語学・言語学

60日で驚くほど上達する英会話の3つの秘訣

【なぜ私たちは急激に英語力を伸ばしているのか?】普通の主婦からビジネスマンまで今も5千人が英語力を伸ばし続けている。字幕ナシで映画を楽しめるレベルまで急速に上達させる手法!あなたの英語も急上昇する!

全て表示する >

60日で驚くほど上達する英会話の3つの秘訣 第242号

2005/04/20

http://www.edge24.com/mag/  ★★★★第242号★★★★★★
60日で驚くほど上達する英会話の3つの秘訣
●初公開!英語が驚くほど聞き取れるこのリスニングの秘訣
●帰国子女が英語を習得していくこの手法があなたの英語力を飛躍させる
●意外! 単語の丸暗記が役に立たない理由
★★★★★★★★★★★★     http://www.edge24.com/mag/

2005年 今年こそ英語力増強したい方。
帰国子女が無意識に実践する英語力増強法を
日本で英語習得したい人向けに開発した講座。
「英語3段とび吸収法講座」

「受講1ヵ月後で受けたTOEIC公開テストのリスニングが
遅く聞こえるような気がしたり、会社にかかってくる海外の
お客様からの電話で言ってることがクリアに聞こえたりし
てきています。」   (1ヶ月目受講中・YSさん)

開発者徳永哲士哲士より:
 英語力増強には、今のレベルよりもいったん大きく伸びることが大事。
 そうすると、新しい英語の見方ができるようになり、それから英語上昇
 という上昇スパイラルに入っていける。上昇スパイラルに入れば、後は
 誰に言われるまでもなく、英語に接するのが楽しくなり、だからさらに
 英語力が伸びていく。この繰り返しで英語は使えるレベルになっていく。

あなたも実行すれば今年大きな成果が得られる!

http://www.edge24.com/mag/

----------------------------------------------------


感覚で身につく日常的な英語

アメリカなどに住んでいると、日本ではなかなか身につかない良い点がある。
それは、感覚で英語を習得していけることだ。

日本ではどうしても英語となると、勉強してしまう。
日常的に英語を使わないから、ある意味でしょうがないとは思うが、そればかりだと
つまらなくなってしまう。

言葉は学問でなく、コミュニケーションのツールというのが私の考えなので、できる
だけ楽しく英語に接した方が、効果はあると思っていし、そのほうが持続もする。


たとえば、夏休みにアメリカのサマーキャンプに娘を通わせたときのこと。

「明日はwacky hair の日だからみんなwackyにしてきてね。」と帰りがけにインスト
ラクターのお姉さんが子供たちに話しかけていた。

wacky というのは、辞書を引くと、 「気違いじみた」 というような意味がでてく
るが、実際にwackyなヘアスタイルにした子供たちやインストラクターを翌日 目の
当たりにすると、「あ、これね」と一発で分かってしまう。
みんな、頭にいろんな色のスプレーをつけたり、鉄腕アトムみたいに髪の毛を固めて
とんがらせたり、赤 青 黄色 の原色の髪留めを着けてきたり。

wacky という単語が、これで日本語を介さずに、英語のまま"wacky"として頭にイ
メージされる。
wacky っていったら、風変わりだけど、ちょっと楽しい程度、というような加減もよ
くわかる。
こういったニュアンスは、なかなか辞書では身につかない。

今後この単語に出くわしたら、"wachy"=「気違いじみた」とはならない。 あの
"wacky"ね、と英語のまま理解できてしまう。


大学院に通っていた頃によく、ランチの時間にグループのミーティングやら どこか
の研究会の発表会なんかがあるのだが、チラシには、"brown bag 持参でね"と書い
てある。

このbrown bag というのは、直訳は茶色い袋、むかし八百屋などで買い物をすると、
バナナなどを入れてくれたあの袋のことだ。

この場合は、ランチを入れる袋 のことを指す。つまり、"ランチ持参で来てね"と言
う意味になる。

実際に現地に住んでみると、こういった英語教材や学校では得られない、面白い英語
に接することができる。

そして体験して身についた英語表現は、日本語をとおりこして、英語のまま自分のも
のになる。

頭でっかちの英語ばかり勉強してると息がつまってしまうが、映画なんかをみなが
ら、このような日常的な英語に接するのは非常に楽しい。

このような日常に根付いた表現というのは、私たちはあまり接していなかったためか
えって難しい場合もある。子供の絵本などを読んでいると擬態語などがよくでてくる
が、これらは日本の英語教育の範囲外だ。5歳の子供がよく知っていることばを、国
際会議で英語を使っている日本人がしらないなんてことはザラにある。

「英語はビジネスのときだけ必要」と割り切っていつも硬い話にしか興味のない人は
例外だが、国際会議だろうが、ビジネスミーティングだろうが、潤滑油となる軽い
チャットは必要だ。

アメリカで仕事をはじめた最初の1年間、上司に言われたことは、「テツシは経営分
析や議論などは今の調子でいいと思うけど、たまに野球の話とか軽い話題をだして、
ミーティングを盛り上げながらリードしてほしい」といわれたことがある。

いままでは、ビジネスの範囲だけに集中していたからよかったが、軽い話題をみんな
に提供するとなると、守備範囲をかなり広くしないといけない。最初は大変だな、な
どと考えていたけど、同僚に相談したら、「カンタンだよ。遊んでればいいんだよ。
そうしたら自然にいろんな話題を提供できるようになる」とアッサリ。

同僚の言葉を信じてそれからは、アメリカでもかなり積極的に「遊び」の部分の時間
を増やしたら、そういった経験が楽しい話題となっていった。経験済みの言葉だか
ら、もちろん自分の言葉としてドンドン使っていけるものが増大していった。

日本でも、朝は英字新聞を読んでちょっと硬い英語、帰宅後はナマ英語がふんだんに
身につく映画などでくつろぐ、
週末にまとまった時間のあるときは、専門の英語原書に挑戦し、息抜きに推理小説を
ペーパーバックで読む、などと、硬い英語・柔らかく楽しい英語を織り交ぜて生活に
とり入れてみるとメリハリができて楽しくなってくる。

また、このくらいのレベルになるのはそう難しくない。

いったん英語力がこの程度になると、アトは楽しみながら英語力はドンドンついてく
る。
英語を勉強していないのに、英語が上達していくので、これ以上うれしいことはな
い。

--------------------------------------------------------------

今回のメルマガを読んで、ぜひ英語力を増強させたいという方には
「英語3段とび吸収法講座」
まずは、リスニング力で英語力をアップ、それからスピーキングへ
そうすれば、英語達者の土台は完成したようなもの

http://www.edge24.com/mag/

さらにTOEIC600点くらい以上の方には、
だんトツ英語力をお奨め。
日本人レベルの英語力で終わらないために

http://www.edge24.com/mag/dantotsu.html

「受講1ヵ月後で受けたTOEIC公開テストのリスニングが
遅く聞こえるような気がしたり、会社にかかってくる海外の
お客様からの電話で言ってることがクリアに聞こえたりし
てきています。」   (1ヶ月目受講中・YSさん)

開発者徳永哲士哲士より:
 英語力増強には、今のレベルよりもいったん大きく伸びることが大事。
 そうすると、新しい英語の見方ができるようになり、それから英語上昇
 という上昇スパイラルに入っていける。上昇スパイラルに入れば、後は
 誰に言われるまでもなく、英語に接するのが楽しくなり、だからさらに
 英語力が伸びていく。この繰り返しで英語は使えるレベルになっていく。

あなたも実行すれば今年大きな成果が得られる!

http://www.edge24.com/mag/

----------------------------------------------------


まぐまぐからの解除はこちら
http://www.mag2.com/m/0000046692.htm


■==執筆者紹介===================================================■

できるだけ多くの方に読んでいただけるよう常に新しい情報を提供できるメルマガに
したいと思っています。
簡単に私のプロフィールを若干紹介させていただきます。


本名:徳永 哲士
(株)テクノウェッブ 代表取締役
慶應義塾大学法学部卒業後、キリンビール入社。物流、需要予測、営業戦略などの業
務を経た後 修士課程進学のため退社。ペンシルバニア大学ウォートンスクールMBA
課程に進む。
ウォートンにてMBA取得後、売上高200億円の外資系ペットフードメーカーで120億
円に相当するブランドを担当。
当時5%のマーケットシェアしかなかった死に筋ブランドを18ヶ月で21%のトップ
ブランドに育てる。
ジェミニコンサルティング、CSC Indexサンフランシスコ事務所で経営戦略コンサル
タントとして、買収戦略、パフォーマンスシステム戦略、チェンジマネジメントなど
の業務に携わり、1995年に株式会社テクノウェッブを設立。
ビジネスアプリケーション開発、ネットビジネス構築、教育ソフトウェア開発,企業
経営幹部研修など業務を拡大。
欧米企業が日本進出を図る際の、業務遂行責任者としても活動中。

プロフィール・会社概要  http://www.edge24.com/company.html

★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★
解除は各配信システムより行ってください。
(当方では解除のサポートはしていません。)
http://www.kaijo.com/
http://macky.nifty.com/
http://kapu.cplaza.ne.jp/
http://www.melma.com/
http://www.pubzine.com/
http://melten.com/Hello.html

=============================

★編集に関するご質問・ご意見は
「60日で驚くほど上達する英会話の3つの秘訣」編集部まで
(mag@technoweb.com)お願いします。

電子メールマガジン「60日で驚くほど上達する英会話の3つの秘訣」第242号
配給元: インターネットの本屋さん『まぐまぐ』他 (http://www.mag2.com)
発行元: 「60日で驚くほど上達する英会話の3つの秘訣」編集部
E-mail:  mag@technoweb.com    URL  http://www.edge24.com/eigo/
本メールマガジンの転写・コピー・転送などを禁じます。
(C)株式会社テクノウェッブ
★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-29  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。