語学

英語教育を考える

昨今、子供への習い事の上位に位置する英語教育。その反面、母国語への関心の薄さも問題視すべきではないだろうか?英語教育の必要性、母国語への関心の必要性を考えてみませんか?

全て表示する >

英語教育について考える

2011/01/19

おはようございます。

昨日の続きの話をします。

他の質問に変えてみましょう。

例えば、A駅からB駅まで1kmの距離を歩けますか?

と聞かれたらどう答えますか?

もちろん、「歩ける」と答える人が多いはずです。

馬鹿げた話だと思いますか?

けど、これと同じくらいの質問を今までしてきているんです。

実際、海外留学してた人、帰国子女、多国籍の人と結婚されてる人、ハーフの人に

なんと聞く人が多いでしょうか?

きっと、「英語もしくは外国語はぺらぺらですよね?」

というような質問をするはずです。

質問というか勝手な憶測からほぼ断定的な質問をするはずです。

日常会話程度の外国語をどれだけハードルを高く見積もってるのでしょうか?

海外ドラマを英語字幕でご覧になってみてください。

話すスピードは速いかもしれませんが、使ってる単語はそんなに難しくないはずです。

「I’m going to eat something. Would u like some?」

「僕は何か食べに行くけど、君は?」

この構文は中学英語程度です。

そして、二つ目の文はきちんとした文構造ではありません。

しかし、通じますし、みなさんにもわかるのではないでしょうか?

日常会話なんて単語だけでも通じます。

そんなに難しいものではありません。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-01-17  
最終発行日:  
発行周期:できれば毎日、最低週一回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。