音楽

studio Aisya 通信

アコースティック楽器の個人練習やレッスンに最適な音楽スタジオ『studio Aisya』が発行するメルマガです。最新情報や裏話を、原則月に1回お届けします。

全て表示する >

studio Aisya 通信 Vol.90

2018/03/24


みなさん、こんにちは。スタジオアイシャの永嶋です。

3月に入ってから暖かい日が多くなってきました。
とは言え、まだまだ寒い日もあったりして、健康管理
には気をつかいます。
私は基本的に健康なのですが、花粉症には苦しんでいます。
今年は花粉が多いのか症状が悪化したのか分かりませんが、
去年より苦しい気がします。ご来店やお電話の時に
ご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、どうぞ
お許し下さいませ。

3月から4月にかけては様々な変化がある人が多いと
思います。そんな変化を味わい、充実した季節になる
ことをお祈りしております。

そんないろいろある中、スタジオアイシャも少しづつ
ですが、変化していきます。どうぞよろしくお願い
いたします。



■目次

・お知らせ
 『4月の営業日(休業日と夜のみの営業日)』
 『アップライトピアノの調律情報』
 『アルバイト募集中』
 
・ピックアップ(HPのオススメページ)
 『春休みの個人練習には「平日昼割」がお得です』

・今月のトピック
 『岡本太郎さん』



■お知らせ

♪4月の営業日(休業日と夜のみの営業日)

2017年8月から、第2・4月曜で夜(19:00〜23:00)の
営業を開始しました。4月の休業日および夜のみの
営業日は次の通りです。

休業日:2(月)、16(月)
夜のみの営業日:9日(月)、23日(月)

なお、第5月曜日の30日(月・祝)は祝日のため営業時間は
通常通り10:00〜22:00となり、翌5/1日(火)は振替で
お休みをいただきます。


♪アップライトピアノの調律情報

3/19(月)に全てのアップライトピアノ(2台)の
調律をしました。スタジオアイシャでは3ヶ月に1度を
目安に調律しています。是非、リフレッシュした
生ピアノを楽しんで下さい。


♪アルバイト募集中

引き続き、アルバイトを募集しています。
募集内容や応募方法などの詳細は、以下のURLを
ご参照下さい。
http://s-aisya.com/recruit/index.html



■ピックアップ(HPのオススメページ)

♪春休みの個人練習には「平日昼割」がお得です

平日昼割をご存知でしょうか?平日昼にご利用の場合、
0.8/1.2/1.5畳が60分毎に15分無料になります。
春休みを利用して管楽器や弦楽器の個人練習をしたい
学生のみなさんに、是非活用いただきたい割引です。

http://s-aisya.com/service/discount_weekdayh.html



■今月のトピック

♪岡本太郎さん

岡本太郎さんがプロデュースした太陽の塔の内部が復元され、
一般公開されたことがニュースになっていました。
4カ月先までの予約がほとんど埋まっていて、話題になって
いるようです。

私は岡本太郎さんの作品では、特にこの「太陽の塔」と
渋谷駅にある壁画「明日の神話」が好きです。

作品が好きで、その人柄にも興味を持っていたころ、
「TAROの塔」という岡本太郎さんの生涯をドラマ化した
番組を見ました。終始、岡本太郎さんのとんでもなさに
圧倒されっぱなしでした。そして、岡本太郎さんに対して、
嫌悪感さえ抱く部分がある一方、強くあこがれてる部分も
あるという、なんだか複雑な気持になりました。

その「TAROの塔」で印象深いシーンの一つとして、
大阪万博テーマ館(後の太陽の塔を含む建築群)の
総合プロデューサーに就任して、記者会見をする
場面があります。出だしからこんな感じです。
「はじめに私はこの万博のテーマに反対である。
 ”人類の進歩と調和”なんてクソくらえだ。」
みんなが唖然としている中、記者の1人が質問します。
「それでは、プロデューサーを引き受けた理由はなんですか。」
岡本太郎さんはカッと目を見開いて答えます。
「危険だからだ。」
ほんの一部だけ切り取って書いていて、かつ私の文章力では
そのすごさを伝えられないのがもどかしいです。
この一連のシーン、岡本太郎さんの覚悟がビシビシ伝って
きて、シビれまくっていました。

自分の場合、何か大きな決断をする時は「楽しそうだ」と
思う方を選ぶことが多いです。とてもじゃないですが
「危険な方」は選べません。しかしよく考えてみると、
楽しそうなことは大変なことや、危険なことをはらんで
いることが多いと思います。会社員をやめて起業する決断も
そうです。

そんなこんなを考えながら、太陽の塔の内部に入った
時のことを想像すると、今からワクワクというか
ザワザワというか、怖いというか、不思議な気持ちに
なっています。とにもかくにも、楽しみです。

太陽の塔がある大阪は少し遠いですが、近くに岡本太郎さんの
作品を体感できる所はたくさんあります。渋谷では
壁画「明日の神話」をいつでも見ることができますし、
その近くに岡本太郎記念館もあります。川崎市にも
岡本太郎美術館があります。太陽の塔が話題になって
いるこの機会に、足を運んでみてはいかがでしょうか。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2010-08-02  
最終発行日:  
発行周期:基本的に月刊(プラス不定期)  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。