ビジネス一般

電伝ジャーナル

大手のニュースサイトにはない機動力を武器に、ソーシャルまで個人的なメディアにならない公共性、社会性も持ち合わせたオリジナリティあふれるメディアを目指します。


全て表示する >

【電伝ジャーナル】メールマガジン 2013/5/23

2013/05/23

CONTENTS ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] (株)ワンダーランド 嶋村吉洋氏 インタビュー2回目
[2]  編集後記

※投稿記事募集

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――――――
[1] (株)ワンダーランド 嶋村吉洋氏 インタビュー2回目
―――――――――――――――――――――――――――――――――
先週に引き続き、注目の起業家である
株式会社ワンダーランド 嶋村吉洋氏
にインタビューを行います。

〜先週に引き続き〜

Q
それで人よりちょっと早く現場で勝負する方向に?

A
そうですね。中学生の頃になって、勉強してもしょうがないよな、と思うようになって。
高校には入学したけど、2ヶ月くらい行ったところで、
もう社会に出て稼ごうと思って退学して働きだしちゃいました。
飲食や、独立しやすいなと思って美容師とか、
いろんな仕事をしていたら周りからはいろいろ言われましたね。
全然気にしなかったですけど(笑)
とにかくまずは資金が必要なので、18歳で車の免許をとってから21歳の誕生日くらいまでに、
1日20時間くらい働いて1,000万円貯めました。

Q
ちょうどその頃、阪神大震災があったとか?

A
僕も家族も全員被災しました。
潰れた実家を直すために、貯金の大半を父に融通しましたので、計画が狂いましたね。
あと、『人はあっさりと死ぬんだな』と体感しました。自分もいつ死ぬか分からない。
だったら、本当に一生懸命、今を生きないと後悔することになるぞって。
そこでさらに山の手富裕層の底力を見ることになったんですよね。
山の手の人って、家は潰れていても他にも家を持っていたり、収入源が複数あることが多いので、
ダメージの少ない人が多かったですね。
それどころか出勤をする必要もないし、住む場所の制限もない。
日本国内外にある別荘に行ったり、ホテルに住んだりして、
震災の被害が治まるのをゆったりと待っている。
それを目の当たりにして
「この人たちとは、何を、誰と、どう頑張るのか、全てが違うな」と気づきました。
これは「絶対に俺もこうなろう!」と思って・・・。そして22歳でビジネスを立ち上げました。

続く。


(株)ワンダーランド 嶋村吉洋氏
不動産投資家・執筆家などで御活躍のマルチクリエーター嶋村吉洋氏。
ワンダーランドなトレーナーとして有名。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
[2] 編集後記
―――――――――――――――――――――――――――――――――
嶋村さんは、とてもラーメンが大好きだとのこと。
私もラーメンが大好きなので、嶋村さんのオススメのお店を教えていただきました。
早速今日のランチで行ってみようと思います。

次回のインタビュー記事も乞うご期待ください。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2010-10-13  
最終発行日:  
発行周期:2週間に1度程度  
Score!: 60 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。