インターネットビジネス

NETBUZZでのネットビジネスな日々

ネットビジネスでの成功を目指す人たちにお届けする実践形式のお役立ちネットビジネスニュース型メールマガジンです。
2012年1月、ネットビジネスコンサルタントを開始した私たちメンバーが経験する様々なネットビジネスの話題をニュース形式でお届けしていきます。

全て表示する >

カチノコメールマガジン 2011年2月14日号

2011/02/14



みなさん。

お元気ですか?

カチノコネットビジネスの

君野しょうへい

です。

今どきと言っちゃあ何ですが、

メルマガというものを

楽しみにしていただいて、


ホント!!


ありがとうございます。



ぜひとも、ご感想を(ご批判も含めて)

君野宛にお送りいただければと、




そう願っております。



それでは、ネットに出た話題を拾いまくっている君野しょうへいの
カチノコネットビジネスのメールマガジン

最後までお楽しみください。





さて、
昨年12月に、Googleがとんでもなく「素晴らしい」ことを発表しました。




それは、今後、Googleにおける検索順位は、ツイッターやフェイスブック
で共有されたリンクが順位に影響するというものです。

このGoogleの発言を受けて、一部の人たちは、





SEOの終焉を宣言しています。





実は、僕もそう思っているんですよね。


で、


今回は、そのことを中心に僕の意見をお伝えしたいと思います。



    _┌────────────────────────┐_ 
    \│∋★  ソーシャルメディアとSEOの終焉  ★∈│/
    /└┬──────────────────────┬┘\ 
     ̄ ̄                         ̄ ̄



今まで、SEOで一番大切な要素ってのは、「被リンク」であると言われ
てきました。



このことは、今後も変わらないのでしょうけれど、それにプラスして、ソー
シャルメディアからの「被リンク」が重要になってきます。


どういうことかと言うと、



一人の人が「ここのサイトが面白い」ってリンク先を記載して、つぶやい
たとします。
そのツイートを読んだ人が「ホントだよ、面白い」ってつぶやき、段々と、
その輪が広がっていったとします。こうして広まった、いわゆる共有され
たリンク先が、Googleの検索結果でも上位表示されるというわけです。


Googleが言う、ツイッターやフェイスブックで共有されたリンクってのは、
そういうことを意味するんですよね。


これは、ある意味、当然の結果ですよ。

だって、そろそろ皆が気づきはじめているはずなんですが、Googleの検索
結果って案外信用できない、あるいは、当てにならないものですもんね。


それに対して、ツイッターで話題になっている情報は、かなりの情報価値
がある。

信用できる。

何せ、基本的にクチコミ情報ですから。人間が判断した面白いと考える情
報ですから。

そして、それは、Googleを誰も利用しなくなることを意味していました。


僕はGoogleのような巨大企業は、これらの事実に対して何も手を打たない
と思っていたのです。だって、Googleにとっては検索エンジンが全てでは
ないし、いくらフェイスブックが優れているとはいえ、世の中の全ての人
がGoogleを利用しなくなるわけではないですからね。


しかし、Googleは自らの信念を曲げた。というより、あっさり負けを認め
た。ツイッターやフェイスブックが自分達にとってなくてはならない存在
であると認めた。だから、今後は連動していくってことになったってこと
じゃないですか。



これはすごいことなんですよ〜!!!!



なぜ、すごいかって??



Google自身が、慢心せず危機感をもって対応していることは、やはり驚き
があります!!!

が、それ以上に、今までのGoogleのマイナス点が改善されるところに意味
があるからです。





順を追って説明しますね。


Googleの検索エンジンってのは、


色んなホームページからリンクされているものが良いというルールの元に
運営されてきました。

それは、ある意味マイナスでした。

だって、リンクされるだけで「なぜ良いホームページって言えるの?」と
いうことになってしまうからです。


検索で1位になるというのは、Google側からの論理としては、

「素晴らしいホームページなので、1番に推薦します」

ということなのですよね。

で、その根拠は?

というと、

沢山の被リンクがあるから(すなわち、他のサイトから沢山リンクされて
いるから)

というものだったわけです。

で、それはどうなんだろう?異議を唱えたい方もいらっしゃるでしょう。
被リンクは、実際HPの内容を吟味しなくても可能です。

ということは、実際つまらない内容のHPであっても、被リンクさえ貼れ
ば、検索で上位表示されることになってしまう。

これは異議を唱えたいですよね。


しか〜し、


異議を唱える代わりに次のように考える人々もいたわけです。



そういうことなら、Googleの順位は操作できる!!



ハイ。
世にいうSEO業者の方々ですよね。


つまり、SEO業者ってのは、簡単にいうと、Googleの順位を操作してい
る人たちのことです。

で、どうやって操作するかというと、極論すれば、スパム行為で操作する
わけです。
実力もないHPの順位が、やり方ひとつで上位ランクされるというのは、
つまりは、そこに何らかの不正な行為が発生しているということになりま
す。

例えば、一人でブログを1000サイト程立ち上げて、依頼主のサイトへリン
クを貼ったり・・・とかしているのです。
本来は、ブログ数が1000というのは、1000人のブロガーがいることを意味
しますが、簡単に一人で1000人分のブログをつくることができるんですよ
ね。そのことを利用して、SEO業者ってのは、やってきたわけですよ、
順位の操作を。

決してルールを破っているのではないので、厳密にはこれがスパム行為で
あるということは言えないのですが、本質的にはスパム行為に入ります。

一人で1000ものブログを立ち上げるって、ほとんどのブログが意味のない
ブログであることは間違いないで、こんな意味のないブログにリンクされ
て、SEOの順位が上がるってこと事態、実は滑稽な話であると言えます。

しかし、これこそがSEOの王道と言えるのですね。

まあ、Googleが取り締まれないスパム行為と申しましょうか?




明らかに、悪意のあるスパム行為(例えば某オーディオケーブル屋店主や
基金訓練の某講師が喜んで提唱しているやり方)は、さすがにGoogleに嫌
われてしまいます。ルール違反という烙印を押されてしまいます。

1000のブログをつくることすら面倒くさがって、あり得ない数のキーワー
ドを同一ページに書き込んだりする行為です。こういうのは、明らかにス
パム行為となります。

それでも、某講師は、

「バレなければいいんじゃないでしょうか?」

みたいに言ってます。

また、その言葉に某オーディオケーブル店主は乗っかってしまう。




まあ、そんな二人は置いておいて、

一般的にSEO業者というのは、ルール違反は犯さず、しかしならがら、
やや悪意のある方法で、スパム行為に勤しんできたのですね。Googleに目
をつけられない方法ということになります。ちなみに、某講師は、SEO
業者の端くれでもあります。(フェレットの代理店やってます)




えー!!!!!



ということは、

一方では、「バレなきゃスパム行為もOK」みたいに言って、
某オーディオケーブル店主を踊らせ、
自分だけは、スパム行為はやっていないから真人間よ、みたいに言って、
その実、結局スパムすれすれのSEO悪徳業者として、のうのうとやって
きたということなのでしょうか?




何とひどい・・・・。

こんな極悪非道な事実は、某オーディオケーブル店主には聞かせることは
できないですよね。



・・・・。


さて、

何事もなかったかのように、話を元に戻しますが、

こうした意味のない被リンクというものは、ある意味、Googleの商品価値
を下げてきたと言えます。操作されている順位というものは、純粋に信用
できないですからね。

そんな時に、ツイッターやフェイスブックが現れたわけです。


基本的に、ツイッターやフェイスブックでは、「いいよ」とクチコミされ
たもののみが伝わっていきます。リンク先も同じです。「ここのHP面白
いよ」って言って、本当に面白ければ、誰かが誰かに伝えてくれます。逆
に、共感できる面白さが本当に存在しなければ、誰も反応してくれません。
独りよがりな意見や行為は、その情報の発信者自身が信用をなくし、影響
力を持つことができません。


他人に下駄を預けるような形で参加するのが、ツイッターですから、自分
の都合の良いようにモノゴトが進まないのですね。要するにクチコミが操
作できないのと同じように、ツイッターは、都合よく操作できないのです。

そんなツイッターでの結果が、検索順位に反映されるようになるのですか
ら、今後はGoogleの順位もどんどん操作できない方向に行くのではないだ
ろうか?と僕は受け止めています。

SEO業者にとっては、死活問題となります。

もちろん、ツイッターを使って、スパム行為をすることは可能です。(例
えばアカウントをひとりで1000つくる)でも、そのような人はGoogleに対
するスパム人間として、ブラックリストに載せられていくでしょう。そし
て、ブラックリストに載っている人をフォローしている人たちもリストに
加えられる。

このようなことは十分想像できます。


このように考えると、
今までのような



いわゆる合法的なズルはできない



そういうことです。



今後は、グーグルの順位も、操作できない方向へと進んでいく、やがては、
完全に操作できないようになるのではないかと、そのように僕は考えてい
ます。



そして、この世からSEO業者がいなくなる。



と、以上です。巻末には情報元のアドレスを掲載しておきますね。

また、僕と全く逆の意見をもっている人もいます、ということも一応お伝
えしておきます。


つまり、SEO業者は不滅ですと。

それはないような気がするんですけれどね。


いずれにしても、今後は、Googleからも目が離せなくなってきました。

検索エンジンがどんどん進化しそうですよね。







                      ┏━━━━━━┓ ☆.*
☆君野しょうへいのネットニュース見まくり☆ ┃イチオシなう┣━━┓
                      ┗━━━━━┳┛2/14┃
     ☆.*°★.*°☆.*               ┗━━━┛


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

※〜凄すぎる。手間隙かけて、手抜きおせちを再現〜

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


■ツイッターで大反響!!のフィギア

ものすごく時間をかけて、あの手抜き問題のおせちを再現。
今話題沸騰! バードカフェの12分の1のおせちフィギアが登場!!

何つくるんですか?

しかし、かなり精巧です。

ものすごくきれいに、汚いおせちを再現しています。

プロフェッショナルだ!!

あらゆる意味で、矛盾した表現になってしまう。

ちなみに、ツイッターでは、以下のような絶賛コメントが!!


<!--ここからがツイッターのコメント-->


・上手過ぎるwwww
・才能の無駄づ・・・いや、すばらしい
・これすげぇぇーーー!!
・本当にこれはすごい再現率。まさに手練の技ですね!
・売って欲しいぃ(クーポン使用の半額で)
・す、すごいwww
・感動した、ここでも8Pの存在感は異常
・ドイヒーww すご技すぎる!
・再現率ぱねぇ
・1/12スケールなんだ。フィギュアの小物として最適だなぁw
・これは欲しいw


<!--ここまで-->


このフィギアを紹介しているブログでは最後にこのように締めくくってい
る。



本物より手間がかかっているとは、バードカフェは身も蓋も無いのかもし
れない。



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

※〜エジプトの民主化における日本のジャーナリズムとツイッター〜

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


■オバマ大統領ってどうよっ


いつになくマジモードでお送りしたいと思います。

最近、エジプト人タレントとして活躍中のフィフィさんのブログ「エジプ
トの夜明け?新たな一頁へ」を読みました。

そこからの引用です。

エジプトは他のアラブ諸国に比べたらただ一点を除いては不自由なく生活
している国ですからね。はっきりいいましょう、ムバラクは確かに長年政
権を握ってきたので独裁政権です。しかし、それはアメリカの作った親米
政権による独裁であるわけで、国民はその親米による独裁に憤慨している
のです。それはなぜ独裁政権である同じアラブの隣国リビアではこの時期
に革命が起きないかとゆう理由が物語っています。要するに民主化を求め
ているならリビアでも同じように革命が起こっておかしくないですよね?
つまりこれは民主化運動とは違うんです。親米政権にウンザリなんです。
リビアはちなみに反米政権です。

このブログを、多くの人々(日本人)がツイッターで紹介しています。
もっともっとツイッターやフェイスブックで紹介してほしいと僕も個人的
に思います。

そして、




日本のジャーナリスト達は、どうして、このような報道をしないの?




と今さらながらに思います。

このブログの続きを読むと、アメリカが、さらにエジプトに干渉しようと
していること、そして、その干渉が理不尽であることが伝わってきます。

僕は、政治的なことを、今、皆さんに伝えたいのではなく、
(もちろん、政治的にも怒っていますが・・・)

マスコミをリードする日本のジャーナリズムってのが、

ホント

今さらですが、


まったくもって、バカですよね、

ってことを、言いたい。

中東諸国が、反アメリカで統一されようとしているのは周知の事実。

そして、これが一番大きな問題で、

「アメリカの正義」みたいなのが、もう通用しなくなってきていて、中東
でもアジアでもどんどん、そのような世界に変わろうとしているわけです
ね。

こと中東では、多くの国で多くの国民が、

イスラエルとアメリカのやり方に辟易しているわけですね。

オバナ大統領が、「民主化大歓迎おめでとう!!」

みたいな声明を発表したっていうけれど、

実際、彼は中東がチェンジしていくことに非常に大きな恐れをもっている
わけでしょ。
周りからは無能大統領扱いされているし・・・。

フィフィさんのブログにある通り、ムバラク大統領が穏健な親米主義者で
あったことは結構有名な話ですよ。彼は中東における典型的な保守派だっ
たってことでしょ。


いかん!また政治の話に・・・。


で、僕が声を大にして言いたいのは、これからの中東がどうのこうってこ
とを言いたいのではなく、このような事実があるにも関わらず、ジャーナ
リスト達が、


どうして誰も世界の流れについて正直に(あるいは誠実に)報道しないのか?


ってことに怒っているのです。


誰の味方とか、そういうことではなくて、

イスラム原理主義のこととか、山済みにされている問題、それらが背後に
あるわけで、ちゃんとそういうことを伝えるのがジャーナリズムの役割だ
と思うのだけれど、相変わらず、表面的なことしか伝えようとしない、そ
の姿勢に、あきれているのです。


ニュースをみても、大統領が辞任して、悪者が退治されましたみたいな報
道、まるでスターウォーズのエンディングみたいな出来事のように報道し
てる。そして、それを歓迎する米国の大統領って図式・・・。


ホント、お前ら、死んでるよ。


マスコミ出身者として、悲しいけれど、
それが今の結論です。

(※今日のNHKの7時のニュースは少し違っていた、見直した)



                      ┏━━━━━━┓ ☆.*
☆君野しょうへいのネットニュース見まくり☆ ┃ おしまい ┃
                      ┗━━━━━━┛
     ☆.*°★.*°☆.*               




いや〜、ついついマジになってしまいました〜。


では、次回「カチノコ座談会」開催のお知らせです。

※今回紹介したメルマガの内容については、
 下記のアドレスで、実際WEBで確かめてみてください。


    _┌────────────────────────┐_ 
    \│∋★     第3回カチノコ座談会     ★∈│/
    /└┬──────────────────────┬┘\ 
     ̄ ̄                         ̄ ̄


日時:2月24日(木)時間:18:30〜 

場所 一応 ”エスペラント会館”

http://ha3.seikyou.ne.jp/home/setuko/esperanto.html
京都市下京区西洞院五条上る八幡町 537-6

場所の地図:http://ha3.seikyou.ne.jp/home/setuko/mapoj.htm
地下鉄五条駅より徒歩10分

※場所が変更される可能性もあります。
 その際は連絡しますね。

テーマは「読み手がよろこぶメルマガ論」です。
時間 18:30〜20:00
ファシリテーター 橋本恭三さん
本人いわく「若い時は年上のおねーさんに『きょうちゃん』と呼ばれて
いました」

参加費 メール会員価格 1200円(一般は1500円)
持ち物 やる気 筆記用具 レジメは当日お配りします。



前回の「座談会」も非常に面白かったですよ。


主催者である僕がこんなことを言ってはいけないんですが、

カチコノ座談会、

予想以上に面白いよ。



正直、

ここまで面白いとは・・・。

いやー、想定外でした。

初回と2回目は、君野が担当しました。

ディスカッションって一番、皆が苦手なもんだからな、
シーンとした雰囲気になったらどうしよう?

と心配していたのですが、

なんの、なんの、

皆、しゃべりまくって途切れることがありません。

自分の意見を言い合うのって、面白いのですね。

白熱した議論は、時にとんでない方向に行きますが、
それも良しです。



さて、

君野が担当した座談会は、一応前回までで終了。

これからは、色んな方にファシリテーターになってもらって、

色んな話題で、座談会を開いていきたいと思っています。



それはそうと、もうひとつ忘れてはならない話題として、


座談会が終了してからの

「飲み会」を充実させたい!!

今後は持ち寄りを前提とした、

安い!!(ひとり500円ぐらい)飲み会


を実現したいと思います。そのためには、場所が必要・・・。
まあ、いずれにしても、実現できた時にお知らせメールを送ります。


さて、
座談会 参加希望の方は、

★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:*:☆★:


   ★────────────────────
  ☆──── 座談会参加希望とタイトルを書いて
 ★──── info@kachinoko.com までお送りください。
☆────────────────────

締め切りは2月23日までです。

また、ファシリテーターも同時に募集中!!
自薦・他薦問いません。
氏名、座談会テーマ、推薦理由をお書きの上、上記のメールアドレスまで
お送り下さい。
ネタさえあれば、誰でもファシリテーター歓迎です!!
「こんなこと、皆とディスカッションしたい」と思われる方は、どんどん
応募してください。お待ちしております。

あと、メルマガの感想や、君野しょうへいへの応援メールも、

どんどん、受けつけております。
よろしくです。


   ★────────────────────
  ☆──── 君野しょうへい
 ★──── kimino@kachinoko.com
☆────────────────────


また、カチノコネットビジセス メール会員を募集しています。
あなたのお知り合いに、カチノコメルマガのことをお知らせください。


   ★────────────────────
  ☆──── メール会員募集中!!
 ★──── sub-189151@mc.melma.com
☆────────────────────

※メール会員登録の際には、必ず下記の利用規約をお読みいただいき、
 同意いただいた上でお申し込みください。



さいごに、



ワールドワイドで世界を見てみていこう(祈)・・・。
.:*・゜.:*・゜.:*・゜.:*・゜.:*・゜.:*・゜



ггггггггггггггггггггггггггггггггг

●メルマガで記事で登場したWEBサイト


■Googleが明言したという記事
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2011/01/24/9554
※正確にはGoogleとBingです。

■この記事についてのツイート
http://tweetbuzz.jp/entry/27199810/web-tan.forum.impressrd.jp/e/2011/01/24/9554

■その記事を読んでの感想や解説を書いている人の記事
http://getnews.jp/archives/98149
http://netafull.net/news/036864.html
http://blog.livedoor.jp/norzam/archives/51654843.html
http://ameblo.jp/dailyxoops/entry-10780184195.html
※事態を把握していない人もいます

■おせち料理のフィギア
http://twitpic.com/3watr3
※すごすぎる!!

■その紹介記事
http://www.yukawanet.com/archives/3434501.html

■フィフィさんのブログ「エジプトの夜明けシリーズ」
http://ameblo.jp/fifi2121/entry-10788441634.html
※おせちの次の記事で何ともアンバランスですなあ

■京都の座談会できそうなところ
パッシオーネカフェ
http://passione-kyoto.blog.eonet.jp/photos/passsione_cafe/017.html
※もっとい安い場所ないですか?

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-01-10  
最終発行日:  
発行周期:2週間に1回  
Score!: 96 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2011/02/14

    SEOの記事は興味深いです。GoogleとFacebookのTwitter買収競争の結果がどうなるか?SEOにも影響ありそうですね。機会が有れば、この辺りのところも分かりやすく解説してほしいです。