出産・育児

アナフィラキシーの恐怖!アレルギー・アトピーに心配の家族へ!

 私の子どもはアナフィラキシーを起こしました。その経験から分かった事実、世間の間違った認識の怖さ、知っておいた方がいいことなどを伝えます。あと、たまに日常の出来事や料理レシピも・・・。

全て表示する >

皮膚 子どものアトピー:4 入院、薬漬けの不安再び

2010/12/05

皮膚 子どものアトピー:4 入院、薬漬けの不安再び 朝日新聞社2010-11-28 22:06:03
 
 次男(5)のアトピー性皮膚炎の治療に疲れ果てていた札幌市の女性(42)は2007年11月、すがる思いで、厚生労働省が市内で開いたシンポジウムを聴きに行った。

 壇上では、国立成育医療センター(現国立成育医療研究センター)の専門医らが、アトピーや食物アレルギーの症状をコントロールするこつを話していた。

 ステロイド剤や保湿剤による計画的な薬物治療、徹底的なスキンケア、ダニやホコリなど悪化要因への対策が、治療の柱になること。食事療法で食べ物を過剰に除去すると、成長の障害につながりかねないこと。

 治療の羅針盤とするため学会が作った診療ガイドラインの存在を、初めて知った。 

 でも、薬物療法もダニ対策ももうやっている。「どう薬を使い、スキンケアをどうすればいいのか」。それが分からず、少し不満だった。

 「医療や薬への不信を募らせず、ガイドラインを知って治療を選べば、子どもの症状も変わります」。シンポの最後に講演した患者団体「アレルギーを考える母の会」の園部(そのべ)まり子代表(56)が会場に呼びかけた。その声は力強く、表情は明るかった。

 講演を終えた園部代表に、夫と駆け寄った。「とにかく話を聞いて欲しい。食事療法で、食べられるものがほとんどないんです」

 行き過ぎた除去食療法で栄養が不足し、皮膚炎を悪化させたり、成長障害を起こしたり――。園部さんは、そんな子どもの相談例をたくさん耳にしていた。

 講演していた同センターの大矢幸弘(おおやゆきひろ)アレルギー科医長への相談を勧められた。札幌から800キロ以上離れた東京での治療になるが、迷いはなかった。「すぐ行こう」。夫も賛成してくれた。食事療法の効果に、夫も疑問を感じていた。

 2カ月後の08年1月、センターに入院。治療内容はこれまでと全然違っていた。

 清潔な肌を保つため、1日に3回入浴し、ステロイドの塗り薬を皮膚が隠れるほど厚く塗り広げる。効果はすぐに表れ、皮膚は2、3日でつるつるになった。 

 ところが、かつて抱いていた罪悪感が女性の中でまたふくらみ、不安になった。「このままステロイド漬けになるのでは」。夜の病室でぐっすり眠る次男の顔を見ながら、ひとり、涙を流した。 

朝日新聞社 2010年11月26日 患者を生きる 皮膚 子どものアトピー:4(つづく)

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2010-10-30  
最終発行日:  
発行周期:週3回(日曜・火曜・木曜)発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。