小説

胸ポケットにしまえる小説と詩

誰にでも、未知の予感のようなさざめきがあるはずです。そう、たとえば、遠い視線に振り返ったような。 そんな、言葉の物語です。

メルマガ情報

創刊日:2011-01-15  
最終発行日:2011-02-01  
発行周期:週二回乃至三回  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

最新記事

最新のコメント

  • コメントはありません。