音楽

すっきり解決!保育ピアノお悩み相談Room♪

Hiromi Music RoomのHiromiです♪
保育士さん、幼稚園の先生向けのピアノ上達方法やいろいろな音楽情報をあらゆる方面からお届けします。
先生の中にはピアノが苦手で苦心している先生も多い様です。
でも、大丈夫♪
コツをつかんで、苦手から得意に変えちゃいましょう!

全て表示する >

2011年保育士試験課題曲「雨ふりくまの子」「思い出のアルバム」

2011/09/06

こんにちは(*^^)/

Hiromi Music RoomのHiromiです♪


8月に行われた保育士試験の第1次試験の10科目全て通られた方、

前年、前々年からの持ち込み科目を晴れて通過された方、

いよいよあと1ヶ月ちょっとで実技試験ですね。


当教室でも幅広い年代の方が練習に励んでおります。


今年10科目取れなくて実技試験に行く事ができなかったとしても、

過去からの課題曲をずっと見てみるとわかる様に、

いろいろとポイントがあると思うので

今年の課題曲ももちろん引き続き仕上げをしておいて来年に備えましょう!


良い機会だと思って、自分が「苦手だな」と思う技術にじっくりと取り組み、

得意なものに変えちゃいましょー!!




1、2011年保育士試験課題曲


さて今年の課題曲は

『雨ふりくまの子』
『思い出のアルバム』



-----------------
「雨ふりくまの子」
-----------------
この曲は「タッカ・タッカ」という付点のリズムが延々続く曲です。

この様に「タッカ・タッカ」のリズムは毎年出題される確率が非常に高いです。

やはり子どもの曲にはこのリズムの曲は多い、ということ。

また、スキップなどの様に子どもの行動には大切なリズム形態だということ。


私はこの「あめふりくまのこ」の曲のイメージは「タッカ・タッカ」というよりは「ターンタ・ターンタ」の方がほのぼのとした雰囲気が出てしっくりときますね。

このリズム形態。

苦手な方ってけっこう見られます。

しかし先程述べたように「よく出てくる」ということ、

実際に現場に出たら、かなり頻繁にこのリズムに出くわす、ということ。


なので、苦手だな〜、と思っている気持ちを持ったままだと、

例え試験自体は突破できたとして先がつらくなるので、

この苦手意識は得意意識に変えよう!という意気込みにで立ち向かった方が良いかと思います。



またこの曲は♯(シャープ)が2つのニ長調で出題されていますが、

移調可能なので難しい方はハ長調に、

また歌いやすい調に変えても良いでしょう。


------
原曲は
------

D        F#m 
レーミファーファ|ラーラドード|
  ↓

--------------
ハ長調にすると
--------------

C      Em 
ドーレミーミ|ソーソシーシ|


という感じになり、歌うには少し低くなりますね。


移調は一つだけ下げるだけなので比較的やりやすいのではないでしょうか?



-------------
♪どんな曲?
-------------
昭和36年に作詞され、昭和37年にNHKの「おかあさんといっしょ」の前の番組の「うたのえほん」で放送されました。

作詞:鶴見正夫 作曲:湯山昭

全部ひらがなで書かれている歌詞です。

雨が降ってできた小川を

「さかなはいるかなー」

とのぞきこんで、


「いないなー」

と思いながらも、


なかなかやまない雨のなか頭にはっぱをのせてまでも

「さかないないかなー」

って小川を眺め続けている、、


なんて、すっごくかわいい「こぐま」だと思いませんか〜(^^)


-------------------
「思い出のアルバム」
-------------------
4月の課題曲発表の時にこの曲を知った時に「わ〜♪」と喜んだ方は多かったのではないでしょうか。

よく知られている曲。

詩も感情もわかりやすく懐かしく思う方もいることでしょうから表現しやすいでしょうね。

この曲はけっこう弾きやすい様で皆さんサラサラと弾いています。

ピアノも「あめふり・・」の2拍子よりも弾きやすい様です。


ハ長調の曲。


左手の伴奏形が「ドミソドミソ」の様な分散和音で弾かれている方も多いのではないでしょうか。


同じリズム系がずっと続く場合、テンポが少しでも乱れてくるとそれがよく目立ってしまいます。

よくありがちなのは、スラスラと弾けてくると速くなってしまう箇所がところどころ出てしまいがちなのです。


録音してみて聞いてみると一発でわかります(^^)


メトロノームを使ったり、あとは歌ですね。

歌に集中でき始めると自然と安定してきます。


-------------
♪どんな曲?
-------------
1981年2月にNHK「みんなのうた」で初回放送されました。

卒業の歌の定番ですね。

ピアノを習っている子供達にも人気な曲でよく弾く子が多いです♪

初回版はダークダックス
リメイク版は芹洋子さん版。

作詞:墨田区江東橋保育園の元園長でクリスチャンの「増子とし」

作曲:調布市つつじヶ丘の常楽院で先代住職を務めた「本多鉄麿」


つつじヶ丘の常楽院には『おもいでのアルバム』の歌碑が建てられています。



-------------------------
余裕を持った歌唱。余裕をもったピアノ演奏
------------------------- 
詩や曲のイメージ、

聴かせたり歌わせたり、

一緒に歌ったり・・・


そんな光景がはっきりとイメージできてくると

(そんな風に歌う事に余裕が出るくらいピアノを弾きこなすことを目標にすると良いでしょうね)

立体感のある歌声になってくると思います♪



2曲とも、原曲をよく聞いたり、

「あめふりくまのこ」などは絵本も出ていたりするので、

イメージをよく掴み、

とにかく子ども達に「こんな良い曲があるのよ」

という先生のワクワク感が伝えられる様に空間をイメージしながら練習をするとよいでしょう!


私のブログの方にも原曲のYoutube や「あめふりくまのこ」の絵本の紹介を載せてありますので、イメージ作りはこれから、という方はご覧になられると良いでしょう♪

★ブログ記事★〜

2011年保育士試験課題曲「思い出のアルバム」「雨ふりくまの子」
http://ameblo.jp/hiromin-s/entry-11003097146.html



〜♪。・.*.・。♪。・〜


2、はじめての方へ


Hiromi Music RoomのHiromiです♪

保育士さん、幼稚園の先生向けのピアノ上達方法やいろいろな音楽情報をあらゆる方面からお届けします。

先生の中にはピアノが苦手で苦心している先生も多い様です。

でも、大丈夫♪

コツをつかんで、苦手から得意に変えちゃいましょう!

こちらのメルマガでは、毎週、何か役立つものをピックアップしてお届けいたします。

また、お悩みメールも受付いたします。

メルマガで公開回答し、議論の余地があるものはみなさんで一緒に考えていきましょう♪



〜♪。・.*.・。♪。・.*.・。♪。・〜

3、あとがき


先週は台風で大変な被害に遭ってしまわれた地域もあったことでしょう。

心よりお見舞い申し上げます。

今年は自然との対話が本当に多いですね。

私たちが忘れていたもの、これから知っていかないといけない事など、否応無しに気付かされている気がします。

しっかりと受け止めなければなりませんね。

夕暮れに近づくと秋の虫の音色が心地よく聴こえてきています。

日本の自然を大事にしたいですネ♪



★ブログ記事★〜

2011年保育士試験課題曲「思い出のアルバム」「雨ふりくまの子」
http://ameblo.jp/hiromin-s/entry-11003097146.html

それでは今日も、子供達と一緒にキラキラ笑顔で楽しい保育を♪

〜♪。・.*.・。♪・.*.・。♪・.*.・。♪・.*.・。♪〜

  
*********************************

♪ご意見・ご感想:
  hiroy@indigo.plala.or.jp

♪音 楽 教 室:  
  Hiromi Music Room

♪発 行 責 任 者:
  島田 洋美(しまだ ひろみ)

♪公 式 サ イ ト:
  http://hironns.sakura.ne.jp/

♪ブログ(アメブロ)人間力が育つ音楽教室:
  http://ameblo.jp/hiromin-s/

*********************************

〜♪。・.*.・。♪・.*.・。♪・.*.・。♪・.*.・。♪〜

こちらの無料メルマガは、『まぐまぐ』『メルマ』『メルモ』から発行しております。

バックNO、解除はこちらから。
  
 まぐまぐ
     http://www.mag2.com/m/0001170690.html 

 メルマ
     http://www.melma.com/backnumber_187246

 メルモ
     http://merumo.ne.jp/00580913.html

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2010-07-27  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。