語学・言語学

読むたびに英語が上手くなる−宗形の話せる英語学習塾

英語情報がたくさんある中、厳選して、『今日から使える』情報のみを紹介します。ネイティブと英語が話せるようになりたい方、是非ご登録ください。

全て表示する >

今朝のプレゼントは受け取って頂けましたか?

2012/03/16

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■      みんなで学ぼうわいわい英会話      ■■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ブログ随時更新中!:http://waiwaienglish.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


わいわい英会話の宗形諭史です。


本日スタートのメールセミナーはご覧頂けましたか?

動画のプレゼントもぜひご覧ください。


以下、とても大事なメールですので、再送させて頂きます。

既に読まれた方は、お手数ですが当メールを削除して

頂けますようお願いします。




以下、今朝お送りしたものと同じ内容です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


今日から、先日からお話していた通り、

どこよりも濃い“英会話上達のための秘訣”をお教えする

メールセミナーを毎朝お送りします!



今まで以上の120%以上の力でお送りしますね!



すべて3分〜5分で読むことができると思いますが、

英会話上達のための、濃い話が満載なので、

ぜひ、「楽しみながら」、でも「真剣に」読んで下さい!


--------------------------------------------------
※お知らせしていたインタビュー動画は最後でお渡ししています。
--------------------------------------------------

 英語上達の秘訣を取材をしていただいた際に、

 一緒に撮影してもらった動画を、このメールの最後で公開しています。

 必ず、あなたの英語学習の役に立つと自信を持ってお届けします。

---------------------------------------------------


それでは、最初のメールを始める前に、

お伝えしておきたい大切なことがあります。



このメールでご紹介していくことは、

私が英語を身につけるためにしてきた“行動”です。 

一つ一つまぎれもなく、実際に「体験」してきたことや、

当時の出来事を、そのままの状態でお届けしていきます。



そうすることによって、何才になっても、特別な才能や頭脳がなくても、

「英語は誰でも簡単に話せるようになる」という事実と、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そのために必要な行動を、お伝えしていきます。



そして、【7日目にお送りするメール】で、

あなたが、短期間で英語をスラスラ話せるようになるための、

“ 最良の行動 ”と、そのための重大な発表があります。
         ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

楽しみにしておいてくださいね!



それでは、まずは、このメールセミナーの目的について、

軽くご説明しますね。





    ◆ わいわい英会話メールセミナーの目的 ◆
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


こうやって、ブログやFacebookを通して、あなたとご縁を頂いたことを、

私は、とても嬉しく、特別なことだと思っています。

何が “特別” なのかと言うと、私がここでお伝えすることは、

世間一般の、英語教育の『常識』とは、まったく違ったものだからです。



 ◆「単語を1万語覚えないといけない」とか、
 ◆「英文法が完璧でないといけない」とか、
 ◆「25才を過ぎてから、英語を勉強しようとしても遅い」とか
 ◆「そもそも日本人には英語は無理」とか、

これからは、そんなものは全て忘れてください。



なぜなら、私が英会話ができるまでに必要なかったからです。

だからこそ、ここでは、英単語を1万語覚える方法だとか、

完璧な英文法を身につける方法だとか、

“机の上の知識”を増やす方法は、一切お伝えしません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


“知識”ではなく、私がしてきた“行動”を参考にしてもらうことで、

あなたの「コミュニケーションとしての英会話力」が上達すれば、

これ以上なく、嬉しく思います。



さらに、それが結果的に、あなたの人生に、

少しでもプラスになれば、それ以上のことはありません。



私にとっても、このメールセミナーは、

「私自身のことを、あなたにもっと深く知って頂ける機会」になります。

私は、この機会を、「上辺だけの付き合い」で終わらせたくありません。



私の最終目標は、英語を学ぶ人が、一緒に英会話を楽しめる場所を作ることです。

ネット上でも、リアルの場でも、そのための場所を作りたいと思っています。



ですから、あなたが、このメールセミナーや宗形自身に対して、

何か思うことがあれば、どんな内容でも構いませんので、

メールで連絡してください。



◆メールアドレス:mail@waiwaienglish.com



そうやって、お互いに距離を縮めていく事で、

あなたと、ず〜っと良い関係を築くことができれば、

とても嬉しく思います。



それでは、これから、あらためてよろしくお願いします。




   【 偏差値30だったダメ学生が英会話の先生になれた唯一の理由 】
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


まず最初に、一つ質問させて下さい。



あなたは、特別な語学の才能や、勉強の才能がないと、

英会話ができるようにはならないと思っていませんでしたか?

または、今でもそう思っていませんか?



だとしたら、その考え方は今日で最後にしましょう。



人間は、思い込みの生き物なので、一度でも、

「自分には英語は無理だ…」「もうできない…」と、

思いこんでしまうと、その弱い気持ちが、あなたから、

全ての可能性を、奪い取ってしまいます。



本当は、誰だって話せるようになるのにも関わらず...




これからは、その危険な思い込みに負けないために、

“何才になっても、勉強が苦手だったとしても、特別な才能や賢い頭がなくても、

 英語を話せるようになることなんて簡単なんだ”

という事実を覚えておいてください。



◆英語の才能 / 語学の才能とは?
━━━━━━━━━━━━━━━━


私は、今では、日本語と英語だけではなく、インドネシア語など、

合計5カ国の言葉を話すことができます。

しかし、謙遜でも何でもなく、私には、特別な語学の才能があったり、

ずば抜けた頭があるというわけではありません。



ただ、世間一般の、使えない知識としての勉強ではなく、

実際に、世界中の人と話せるようになるための生きた学習を、

してきただけだと思っています。


そして、使えない知識を増やす方法よりも、“上達につながる行動”を、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
共有するのが、このメールセミナーの役目です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ですので、英語を話せるようになりたいけど、


 ◆「勉強が苦手な自分には難しいかもしれない」

 ◆「年を取ってしまったし、もう手遅れかな」


そう思っている人、いつも英語をできない理由を探してしまう人は、

次からの私の話を思い出してください。



今日、これからお伝えするお話は、

偏差値30だったダメ学生が、英語に対する苦手意識を克服して、

実際に体験してきた行動です。





◆私は、学生時代、落第生でした。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


高校時代の私の英語の成績は、下から数えてすぐのところが定位置でした。

分かりやすい数字を出すと、英語の偏差値は30でした。

ずっと、そんな調子だったので、学校の先生からは、

「お前の将来は真っ暗だな」と、つねに言われていました。



これが、愛情を感じられる言い方ならいいのですが、

心から、見下している冷たい目で、こう言われるのです。

今でも、この先生のことを、良く思おうとしても、とても出来ません。



この時に与えられた屈辱や劣等感が、とても口では言い表せないぐらいのものだったので、

私の子供英語塾では、必ず子供たちを褒めるようにしています。

例え、うまく英語を言えなかったとしても、まずは挑戦したことに対して、

心から、その努力を褒めることにしています。



そうすると、どんなに内気で、内向的な子供でも、

笑顔で、英語で話してくれるようになります。



ちょっと話がそれてしまいましたが、

高校生のころの私は、自分のことが本当に嫌いでした。

人の目をみて、まともに話すこともできなくて、いつも暗くて、

不登校の生徒だったんです。



単位どころか、学校の出席日数の方が危ない・・・

そんなダメ学生だったんですね。



高校の3年生になって、運動に青春をささげていたり、

大学進学のために、本格的に勉強を始める人たち…

そんな中で、私だけは、ろくに人とコミュニケーションすら

取る事ができず、将来に向けて、何の希望も持っていませんでした。



「俺なんて、何をやっても、どうせダメなんだ…」

何事も、挑戦する前から諦めているような、情けない人間でした。





■高校3年生の夏になっても、そのままでした。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


そんな中、周りは大学の志望校が定まってくる中で、

私だけは、相変わらず何も考えずに、毎日に否定的になっていました。


「何でこんなになっちゃったの?」と、母を泣かせてしまうぐらいだったので、

相当周りの人たちに心配をかけていたと思います。



そんな時に、夏休みになって外を出歩いているときに、

たまたま、中学のときに、「さんぺいちゃん」と呼ばれていた

30代中盤ぐらいの、女性の先生と再会しました。



福島の田舎町なので、人の噂はすぐに伝わります。

さんぺいちゃんは、私が高校であまりうまくいっていないことを、

知っていて、ある“集まり”に呼んでくれました。



何の集まりかと言うと、AET(アシスタントイングリッシュティーチャー)と言って、

外国人の学生などが、英語の先生として、それぞれの中学校に、

1週間ぐらい研修で訪れるプログラムがあって、そのAET同士の集まりが、

今度あるということだったんですね。



で、そこに呼んでくれたのです。

英語なんて大嫌いだったので、断っていたのですが、

さんぺいちゃんが、本当に熱心に誘ってくれたので、

結局、根負けして、参加する約束をしてしまいました。



結果として、そこに参加したことは大正解でした。




■はじめて外国人と英語でコミュニケーションをとった体験
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


さんぺいちゃんに、簡単な英語フレーズをいくつか教えてもらって、

カナダ人のAETに試してみたんです。



すると、そのカナダ人の先生は、

「お前、若いのに英語話せるのか?!偉いなぁ」と、

満面の笑みで返してくれたんですね。

本当に、小学生でも言えるような簡単な単語ばかりの言葉にも関わらず…。



当時の私には、その時のカナダ人の先生の笑顔が、

本当に優しく、温かい人だったので、外国人に対して、

一気に憧れを持つようになりました。



で、信じられないかもしれませんが、

この、「外国人とちょっとだけ話をした」という経験が、

「自分はダメなヤツだ」という思い込み、足かせを取ってくれたんですね。



今まで、「自分には絶対にできない」と思ったこと、

つまり、英語が、簡単に出来てしまったんです。

しかも、正真正銘の外国人と、話してしまったんです。



「もしかしたら、自分は英語ができるかもしれない…」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そう思ったんですね。



今まで、フタをされて閉じ込められていた感情が、

一気にこみ上げてくるような感覚でした。

「できないと思っていたことができたじゃないか」

「だったら、今自分がやるべきことをやらないと絶対に後悔するだろ」

やっと、そうやって自分を少しだけ認めることができたんです。




■私の中で、将来を変える「火」がつきました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


人間は、ちょっとしたきっかけで180度変わる

と、言われていますが、この時の私は、まさにその通りでした。



「自分はダメだ」という思い込みが外れ、

高校3年の夏休みも終わりかけだったのにも関わらず、

「大学に行きたい!」と真剣に思うようになっていました。



大学に行けば、もっと英語を学んで、外国人と友達になることができる!

その気持ちが、原動力になったんですね。



母から、「お願いだから高校だけは出てね」と言われていたのに、

それからは、朝から晩まで、脇目も振らず、勉強だけをしていました。

急に、目の色を変えて勉強しだした私を見て、家族も本当に喜んでいました。

今でも、あの時の勉強量を、もう一度やれと言われても、

もうできないと思います。



結果、大学受験までの残りの日数をすべて勉強のために使って、

無事、ある大学に受かりました。

ちなみに、英語の成績は、相変わらず良くありませんでした。



受験直前も、先生からは、「ダメで元々で全力でやってみろ」と

言われていて、本当に受かってしまったのですから、「合格した!」

と知った時、私以上に、周りの人間の方がビックリしていました。



さて、今日のお話を、ここまでお読みいただいたあなたは、

もしかしたら、私に対する印象が、少し変わったのではないかと思います。

「宗形ってカッコ悪い男だな」って思われたかもしれません。



でも、これが、私が、生の英語に触れた最初の機会だったんです。

そして、「自分には英語どころか、何をやっても才能がないからダメなんだ」

と、思っていたのに、必死になったとたんに、奇跡的に大学に合格したんです。





■語学には、才能なんて関係ありません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━


才能とか、頭の良さだとか、そんなものは英語には関係ありません。

だから、あなたがもし、知らない間に、自分に限界を作ってしまって、

「やる前から諦めている状態」にいるとしたら、同じように、

真剣になって取り組んでみてください。



「英語を話せるようになる」

この目標を叶えたいなら、そのために必死に挑戦してください。

とはいっても、今日のお話のように、いきなり「カナダ人と話をしろ」

と言われても、あまりにも非現実的ですよね。



なので、明日からは、外国人と初めて触れ合って、

英語に対する情熱や憧れを強く持つようになった私が、

大学に入ってから、どのように英会話力を伸ばしていって、

英語のおかげで独立して、仕事にも恵まれ、

豊かな生活ができるようになったのかをお話しますね。




「英語を話せる仕事がしたい...」

「そのためには英語力をつけないといけない」

「でも、何をしたら良いのか分からない…」



そんな悩みを持っていた私の英語力を飛躍的に伸ばしてくれたのは、

なんと、あの「オードリー」との出会いがきっかけだったんです。

明日は、そのお話をします。

楽しみにしていてくださいね!



今日のお話は、これから、あなたが英語を話せるようになって、

人生の幅や可能性を広げるために、欠かすことができない、

“唯一のマインド”のお話なので、後ろ向きになりそうなときに、

ちょっとでも思い出して頂けると、とても嬉しいです。



宗形諭史より



何才になっても、特別な才能や頭脳がなくても、

英語は誰でも簡単に話せるようになります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




===========================================
■ 「ゼロから始める英会話の秘訣!」動画プレゼント!
===========================================


インタビュー動画は、どれも3分程度にまとめて頂いており、

要点だけを無駄なく掴むことができるようになっています。


■ インタビュー動画の詳細

1)【語学の才能とは?】

  初心者は何から勉強すれば良いのか?


2)【英会話を身につけるのにかかる時間】

  一般的には英会話にはマジックナンバーと言われる、
  英語を身につけるまでに最低限必要な期間を表す数字があります。


3)【英語で話しかける勇気を持つ方法】

  自分の勉強してきた英語が、正しいのかどうか不安になって、
  なかなか英語で話しかけることができませんよね。
  その解決策をお話しています。


4)【短期間でリスニング力を付けるコツ】

  聞き流しのリスニング教材やCDを聞いても、全く上達が
  感じられなくて悩んでいる方は大勢います。
  その理由をお話しています。


5)【外国人の英語が早すぎて理解できない時は?】

  日本で頑張って勉強しても、いざ外国人と話してみると、
  言葉が早すぎて理解できない・・・。
  そんな時は、これをしてください。


6)【日本人の80%が誤解している発音練習法】

  私は、今まで、発音の練習はほとんどしていません。
  それなのに、私の発音が伝わる理由と、その練習法です。


以上、ご紹介が長くなってしまいましたが、

これらの動画は、下記のサイトよりご覧下さい。

→ http://rocket-language.net/movie-915.html

Pass:【 hint 】




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■    時代を変える英語教育を提供する

    5カ国語話せる宗形諭史のプロフィール   ■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 ★★★ 宗形諭史って誰? ★★★

 ■ 経歴

 ・国際企業の社長の通訳
 ・日本初の感情導入による英語学習プログラムの開発
 ・ネイティブ100名以上に日本語指導 
 ・最短2カ月であらゆる言語をスラスラにする
  語学のスペシャリスト(現在5カ国語が話せる)



■無料トレーニングプレゼントをお受け取り下さい!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■プレゼントサイト

→ http://rocket-language.net/

パスワード:【 english 】

※ブログ更新に合わせて随時追加していきます。



 ■ 私、宗形諭史からのメッセージ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

 「間違いを恐れない英語学習をしませんか?」

 英語がペラペラなドイツ人は消しゴムを使いません。
 間違えても書くことが大事であることを学校教育を通して学んでいるのです。

 間違えたら、その上からペンで斜線を引いて答えを書けば良い。

 英会話もそれと同じです。

 間違えて通じなかったり聞き取れなかったら直せば良いだけです。 
  『最初からきれいな英語は誰も話せないのです。』

 この学習思考をあなたも身につけて、
 私と一緒に、英語を話せるようになっていきましょう。
 チャレンジして、失敗して、落ち込んでも大丈夫。

 私が全力でサポートします。


 ■ 好きな名言
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「今はできない」を「絶対できない」と間違えないように
 by 斎藤茂太

 才能とは継続できる情熱である
 by 羽生善治棋士

 あなたが空しく生きた今日は、昨日死んでいった者が、
 あれほど生きたいと願った明日。
 by カシコギ(韓国の小説)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎配信設定、メールアドレスの変更はこちら

⇒ http://archive.mag2.com/0000179689/index.html

◎読むたびに英語が上手くなる−宗形の話せる英語学習塾
のバックナンバー・配信停止はこちら

⇒ http://archive.mag2.com/0000179689/index.html

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2010-06-30  
最終発行日:  
発行周期:1日1回の日刊を予定しております。  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。