小説

―― とはいえ俺らの日々

その男は、皆から『天皇』と呼ばれていた。第一種の一級、つまり最重度の脳性マヒ者で、両手と両足は全く機能せず、萎縮したまま縛られたように体のまわりにまとわりついていた。 ―― 1980年代日本の、社会党が変質し、新左翼総体がいっせいに瓦解していく様相を描く。

メルマガ情報

創刊日:2010-08-09  
最終発行日:2010-11-21  
発行周期:ほぼ 週刊  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

最新記事

最新のコメント

  • コメントはありません。