インターネットビジネス

NETBUZZでのネットビジネスな日々

ネットビジネスでの成功を目指す人たちにお届けする実践形式のお役立ちネットビジネスニュース型メールマガジンです。
2012年1月、ネットビジネスコンサルタントを開始した私たちメンバーが経験する様々なネットビジネスの話題をニュース形式でお届けしていきます。

全て表示する >

NETBUZZでのネットビジネスな日々 2012年1月30日号

2012/01/30







みなさん。

いかがお過ごしですか?寒い日が続きますね。
君野しょうへいです。



さて、

NETBUZZがオープンしてから、

実に沢山の方々に利用して頂いております。


ありがたいことです。

このまま、ずっと継続して、さらに多くの方にご利用いただければと思う
次第です。


ブログに、そのことをレポートしてるので、是非読んでみてくださいね。


(ブログの「お越しいただいた方々」カテゴリのところです)


ネットビジネスの「無料相談」は、受付中です。


こんなことに困った、


これはどうすれば良いんだろう?


あるいは、


こんなこと、教えてほしい


ってなことがあった場合、

いつでも事務所に来てください。


「そんなん言っても、何時行ったら良いのかわかんないよ」


って意見も頂いたので、

君野のスケジュール表も掲載しています。


君野が事務所にいて、フリーの時間が一目瞭然。


君野にだけ用事があるわけではないでしょうから、その時は、また、その
旨お書きの上、お知らせいただければと思います。

http://netbuzz075.blog.fc2.com/blog-entry-4.html



↓↓↓↓↓↓↓↓↓ NETBUZZのブログはこちら ↓↓↓↓↓↓↓↓↓

●沢山の方々に来て頂いております
http://netbuzz075.blog.fc2.com/blog-category-1.html

●君野のスケジュールを掲載しています
http://netbuzz075.blog.fc2.com/blog-entry-3.html





さて、今回のメルマガも、そんなNETBUZZに来てくれた方々と、ネットビ
ジネスのこと色々と話していることをベースにお届けします。



    _┌────────────────────────┐_ 
    \│∋★   デザインのことで悩みました    ★∈│/
    /└┬──────────────────────┬┘\ 
     ̄ ̄                         ̄ ̄



ちょっと、こういう話があるので聞いてください。


表題の通り、「デザインのことで悩みました」って話です。

デザインには、存在する目的があって、お金を生み出すためのデザインも
あります。

で、そういうのを商業デザインって呼ぶのですが、


ここでは、その商業デザインのことについての話です。




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



クライアントのWEBサイトをつくるにあたり、とにかくかわいいホームペ
ージがいい!!という話になったりします。
よくある話なんですが、冷静になって考えると、「かわいいデザイン」と
いったような、かなり抽象的な言葉からスタートすることになります。


「これはかわいくなっている!」とか、


「ああ、これはかわいくない!」とか、


最初の打ち合わせ時には、まあ和気アイアイとしながら進みます。




しかし


実際、



「かわいく」を議論するのは非常に難しいのです。



大体、「かわいい」とは一体何でしょう?



人によって、その尺度は違います。





はっきり言って好みの問題ですよね。





結局のところ、誰か(大抵はオピニオンリーダー)の「かわいい」と思う
デザインが、「かわいいデザイン」となります。

オピニオンリーダーは上司や社長が多いのですが、お局的な女性社員の方
である場合など様々です。


つまり、厳密には一人の人が「かわいい」と感じるデザインが決定するの
ですが、そのデザインが、果たして良かったのかと言うと、実際のところ、
かなり疑問です。


仮に一人の人の意見により、「かわいいデザイン」が出来上がったとして、
例えば、それが、社員の誰もがかわいいって感じるデザインだったとして
も、


果たして、そのデザインは、素晴らしい結果をもたらしてくれるのでしょ
うか?????
やはり、かなり疑問です。


最初に言いましたが、「商業デザインはお金儲けのため」に存在するので
す。
つまり、良いデザインとは、お金を生んでくれるデザインなわけでして、
そこんところをしっかりと考える必要があるんです。



かわいいデザイン=お金が儲かる



なんて、公式は存在しないと思うんですね。




実際、

ネットショップで商品を買う時に、「かわいい」デザインのホームページ
であるから、「買おうと決心する!!」って具合に、「かわいい」が決め
手になるでしょうか?


せいぜい「好感が持てる」ぐらいです。


やっぱり、値段や、商品の性能、「安心できる」「信頼できる」というよ
うなこと、知りたかった情報が、一目瞭然であるとか、そういうことが、
決め手になるのではないかと思うのです。



最終的に、デザインが「かわいければ」それは、それに越したことはない
ですが・・・。




じゃあ、デザインって何なの?????


ってことになってしまうのでしょうか?



決して、そんなことはありません。



先ほど、書きましたが、

「安心できる」「知りたい情報が一目瞭然である」「役に立った」「便利
だ」



→こういうことをちゃんとメッセージできているのか?



また、ホームページに来てくれた人に合った表現になっているのか?



→こうしたことを配慮できているのか?



このようなことも、実はデザインであると考えねばならないのです。
つまりひとことで言えば、「顧客目線」で設計できているのか?
そういうことを考えることが「デザイン」の大きな役割であるというわけ
です。


そして、こうした考えを反映し、具体的にどのようにデザイン作業を進め
ていけば良いのかを例示している人がいて、

ご紹介したいのが、


「デザイン作業を5段階に分けて考える」


ってことを提唱している

ジェシー・ジェームス・ギャレットという人です。

この人、凄腕のWEBプロデューサーで、モトローラやAT&T社とか、インテ
ルなんかのWEBサイトつくった人で有名な人なんですよ。





この「デザイン作業を5段階に分けて考える」って方法、





ホント役立ちます。






先の例でいくと、


「かわいいデザインをつくってくれ」っていうのは、5段階でいうところ
の最終段階、「視覚的デザイン」の部分を強調しているわけですね。

普段、私達はデザインが5つの段階に分かれるなんて知らないから、ごち
ゃごちゃに作業してしまっているのです。
で、いきなり、最終段階から話を始めてしまう。ましてや、好みの問題の
「かわいい」を追求してしまう。そして、そういう無茶をしてしまってい
ても誰も疑問を感じないという結果になっているのですね。

で、デザインがうまく行かない場合が非常に多い。


当たり前のような気が・・・。

最終段階のデザインからいきなり始めているのですから。そうではなく、
先にそれ以前の4つのデザイン作業を段階を追いながらするべきなのです。



今まで、デザインで悩んでいたっていう人は、一度取り入れてみることを
おすすめします。


ただ、このメールでその内容を詳細に書くのは、


かなり大変なので、


「それ、教えてくれよ、今、ちょっと悩んでいるんだから」


って人は、是非、NETBUZZに来てください。

「いや、特に急がないよ」

って人は、待っててください。
ブログで報告していきます。

一応、アマゾンでジェームス・ギャレットの和訳本を買うことはできます。

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%96%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%AE%E3%80%8C%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%80%8D%E2%80%955%E3%81%A4%E3%81%AE%E6%AE%B5%E9%9A%8E%E3%81%A7%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC%E4%B8%AD%E5%BF%83%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-designing-books-Jesse-Garrett/dp/4839914192/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1327832399&sr=1-1

(※翻訳の日本語が難しいです。)





さて、

今、NETBUZZブログでは、

・はじめてのネットショップ
・アマゾン活用法
・集客術について

と3つのテーマで、情報公開をしています。

お役立てくださればと思っています。


もちろん、直接訪ねて来ていただければ、もっともっと具体的に丁寧にお
伝えできると思います。


みなさん、是非是非、ネットビジネスで儲けましょう!!

ホントにホントに儲けましょう!!


今回のデザインの話も、(冒頭で言った通り)
訪ねて来てくださった方と、色々話しているうちに、


「ああ、こういうこと必要じゃないかな」


ってことで、出てきたトピックです。


だから、


貪欲に、色々とご質問いただいたりしながら、
君野も、ようやく皆さんのニーズと言うか、

「何をご提供すべきなのか?」

に、気づかされているのです。



つくづく思いますが、

「相手の立場になって考える」ってのは難しいことですよね。


つまり、


NETBUZZからどんな情報を発信していけば良いのか?
を、皆さんから教えてほしいんですよね。
こういうのは、一緒に何気に話しながら、ひょんな拍子で出てきたりする
もんじゃないですか。


まあ、だからというか、


「事務所に遊びに来てくださいね」
と連呼しているわけですね。


一方、皆さんにとっては、

折角始めたネットビジネスなわけですから、



続けていって、
成功してほしいと。
そのためにNETBUZZを利用してほしいと。



そう思っています。



今後も、NETBUZZで交わされている様々な話題を中心にネットビジネスに
関する話題を皆さんにお届けしますね。




                     ┏━━━━━━┓ ☆.*
☆君野しょうへいのネットニュース見まくり☆┃イチオシなう┣━━━┓
                     ┗━━━━━┳┛ 1/30┃
     ☆.*°★.*°☆.*              ┗━━━━┛

2011年楽天市場で最も売上をあげたのは、スカルプDの薬用シャンプーと
いう発表がありました。

これは2年連続の1位獲得です。

男性向けのシャンプー(脂性肌用)とコンディショナーが1位と2位を独占
し、「現在も販売の勢いは落ちていない」(楽天)。

“頭皮を洗う”ことで健康な髪を育てるという独自コンセプトがウケたの
が「薬用スカルプD」シリーズだったのですが、以下に、週刊ダイヤモン
ドに掲載された記事をそのまま転載します。

まあ、ネットで一番売れている商品なのですから、その商品について知っ
おいて損はないでしょう。





価格競争が厳しい“成熟市場”と見られているシャンプー、コンディショ
ナーの世界で、なぜ高価なスカルプDがこれほど急伸したのだろうか。

頭髪治療を専門とする医師らと共同開発したことで、製品への信頼感が増
したのは確かだろう。ただし、これを強力に売り伸ばしたのは、ネットを
軸とした独特の販売・宣伝戦略である。

通常、シャンプーやコンディショナーの世界では、ドラッグストアやスー
パーなど取り扱い小売店をいかに拡大するかがカギとなる。しかし、スカ
ルプDは、ネット販売に集中して拡充する手法を採った。「ヘアケア業界
だけ見ていると視野が狭くなるから、気にしない。社内の会議で育毛・発
毛分野の製品について話題にのぼっても、価格や発売元など誰も把握して
いなかった」(スカルプDを企画・販売しているアンファーの星山剛志常
務取締役)姿勢ならではの発想だ。

05年3月からネット上の楽天市場で販売を開始。ほどなく口コミで売り上
げが急伸した。結果的に「北海道から沖縄まで、2日あれば商品が届く。
時代に合った売り方だった」(星山取締役)のだ。東急ハンズや百貨店な
どの一部小売店でも扱っているが、今も売上高の8割はネット経由だ。

宣伝も当初はネットに集中し、徐々にテレビや新聞に拡大した。通常のプ
ロモーション戦略とは逆展開だ。08年4月には、宮迫博之氏(雨上がり決
死隊)をはじめとする吉本芸人を起用したキャンペーンをネット上でスタ
ート。そして、「50代以上でネット販売を利用しない世代を中心に、認知
度や信頼度の向上につながる」(星山氏)ことを狙い、満を持して09年8
月からテレビCMを投入、11年に入ってはじめて新聞広告を始めた。

スカルプDシリーズでは、さらなる成長に向けて秘策を練っている。

1つは、ネットを利用しない潜在ニーズに製品を届ける販売経路の充実だ。
扱っている小売店が全国で140ヵ所と少ないため、製品が広く知られるに
したがって、「どこで買えるの?」という疑問が多く寄せられている。顧
客が買いやすい環境を作れば、まだまだ需要は深掘りできる。手始めとし
て今年、電話で購入申込みができる仕組みを強化した。

もう1つは女性市場の開拓である。あまり知られていないが、スカルプDに
は、女性向けの「スカルプDレディース」がある。髪のトラブルに悩む女
性は少なくない。女性市場が開拓できれば、さらなる売り上げの拡大が可
能だ。今春をメドに製品をリニューアルし、特にシニア女性を対象とした
通販向けのラインナップを強化する。男性向けと同様に、有名人を起用し
た大々的なキャンペーンで女性向け製品も打ち出し、「将来的には男性向
け製品と同等規模に成長させたい」(同)という。成熟市場のニッチなニ
ーズを狙ったヒット商品として、快進撃が続くだろうか。

(※この記事の後、言うまでもなくスカルプDレディースも売り上げをあ
げています)



                      ┏━━━━━━┓ ☆.*
☆君野しょうへいのネットニュース見まくり☆ ┃ おしまい ┃
                      ┗━━━━━━┛
     ☆.*°★.*°☆.*               





さて、今回のメルマガはいかがだったでしょうか?


『NETBUZZでのネットビジネスな日々』


では、僕らの事務所で現在進行形のネットビジネスの話題を中心にこれか
らも情報発信して行く予定です。



よろしく、お願いします m(__)m


メール会員を募集しています。
あなたのお知り合いに、NETBUZZメルマガのことをお知らせください。
以下のアドレスにアクセスしてください。


   ★────────────────────
  ☆──── メール会員募集中!!
 ★──── http://melma.com/backnumber_189151/
☆────────────────────

※メール会員登録の際には、必ず下記の利用規約をお読みいただいき、
 同意いただいた上でお申し込みください。



もう2月か。早いなあ。

.:*・゜.:*・゜.:*・゜.:*・゜.:*・゜.:*・゜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-01-10  
最終発行日:  
発行周期:2週間に1回  
Score!: 96 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。