トップ > アート&カルチャー > 読書 > 書評 > 本シェルジュがオススメする今週のビジネス書

本シェルジュ達が、オススメのビジネス書を、
中小企業診断士の視点から紹介していきます。

会話文で読みやすく紹介しています。

ビジネス書が中心になりますが、
時々ビジネスの視点で役に立つ小説やマンガも含みます。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



【本シェルジュのオススメの一冊】ビジネスマンのための「読書力」養成講座

発行日:9/9

【本シェルジュがオススメする今日の一冊】<br>
「ビジネスマンのための「読書力」養成講座」 小宮一慶<br>
<br>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<br>
□■本シェルジュがオススメする今日の一冊■□ Vol.0003      2010.9.6<br>
〜本シェルジュ達から、頑張るビジネスパーソンへの贈り物〜<br>
<br>
本シェルジュ=本のコンシェルジュのことです。<br>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<br>
<br>
こんにちは!本シェルジュ松本圭介です。<br>
<br>
突然ですが、本の読み方を意識したことはありますか?<br>
<br>
例えば、小説を読むときには、最初から最後までさっと読みきってしまいますよね?<br>
<br>
でも、ビジネス書や難しそうな専門書だったらいかがでしょうか?読み終わった後に「う〜ん・・・」となったことはありませんか?<br>
<br>
今回、紹介する本はそういった無意識のうちに行ってきた本の読み方の違いを5つの読書法によって、意識的に区分し、私たちの読書の品質を高めてくれる一冊なんです。<br>
<br>
 <目次><br>
  1)今日のオススメの一冊<br>
  2)付箋<br>
  3)気づき<br>
  4)本書の目次<br>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<br>
 〓 1)オススメの一冊                   〓<br>
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<br>
次郎: だんな、聞いてください!<br>
<br>
太郎: どうしたんだい?<br>
<br>
次郎: 最近、うちのかあちゃんに「アンタは何も知らないんだねえ。これだから、いつまでたっても偉くなれないんだよ。本のひとつでも読んでみたらどうだい。」と言われまして・・・<br>
<br>
太郎: ほう。お前のかあちゃんもいいこと言うねえ。<br>
<br>
次郎: それで、とにかく沢山読もうとあれこれ読んでみたんですがね、、困ったことになりまして・・・<br>
<br>
太郎: なんだい?もう飽きちゃったのかい?<br>
<br>
次郎:  いえ、本を読むのは意外に面白いってことがわかったんですがね、読み終わった後に何も覚えちゃいないんです。もう、自分の頭の悪さにホトホト愛想が尽きまして・・・<br>
<br>
太郎: そりゃまた深刻な話だねえ。ところで、お前、本をどうやって読んでるんだい?<br>
<br>
次郎: どうやってって?座ったり、寝転んだりして読んでますが・・・<br>
<br>
太郎: 座ったり、寝転んだりね・・・って、そんなこと聞いちゃいねえんだよ!本を読むときにどんなことに注意しているのかってことを聞いてるんだよ。<br>
<br>
次郎: 注意って、別に何もありませんよ。最初から順番に読んでるだけですよ。<br>
<br>
太郎: なるほど。それはお前の読書のやり方が間違ってるんだよ。まずはコイツを読んでみな。<br>
<br>
ビジネスマンのための「読書力」養成講座 小宮 一慶著<br>
ディスカヴァー携書(2008/9/15)<br>
http://amzn.to/aH0PV9<br>
<br>
<br>
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<br>
 〓 2)付箋                            〓<br>
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<br>
<br>
■つまり、速読とは、ある意味、最初からある程度決めてかかって読む読書です。得たい情報と、捨てる情報を一瞬で判断して決めながら読む方法です。<br>
<br>
■「通読レベル1」のほうは、全体をざっと通しで読んでいって、そこから読書を楽しんだり、ある一定の知識を得るというのを目的とした読書です。<br>
<br>
■通読レベル2では、本に線を引いたり、感じたことや思いついたことなどのメモを書き込んだりしながら読むことになります。<br>
<br>
■(熟読では)必ずしも、本を頭から最後まで読まなくてもいいから、重要なところや興味のあるところについては、参考文献も用意して、じっくり読む。<br>
<br>
■同じ本を繰り返し読むのが重読です。重読の目的は、自分の考え方を高めることです。<br>
<br>
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<br>
 〓 3)今日の気づき                       〓<br>
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<br>
読書と一言でいっても、本によって読み方は様々です。<br>
本の読み方を意識して使い分ければ、もっと沢山のことを本から吸収できるでしょう。<br>
<br>
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<br>
 〓 4)本書の目次                        〓<br>
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<br>
<br>
ビジネスマンのための「読書力」養成講座 小宮 一慶著<br>
ディスカヴァー携書(2008/9/15)<br>
http://amzn.to/aH0PV9<br>
<br>
はじめに<br>
第1章 速読<br>
第2章 通読レベル1<br>
第3章 通読レベル2<br>
第4章 熟読<br>
第5章 重読<br>
第6章 読書力を高める八つのポイント<br>
第7章 本書で紹介した小宮流読書法別ビジネスマンのための必読書60<br>
おわりに<br>
<br>
<br>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<br>
 【発行者】本シェルジュ<br>
 【ご意見・ご感想】 100books@googlegroups.com<br>
<br>
 ▼本シェルジュ・ブログ<br>
 http://bookconcierge.blog135.fc2.com/<br>
<br>
 ▼メールマガジンの購読はこちらから<br>
 http://www.melma.com/backnumber_187330/<br>
<br>
 ▼購読停止・登録メールアドレスの変更はこちらから<br>
 http://www.melma.com/backnumber_187330/<br>
<br>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<br>

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. テストコメント

    TEST 2010/9/10

このメルマガもおすすめ

  1. JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

    最終発行日:
    2017/04/28
    読者数:
    3904人

    政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/04/30
    読者数:
    24236人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. e-doctor ドクタースマートの医学なんでも相談室

    最終発行日:
    2017/04/12
    読者数:
    3296人

    読者の質問に内科医であるドクタースマートがお答えするメルマガです。病気に関するどんなことでも、なんでも質問してください。すべての質問に、ドクタースマートが本気・本音でお答えいたします。

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/01
    読者数:
    5540人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 経営ねっとわーくマガジン

    最終発行日:
    2017/04/30
    読者数:
    490人

    このメールマガジンは中小企業経営者と中小企業診断士を結ぶことを目的として構成されています。私ども一般社団法人東京都中小企業診断士協会 城南支部が発行しております。

発行者プロフィール

過去の発行記事