで取引していましたその核となるのは技術の進歩についてであり潜在的な可能性を妨げを解放していると彼は語っています
ベルリンを拠点とするプログラマーのAndreas Schildbachはモバイルビットコインウォレットの初期開発者でありスマートフォンからの通貨での保管と支払いの方法を考案していますEthereumの共同設立者であるGavin Woodは開発作業の大半はベルリンのチームによって完了したと述べていますこの都市には英国やオランダのような場所に正式に登録された企業のために働く無数のコーダーが存在します
---------------------
ここまでです。

アメリカの半導体大手
アドバンストマイクロデバイスは
仮想通貨イーサリアムの
人気の高まりから恩恵を受けてきました。
イーサリアムの採掘に関わる計算に
好んで使われるからです。
これは売上高を押し上げますが
主力とするGPU 事業の業績を覆い隠す
一時的な要因になるかもしれないと
懸念しています。

10から12月期の四半期決算で
イーサリアムの採掘が売上高に
どれほど貢献したのか
それは年間の売上高全体に占める割合で
一桁台半ばを占めたと述べていま。
約231億9600万円相当です。 

アメリカの決済ネットワーク
 VISAは同社の決済ネットワークを
利用した様々な取引を増やす
ことに注力していると
明らかにしました。

カードの他
モバイル決済、
インターネット端末による
支払いなど様々な方法を
想定しています。
カードという呼び名から
離れようとしていると
語っています。

支払い方法として
認められる手段が
飛躍的に増える見通しを
示しています。

アメリカの証券取引委員会は
6億ドル相当の仮想通貨技術を使った
資金調達を阻止しました。

アメリカの当局による ICOへの
介入規模としては
過去最大級です。
またアメリカのデリバティブ
規制当局は今月仮想通貨に絡み
提訴に踏み切っています 。

そしてFacebookが仮想通貨
ICO関連の広告を禁止すると
発表し投資家の心理は。
一段と冷え込んでいます。
Facebook に登場する
仮想通貨の広告は
怪しいものばかりだったので
これは良い傾向だと思います。

2018年2月1日EURCADトレードhttps://youtu.be/L_Fz6J9_3cw

2018年2月1日AUDUSDトレードhttps://youtu.be/vZ3J8RPH3Ys

ドル円はNFPを控えて
動きは一時的に上昇していますが
まだ下落余地があるための
ノーポジションが良いです。

当日スキャルピングを
予定していますので
その動画を後日
無料公開したいと思います。 

2018年1月31日USDCNYトレード
https://youtu.be/xPfzQbHxbhI

メールはここに送信して下さい
excelsystemtrader@gmail.com

最後まで読んでいただき
ありがとうございます

EDGE



---------------------

[当メルマガへ広告掲載をご希望の方]

・紙面全面を使った号外広告の掲載を承ります。
詳細の確認とお申し込みは

以下のページよりお願い致します。
https://eur.usdjpy.biz/index.php?advertising

-----------------

FXで儲ける技術

フィボナッチトレード、ローソク足の情報
https://eur.usdjpy.biz/

Youtubeでトレードテクニック公開中
https://www.youtube.com/fxedge9999

ブログでも情報配信しています
https://ameblo.jp/fxedge/?m101

フェイスブックで限定記事あります
https://www.facebook.com/fxedge9999

Twitterやってます
https://twitter.com/fxedge

プロフィールはこちらです
https://profile.ameba.jp/fxedge?m100


※当該情報に基づいて

被ったいかなる損害について

当方は一切の責任を

負いません。

Copyright(c)2018

FXで儲ける技術

Allrightsreserved.""
"

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-01-30  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。