個人ニュース

新発表の無料ニュース

新発表の最新ニュースをお届けします。

全て表示する >

面接の自己PRの例文をご紹介。

2013/09/05

どのような自己PRが面接で受けるのかを紹介します。

面接の時って、困ることの一つの自己PRってありますね。

これはどのような事をPRしたら良いのか。



基本的には、自分の性格的な長所を答えます。

性格面で、これまでどういった長所を活かしたか。

どんな場面で自分の性格が役に立ったか。



こういった所から入るのがベースで良いでしょう。


例えば、

------------------------------------------------------------

何に対しても積極的に取り組む事が出来るのが私の性格です。

◯ 積極的に取り組めるようになったきっかけ。

◯ その事例。

◯ その時の成功したエピソード。

◯ そういったエピソードが、今の人生にどう活きているのか。

------------------------------------------------------------

こういった切り口がオーソドックス。

自分の持っている長所、それに気付いたきっかけ、その事例、エピソード、

そしてそれが人生でどう活きているか。



自己をPRするということは、自分のウリ文句ですね。

自分で自分をどう売るのか。

要するに、自分をどのように認識して、

それをどのように他者に対して売り込めるのか。



そういったところを見られるわけです。

その視点や内容が未完成であっても良いわけであって、

大事なのは、それをいかに具体的に分析しているのか、という点でしょう。



どれだけ具体的に丁寧に自己をPRするか。

この辺りをポイントにする事が良いでしょう。

http://mensetsu111.doorblog.jp/

面接のマナー。ノック編
これは意外と知られていません。

当たり前の事ではありますが、きちんと出来ていないままの人も多いです。



まず、面接のスタートは、ノックをすること。

ドアを2回軽くノックをしましょう。

そうすると、室内から何らかの返答があります。

「どうぞ」とか、「お入り下さい」といった具合です。



その声が聞こえたら、そこで初めてドアを開きます。

※ ここで注意点。相手からの返事がないうちにドアを開けて入る人がいます。

  それは大変失礼ですし、これはマナー違反です。

もしもそれでも返事がない場合、再度ノックをします。

それでも返答が得られない時には、「失礼致します」という言葉を

聞こえるように言ってから入室しましょう。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2010-09-26  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。