語学・言語学

60日で驚くほど上達する英会話の3つの秘訣

【なぜ私たちは急激に英語力を伸ばしているのか?】普通の主婦からビジネスマンまで今も5千人が英語力を伸ばし続けている。字幕ナシで映画を楽しめるレベルまで急速に上達させる手法!あなたの英語も急上昇する!

全て表示する >

60日で驚くほど上達する英会話の3つの秘訣 第251号

2005/06/28

http://www.edge24.com/mag/  ★★★★第251号★★★★★★
60日で驚くほど上達する英会話の3つの秘訣
●初公開!英語が驚くほど聞き取れるこのリスニングの秘訣
●帰国子女が英語を習得していくこの手法があなたの英語力を飛躍させる
●意外! 単語の丸暗記が役に立たない理由
★★★★★★★★★★★★     http://www.edge24.com/mag/

お勧めメルマガご紹介!-------------------------------
「タイトル  [英語がぺらぺらになりたい!]

このメルマガの著者ジュミック今井さんのモットーは「楽しくなければ
英語じゃない!」だそうです。なるほど、読んでみると確かに面白い。
それもただ笑えるだけじゃなく、日常ごくふつうに使われている
表現がちりばめられているので、嬉しい限り。

なんとこのメルマガ、創刊時の段階ですでに8,000名を超えていたそう。
そして現在の読者数は34,000名。skyrocket とはまさにこのこと。
驚異的な伸び率ですね。

ちなみに「英@ぺら」では、英単語やフレーズを単に丸暗記するの
ではなく、それらを絵やイメージとしてとらえるイメトレ暗記が大好評。
皆さんの“右脳”をビシバシと刺激する英語表現が満載ですよ。

ライターのジュミックさんは、発音本などをはじめ、数々の英語書籍を
出版、現在は「英語のまぐまぐ!」の英文監修者としても活躍中です。

購読はもちろん無料。今すぐ、ポチッとクリックして、
みなさんも「英@ぺら」になりましょう。

ご登録はここから: http://www.mag2.com/m/0000023640.html

============================================================

「1枚目のコーヒーショップ編を聞いたとき、コーヒーの商品名から私が好きなコー
ヒー店だなと分かりました。おかげで店内をイメージして聞くことが出来たので、一
番分かりやすかったと思います。」S.Nさん (30代会社員 女性)
http://www.edge24.com/mag/

英語3段とび講座CD版=大ブレーク!!
一枚目CDがそのまま自由試聴できます!
現在お申し込みいただくと1週間程度でお届けできます。
受講者体験談が続々到着=>  http://www.edge24.com/mag/


============================================================

よくこんな質問をいただきます。
「英語がまったく聞き取れないんですが、がんばれば話せるようになる
のでしょうか?」

この質問はとても、「無謀」なことをいってることを、理解していない
のかも知れませんが、この状態では、がんばっても話せるようにはなり
ません。

代わりにこんなアドバイスをしています。

「赤ちゃんが言葉を、それもほんの片言の「ママ」という言葉をいうま
に2000時間もただリスニングだけをしています。
話せるようになるには、まず聞き取れることが第一です。
言葉には、次のようなステップがあります。
1. 単に音として捉える(Sensing)
2. 話の内容を理解する(Interpreting)
3. 話の内容を自分になりに解釈する段階(Evaluating)
4. 話の内容に対して反応する(Responding)

ところが、あなたは、4の段階、つまりいきなり「話せるようになりたい」
という段階にいこうとするのです。しかし、これは明らかに無謀なことです。



聞き取れない言葉を自分から発することはできないのです。

日本で仕事をしているスペイン人の女性に先日会いましたが、彼女は同じく
日本で仕事をしているイタリア人女性と仲がよく、六本木にいったりしてい
るそうです。
私が「会話は英語でしてるの?」と聞くと、
「いいえ、私がしゃべるときはスペイン語、彼女はイタリア語で話す」という
のです。しかもお互いの言語はまったく勉強したことがないそうです。
それでも楽しく会話が通じるというのです。
これは、イタリア語とスペイン語の語源はかなり似ているため、お互いに
「聞けば大体わかる」ということらしいのです。

その代わりに「お互いの言語をしゃべることはできない」
しゃべるとなると、これはお互いの言語をかなり知り尽くしていなければ
ならない、つまり、4の話の内容に対して反応する(Responding)に
達していなければならないのです。



このメルマガ読者の方も、多くの方が、いきなり「話せる」ようになりたい
という願望をもっています。
それが可能ならば是非そうしてあげたいのですが、現実には、
1. 単に音として捉える(Sensing)
2. 話の内容を理解する(Interpreting)
3. 話の内容を自分になりに解釈する段階(Evaluating)
4. 話の内容に対して反応する(Responding)

というステップを踏まなければ、言葉は学習することが、できません。
(もちろん、これらは完璧なステップではなく、現実には、2の段階で
ある程度3,4の能力も上達していく。)

でも、英語は、言葉としては、とても単純で習得しやすい言葉です。

日本人が英語習得が、なかなか思うようにいかないのは
日本語の語順と英語の語順が違うこと
日本の英語教育が間違っていること

であると何回もこのメルマガで書いています。

私は日本にいても、意識的に英語に接するようにしています。
そうしないと、英語力をキープするのが難しいからです。

仕事ではできるだけ英語ネイティブと会議や交渉する時間を取り入れ、
雑誌、新聞、本は6割方 英語で済ませます。
ニュースもCNN,ネットラジオはNPR.
これで大体一日4〜5時間位の時間を確保できます。

もちろん、海外出張で出かけると、英語のみになりますので、そのほうが
思考回路はよりスムーズになりますが、日本で生活していても、英語ができな
くなるということは、まずありません。

このようにいったん英語を習得してしまえば、あとは、楽しく英語に接していけ
ば、一生涯使えるツールとして、英語を自分の中に持っていることができるのです。



英語を上達させる段階には、
1. 単に音として捉える(Sensing)
2. 話の内容を理解する(Interpreting)
3. 話の内容を自分になりに解釈する段階(Evaluating)
4. 話の内容に対して反応する(Responding)

があり、そのステップを飛ばすことはできないと説明してきました。

1の段階は、英語のネイティブ英語の聞き取りが70%はできる、という
段階を目安にクリアしたと考えてください。
今までの受講生サポートの経験から、このレベルを早くクリアすることが
その次のステップへ意欲的に進めるかどうかにかかってくるようです。
ここで躓くと、英語学習がつまらなくなってしまうようなので、ここは
一気に突破したいところです。

--------------------------------------------------------
本格的な英語の使い手養成講座 だんトツの英語力を目指すあなたへ!
「だんトツ英語力」講座 6ヶ月 (受講段階でTOEIC800点以上が望ましい) 

英語で議論し、英語の論文を書き・・・本物の英語力を望んでいる方限定

【講座内容一部抜粋】
感覚ボキャブラリーを増やせば、英語のまま理解できる!
英語を読むスピードを上げ、インプットを驚異的に進める
長丁場の会議にも対応できる 話の内容をスバリ掴む方法

http://www.edge24.com/mag/dantotsu.html

--------------------------------------------------------

突破後、次のレベルである
2. 話の内容を理解する(Interpreting)には、どのように達するのか?

ここは、イチバン英語学習者が悩むところです。

ひとつ例をあげましょう。
私の家族が通っていた小学校は、私立の小学校で1年生からフランス語と英語が
必須でした。小学校で2つの外国語をいきなり習わせるのもどんなものかと思っ
いたのですが、生徒はものめずらしさからか、皆楽しく学んでいるようでした。
英語の授業はネイティブの先生一人に日本語のわかる補助の先生が一人という
構成で教えています。補助の先生は、生徒がたとえばトイレにいきたいとか
なにか緊急の用事が無い限りは、授業に首を突っ込まないということでした。

で、ネイティブの先生はとても熱心なアメリカ人女性で、私は学園祭(幼稚園から
高校までの一環教育の学校なので学園祭があるのです。)のときに一度お話を
させていただく機会がありました。

その先生は、英語を教えるときに今までにひとつの問題を持っていたそうです。
それは、生徒があらかじめテキストを読んで予習をしてくるので、授業がしにくい
というのです。
どうして授業がしにくいのか聞いてみると、生徒が予習をしてくるため、先入観が
できてしまっている、だから私が教えるときに何も染まっていない白い布地が
きれいな藍色にそまるようにはいかないというのです。

私は先生に私が日本で英語を学習した環境と、これまでに私が海外で身に付けた
英語上達の手法をお話した上でひとつの提案をしました。
その提案は、その後で実際に授業に導入され、とても効果を上げています。

そしてこの方法は、
1. 単に音として捉える(Sensing)
2. 話の内容を理解する(Interpreting)
の1から2に上達するときにもとても有効な方法なのです。

ネイティブの英語の先生に私が提案した方法は、
「生徒にテキストを一切使わせない」という方法でした。

私が小学校の頃とは違って、最近の小学生はほとんど1年生の時には
ひらがなやカナカナが読めます。

で、テキストに振ってあるルビの「アップル」とか「オーレンジ」を
読んできてしまうのです。
しかし、予習の段階では、お手本となる発音がないので、多分母親の
発音を正しい発音と認識して授業に臨むのでしょう。

そのため、ネイティブの発音との差に驚き、小学生ですから頭がこんがらがって
しまう。

このような方法ではなくて、あくまで授業中だけ生徒に集中して英語を
聞き取ってもらう。さらに英語ですべてを説明し、それをわからせる。
こういったことが英語初期の学習では重要だという提案をネイティブの
先生にしたのです。

私が驚いたのは、この先生がすぐにこの方法を試してみたことなのですが、
試したところ、ネイティブの先生が思い描いた方法に転がっていったという
のです。

さすがにテキスト本全廃というところまではいきませんでしたが、生徒は
ネイティブの先生の言っているとおりの発音をすること、さらに先生が
英語で説明していることを一生懸命推測して理解しようとすることでカンタンな
フレーズから理解していくことができるようになりました。

つまり、
1. 単に音として捉える(Sensing)から

2. 話の内容を理解する(Interpreting)の段階への移行がスムーズに
おこなえるようになったのです。

この方法は、英語の素地がない日本人子女が海外で経験するのと同じ方法を
クラスで再現したまでで、これは英語上達の王道といえるでしょう。

---------------------------------------------------------------
英語3段とび吸収法を開始するお仲間からドンドンお便り届いてます!

http://www.edge24.com/mag/

(前略)
早いもので、あっという間に「英語3段とび吸収法」講座の最終週になりました。
今日は、この講座に関して私が感じた事を述べて、感謝の言葉にしたいと思いま
す。

まず、3日坊主の私が途中で止める事なく、講座を続けられたのは奇跡!
に近い事でいろいろ要因はあるのですが、何といっても
 ●楽しく英語が学べたから(これがとても大切)
 ●日々少しづつ英語が上達して行くのが実感出来た事(特にヒアリング)
 ●生活の中で英語を学習するのを習慣化出来た事(毎日30分〜1時間)
 等がとても良かったと思います。

 又、内容に関しては
 ●英語を英語のまま理解するノウハウ
 ●各回、上達するうえでのワンポイントアドバイスが非常に的を得ている
 等、今迄の英語学習教材にはない、利点があります。

 語学の習得はともすれば、難しい、辛いといったイメージがありますが
 徳永様が言われている様に、英語はコミニュケーションするための道具だと
 割り切ってしまえば、少し気楽に英語学習に取り組めるのではないかと思います。
                                           (以下略)

                       (坂田様 英語3段とび修了)
                               http://www.edge24.com/mag/
-----------------------------------------------------------------


まぐまぐからの解除はこちら
http://www.mag2.com/m/0000046692.htm

★編集に関するご質問・ご意見は
「60日で驚くほど上達する英会話の3つの秘訣」編集部まで
(mag@technoweb.com)お願いします。

電子メールマガジン「60日で驚くほど上達する英会話の3つの秘訣」第251号
配給元: インターネットの本屋さん『まぐまぐ』他 (http://www.mag2.com)
発行元: 「60日で驚くほど上達する英会話の3つの秘訣」編集部
E-mail:  mag@technoweb.com    URL  http://www.edge24.com/eigo/
本メールマガジンの転写・コピー・転送などを禁じます。
(C)株式会社テクノウェッブ
★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-29  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。