FX基礎講座

FXを初めて半年以内の方へ。FXの基礎講座から取引方法などのポイントをわかりやすく紹介していきます。

メルマガ情報

創刊日:2010-11-13  
最終発行日:2014-06-26  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガはサンプル記事のみ表示されています。

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

サンプル記事

2000/01/01

今日は、FX取引で認められる可能性の高い経費と、確定申告について紹介します。

なぜ経費というものを考えるかと言いますと、FXでの利益100万円を出すために、10万円の投資セミナーに行ったとします。

またそのための交通費が1万円だったとしましょう。すると、セミナー代金と交通費は必要経費になりますので、100万円−11万円で89万円に税金がかかるという訳です。

経費がなければ、利益の100万円にそのまま税金がかかりますよね。

他にも本やパソコン、インターネット回線なども経費として考えられます。

ただし、インターネット回線などは、FX取引に利用した割合分しか必要経費になりません。

この辺りは、自己申告ということになるのですが、例えば、利用時間の割合から、およその経費を割り出します。

また、経費に関してよくある質問としては、利益−経費が20万円以下の場合は申告しなくて良いのか、といった類があります。

例えば、FXの利益が50万円で、仮に経費が50万円の場合などですね。

実はこの場合でも、確定申告はしなければいけません。

つまり、どのような状態であれ、雑所得枠である20万円を超えたら、確定申告が必要になります。

確定申告した上で経費50万円がみとめられ、所得が0円ということになれば、晴れて税金を払う必要が無くなるというわけです。

最新のコメント

  • コメントはありません。