その他カルチャー

カフェ放送てれれ東京支部 上映情報

カフェ放送てれれ東京支部 上映情報を配信します。

全て表示する >

カフェ放送てれれ東京支部 休止のお知らせ

2011/06/08

京支部、川端です。
インターネット環境がなく、また、いろいろ悩んだりしていて
投稿がおくれました。

私の標榜していた「東京支部」は休止?しましたが、
路地と人さんが上映を続けてくださるとのこと。
引き続き、東京のてれれ、よろしくお願いします!
この「東京支部」って名前どうしよう…



以下、1ヶ月くらい前に書いたものですが、そのまま投稿します。

***

バタコ@カフェ放送てれれ東京支部、です。
連絡が大変遅くなってしまったことを、申し訳なく思っています。


3/11の地震で、家自体はつぶれなかったものの、死を予感する程に 
揺れ、家の中はめちゃくちゃになってしまいました。
ひどい余震が続くなか、自分自身の心身のダメージの大きさに耐えかねて
3月下旬より、広島県へ避難していましたが、
こちらに移住を決めました。


あの地震の前日、3月10日は、てれれ@theロッ 
ク食堂。
戦争の記憶を語るという話から、阪神淡路大震災の記憶と後遺症に 
ついて、
けっこう突っ込んだ話を皆でできた、その翌日のことでした。
しかも、ロック食堂という、東京の東北人のオアシスで。

東京も、被災地だと思います。たとえ家がこわれなかったとしても。
「またあしたね」って手を振って別れるとき、ちょっとだけ、次は 
ほんとにあるのかな、と考える。
本数を減らし、昼には車内照明を消して走る電車で、通勤する。無 
事帰れるのかな、とちょっと考えながら。
そんな日常に、神経をちょっと麻痺させて生きることを選択する。

そして、
多くの友人たちの実家が、東北だったこと。
東京が、東北出身者の集まりだったこと。
大切なひとたちが深く深く傷ついて、街はいつまでも揺れて、停電 
におびえ、放射能におびえ。




「当事者による発信」が、あらゆる当事者をエンパワーすること
小さくてほんとうのことは、伝わるところではかならず伝わるとい 
うこと。
それを信じて、てれれをやってきました。
その信念自体を、根こそぎ揺らし、押し流して、なにもなくなって 
しまった、ように感じました。

根こそぎの破壊。
一見、これといってかわらないように見える、同じまちが、
根っこのところで何かが崩れてしまった。
前と同じではいられないのだ、ではどう生きようか。
考えざるをえませんでした。


あれから2ヶ月経ちました。
前と同じではない、でも
大切なことの芯のところは継いで、新しいものをつくってゆく。
根こそぎ失ってしまったという絶望と、新しいことの予感。

ここからの発信を、てれれで続けていきたいと思っています。
どなたかぜひ、東京でのてれれを、続けていただけたら、
作品を通してまた、お会いできるかと思います。
てれれをやりたい、というかたがいましたら、
てれれ事務局へお問い合わせください。
てれれメーリングリストも役に立つと思います。(私も参加しています)



私はいま、高根(こうね)島「あーねこーね塾」にいます。
広島県、瀬戸内の島。
これから島じゅうで、みかんの花が香ります。
あいかわらずここで、島の人たちと、てれれをやってます。
東京支部→高根支部ですね。

ぜひ、あそびにきてください。
何もなくてすべてがある、のんきでゆたかで、すばらしい島です。
島の人たちとの日々の暮らしが、あーねこーね塾に新しい展開をも 
たらし、
てれれやここに来る旅人たちが、島に新しい風を運ぶ。
すてきなことが始まろうとしています。

震災からだって、何からだって。みんなここに避難すればいい。
1週間のぼんやりと、ここの風と光とうまいメシが、世界を変えると
おおげさでなく思っています。

島のおいしい野菜と魚のごはんつくって、お茶いれて、
今までと変わらず、お待ちしています。



2011年5月11日
バタコ(カワバタトモコ)


***
カフェ放送てれれ東京支部→高根(こうね)支部? バタコ
Twitter ID:@syrdarya1975
★島のこと、ハッシュタグ #mikanyama でつぶやいています
★「みかんやまTV」気まぐれに配信しています
ツイキャス→http://twitcasting.tv/syrdarya1975
youtube→http://www.youtube.com/user/mikanyamatv

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2010-07-16  
最終発行日:  
発行周期:1〜2ヶ月  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。