トップ > エンターテイメント > 音楽 > その他音楽 > THE MUSIC PLANT ON LINE MAGAZINE

THE MUSIC PLANT ON LINE MAGAZINE

RSS

ヨーロッパの伝統音楽(特にケルト&北欧)を紹介するレーベル&プロモーターです。



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


最新の記事リスト

  1. このメルマガはサンプル記事のみ表示されています

メルマガ情報

最終発行日:
2011-05-23
発行部数:
47
総発行部数:
224
創刊日:
2010-05-20
発行周期:
1ケ月に一度
Score!:
-点

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
♪T H E  M U S I C  P L A N T ♪ O N L I N E   M A G A Z I N E♪
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
Copyright(C) 2010 THE MUSIC PLANT
全文、または一部の記事の無断転載および配布を固く禁じます。
──―――――――――――――――――――――――――――――

桜もそろそろ満開といった感じでしょうか。
明日は相当あったかくなるみたいですが‥‥

またもや約1ケ月ぶりのメールマガジンです。
あちこちに書いていますが、このメールマガジンについては、
いつか廃止の方向に進んでいますので、
なるべくMUSIC PLANTの最新情報はブログかTwitterでフォローいただく
ことをおすすめします。
http://themusicplant.blogspot.com/
http://twitter.com/mplantyoko

早くもTwitterやブログをご覧の方には発送を開始していますが
ルナサの、新作としてはスタジオ盤としては4年ぶりの新譜が登場。

そして彼らは12月にはケルティック・クリスマスで再び日本にやってきます。

一般店頭の発売日は、今度の日曜日。4月4日になります。
http://www.mplant.com/lunasa/lanua.html
明日の5時までにお申し込みいただければ、発売日の前に商品が
届きますよ。ぜひ当ホームページの新譜エクスプレスをご利用ください。

それからホームページもリニューアルしました。詳しくは下記。

2010.3.31
THE MUSIC PLANT
野崎洋子


●このメルマガの登録/変更/解除はこちらから
http://www.kasaya.com/mplant-mag.htm

●ブログ
今のところ最新情報のメインここです。ほぼ毎日更新してます。
http://themusicplant.blogspot.com/  *アドレスが変わりました。

●Twitter
http://twitter.com/mplantyoko
頻繁につぶやいてます。
皆さんも、ぜひ@mplantyokoで話しかけてください。

●You Tube - THE MUSIC PLANT TV 
http://www.youtube.com/mplantofficial


▼  ―― HEAD LINE  ――――――――――――――――――――◆
|【情報】ホームページ、リニューアル
|【CD情報】ルナサ、4年ぶりの新譜「ラ・ヌーア」
|【来日情報】マリア・カラニエミ来日公演2010
|【来日情報】FINLAND FEST 2010 + world music showcase
|【来日情報】桑山哲也+レピスト&レティ
|【インフォ】新着情報もろもろ
└―――――――――――――――――――――――――――――◆


       ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
           ホームページ、リニューアル
       ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

さて、お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、ホームページをだいぶ
リニューアルしました。「ホームページは履歴書と一緒」みたいな
ビジネス啓発本に影響されまして、ウチのHPはひどい。
どうにかしよう、という事で(笑)

最初は誰かプロフェッショナルに頼ろうと思いましたが、予算もないし
自分で自由にアップデートできないと意味がないし‥‥
そこで、かなり難しい原語の理解に挑戦しようと、リサーチに行った
ビックカメラで、最終的に選んだ「バカでもサルでも出来る」みたいな
ホームページ制作ソフトを利用しました。簡単でしたよ。
(とはいえ、相当時間はかかりましたが)

そんなわけでリニューアルしたのは、

トップページ
http://www.mplant.com/

アーティスト紹介のページ
http://www.mplant.com/artists.html

スヴェング
http://www.mplant.com/koruna/svang/

ルナサ
http://www.mplant.com/lunasa/

ラウー
http://www.mplant.com/lau/

とりあえず、他のアーティストは、来日が決まった順から、
少しずつアップデート作業していこうと思います。


ついでにブログも引っ越しました。
http://themusicplant.blogspot.com/

というわけで、改めて、ウチのホームページをよろしくお願いいたします。





       ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
           ルナサ新譜「ラ・ヌーア」
                         新譜エクスプレスで熱血発送作業中!
       ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

キャッチフレーズは、
「ケルト系、哀愁メロディアス・インストの最高峰バンド、
4年ぶり7枚目のオリジナル・アルバム」としてみました(笑)

今回は自作曲が多いし、松山さんもライナーで指摘しているように
ルナサって、やっぱり他のアイリッシュのバンドと全然違う。
あえて「伝統音楽」というのをキャッチから外してみた。

12月にはまた来日します、ルナサ。本当に楽しみ。

2010.4.4 ON SALE
「ラ・ヌーア〜ニュー・デイ」 ルナサ
レーベル:THE MSUCI PLANT
RUCD162 \2,520 (tax in)ライナーノーツ:松山晋也

1. Ryestraw
The New Day March (Kevin Crawford - SGO)/ Ryestraw / An Old Woman Would
ベースがかっこいい! ルナサの特徴であるいかにも男らしい楽曲がオープニング。
そしてあいかわらずウルトラCのリズムチェンジで次の曲にいく姿は、さすがとしか
言いようがない。こういうのが出来るのはケルト界広しと言えどルナサだけ!

2. The Raven’s Rock
The Raven’s Rock (Cillian Vallely - SGO) / Ruby’s Reel (Kevin Crawford - SGO)
/ The Beehive (Nollaig Casey - IMRO)
これもルナサ得意のホイッスル系哀愁ケルトから軽快なテンポのリールへと
スライドしていく。

3. Tro Breizh
Tadin-Tinaketa (Y. le Bihan / G. le Bigot) / Marche des Charbonniers(Pol Jezequel)
/ Ridees Six Temps
重厚なパイプ中心のメロディから哀愁系のメロディ、そしてさらにルナサ得意の変拍子へ。
フランスのブルターニュ・ケルト。(今年はブルターニュケルトは来ますよ!
ジブリの映画がブルターニュケルトのアーティストの音楽を使うらしいです)
重厚なヴィオラとヴァイオリンはゲストのモイア・ブラナック。圧巻!

4. Fruitmarket Reels
Joe Tom’s (John Faulkner - IMRO)/ Supernose (Gabe McVarish - MCPS) / 
Buntata’s Sgada´n (Allan McDonald - MCPS)
アイリッシュっぽいリールから、スコットランドのパイパーが書いた楽曲へ。
しかしベースが最高。言うことなし。

5. Doc Holliday’s
East Village Days (Cillian Vallely - SGO) / Timmy’s Place (Cillian Vallely - SGO) /
Doc Holliday’s (Cillian Vallely - SGO)
作曲家としての才能を発揮しつつあるパイプのキリアンのペンによる3曲のメドレー。
この変態リズムチェンジは尋常じゃない。何度も言うが、こんなことが出来るのはルナサだけ。

6. Unapproved Road
Brady’s / Connacht Heifers
ギターとベースによる「静謐」といったオープニング。そしてだんだんとアップテンポ
していく感じがスリリング。今までにないフルート。今までにないルナサかも。

7.Island Lake
Tune for Dad (Kevin Crawford - SGO) / The Island Lake (Kevin Crawford - SGO)
昨年亡くなったケヴィンのお父さんのための曲。哀愁がありながらも明るいほのぼのと
したメロディ。ここでもモイアのヴァイオリンとヴィオラが色をつける。

8. Snowball
Ciara’s Dance (Cillian Vallely - SGO) / Burning Snowball (Johnny McCarthy) / 
Road to Reel (Tommy Cunniffe)
キリアン作の「キアラのダンス」は、おそらくキリアンの数年前に生まれた長女のための
可愛いダンス曲。このコード感が良し! 例えばアルタン、ダーヴィッシュなら、
こんなコードにならない。ベースとギターの功績大。この下半身の強靭さはルナサの強み。

9. Pontevedra to Carcarosa
Marcha Processional du corpus de Pontevedra / Pasacorredoires
‘de Mustad a Millares’ / Mu.iera Carcarosa
スペインのガリシアからアストゥーリアスまで、現代作家の作品を集めたメドレー。
明るくてメロディアスな曲多し。それにしてもすごいリズムチェンジ。
やっぱりルナサはすごいなぁ。全員が楽器がうまくないと、こういうのは可能にならない。

10. The Shore House
Inverness County Reel / The Beauty Spot / The Shore House Reel (Kevin Crawford - SGO)
これは明るくて非常に良い曲。アルバムのエンディングにふさわしい! 
聴いているだけで元気が出る!


Produced by Trevor Hutchinson
All tracks arranged Lunasa.
All tracks Trad Arr Crawford/Hutchinson/Meehan /Smyth/Vallely except where noted

Special guests
Maire Breatnach − Viola and Fiddle on Tro Breizh and Island Lake
Gerry O’Beirne − Ukulele, Tiple and National Steel Guitar on The Raven's Rock 
and The Shore House
Staffan Astner − Electric Guitar on Unapproved Road

音はこちらで一部試聴できます。
ルナサ公式ページへ http://www.lunasa.ie/
ルナサMy Space Pageへ http://www.myspace.com/lunasaofficial


詳細/ショッピングはこちら
http://www.mplant.com/lunasa/lanua.html





      ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
          マリア・カラニエミ来日情報
       ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

北欧伝統音楽界の女王、、、と形容すると
何やらたくましいイメージを持たれるかもしれないが 
実際の彼女の音楽は女性らしいリリカルで優しいフレーズが特徴。
8才のときに初めてアコーディオンを手にしクラシックの英才教育を受けるが、 
祖母の影響で最終的に伝統音楽の世界に進むことを選択する。

BBCのオーケストラとの共演、自身のトリオ、バンドでの活動を経て、 
現在フィンランドの国を代表するソロアーティストとしての地位を確立。
シベリウス・アカデミーの教授陣の中でも一番重要な位置を得た彼女だが、
もっとも彼女が自分らしい位置にいると感じることが出来るのが
2005年にレコーディングした「ベロー・ポエトリー」の世界だという。 
カレワラの叙事詩にインスパイアされた世界を自身のアコーディオンと歌で表現。
自宅でシンプルにレコーディングされた音世界は交換を呼
びヨーロッパのワールドミュージックのチャートでTOP10に3ケ月も留まる他、
高い評価を受けている。
ギタリスト、オッリ・ヴァリスを伴い2度目の来日公演。
音はTHE MUSIC PLANTのYOU TUBEチャンネルで聴けます。 
http://www.youtube.com/mplantofficial 

TOKYO 
4月24日(土)開場 15:00/開演 16:00 
STAR PINE'S CAFE

●チケット代:前売5,000円
(1)北欧紅茶+クッキー付(2)北欧ビール+おつまみ付
(1)か(2)か入場時に選べます。

●チケット取扱い
当ホームページ 
チケットぴあ(12/10発売/P- 343-327)会場

●整理番号当ホームページでお買いいただくのが一番良いです。
(1-100) 
会場(101-110) 
チケットぴあ(111-140) 
整理番号順の入場になります。

●会場の様子飲みながらライヴを鑑賞できるバーのような雰囲気のお店です。
前売をお買い上げの皆様全員が着席できるように配慮いたします。
お問い合わせ:Star Pine's Cafe 0422-23-2251

詳細はこちら!
http://www.mplant.com/koruna/mariainfo10.html


  


       ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
        スヴェング他、FINLAND FEST 2010
                                   WORLD MUSIC SHOW CASE
       ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

スヴェング
http://www.youtube.com/watch?v=bzf2mvFSHRY
バルカンものから北欧のトラッド、哀愁のロシアン・メロディ、
宮崎アニメの主題歌まで、ありとあらゆる音楽をハーモニカだけで演奏してしまう。 
フィンランド伝統音楽シーン、最大の話題がこの4人。 
この1月にはフランス、ナントで行われたラ・フォル・ジュル ネに参加し、
ショパンまで演奏してしまった。待望の3度目になる来日が実現!

フリッグ
http://www.youtube.com/watch?v=1Xm1a35mJt4
フィンランドを代表する伝統音楽家のサラブレッド、
ヤルヴェラ ファミリーのメンバーを
中心に結成された若手最大の注目株。 
フィドル4台でグイグイ押す演奏は、聴く者すべてを圧倒する。 
(来日時のフィドルは3名になります)

レピスト&レティ
http://www.youtube.com/watch?v=8ZiqKPti7i4
ヴァルティナの黄金期をささえた
アコーディオン+ウッドベース奏 者のデュオ。
トラッド、タンゴ、ジャズなどボーダレスなサウンドが魅力。


5/28(木)渋谷JZ Brat
http://www.jzbrat.com/
セルリアンタワー東急ホテル2F
チケット代:前売5,000円(飲食代別)

チケット取扱い:当ホームページ、会場 
チケットぴあ等での販売はございません。

●全指定席● 
席はご予約をいただいた順番に観やすい場所からお席をおとりしております。 
お客様からのお席のご指定は承れません。 
お席は全て指定席となっておりますので、

ライブ当日は開場時にお並びいただく必要はありません。 
フロントにてご予約のお名前をお伝え下さい。 
また1名様でお申し込みのお客様は、
ご相席をお願いする可能性が高いです。ご了承ください。

●会場の様子● 
飲みながらライヴを鑑賞できる 
カフェレストランのような雰囲気のお店です。 
また当日のメニューもフィンランド関係のフードを予定しています。 
お楽しみに!

なおオープンが17:30でスタートが19:30となっていますが
お仕事の都合などで早くこれない方もいらっしゃるかと思います。
いずれにしても、チケットの整理番号で良いお席は確定されますので、
場合によっては開演時間ギリギリでも大丈夫。
でも早く来て,お食事もぜひ楽しんでくださいね!
お問い合わせ:JZ Brat 03-5728-0168 (平日15:00-21:00)

詳細はこちら。
http://www.mplant.com/koruna/ffinfo10.html




       ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
          春のアコーディオン祭り!
            レピスト&レティ/桑山哲也with 黒木千波留
       ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

そしてFINLAND FESTで来日するレピスト&レティは、
アコーディオンの桑山さんとジョイントライブがあり。

桑山さんのかっこいいリシャール・ガリアーノのカバーはこちら!
http://www.youtube.com/watch?v=EGJbOZLXulc
日本/フィンランドにおける 
トップ・アコーディオン奏者による夢のジョイント公演が実現しました。

日曜日の夜、南青山でリリカルで優しいアコーディオンの響きをお楽しみください。 


Profile 
桑山哲也:札幌市生まれ。6歳からアコーディオン(ピアノ鍵 盤式)を学ぶ。 
14歳の時、イヴ・モンタン等の伴奏にも携わっていた フランス屈指の

アコーディオン奏者、故デデ・モンマルトル(アド レアン・レジャン)氏に師事。 

同時にボタン・アコーディオンに転向し、約2年間にわたりフランス

音楽のエッセンスを徹底的に教え込まれる。 
1999年にミュゼットやタンゴをカヴァーした 
ファースト・アルバム『ぼくのミュゼット』を発表し、 
2000 年から本格的なソロ活動をはじめ、
情感あふれる表現力と抜きん出たテクニックで多くのファンを獲得。 
様々なジャンルのアーティス トとの共演、客演、TV、CM、
映画等映像作品への参加も数多く、 
その才能は幅広いジャンルのアーティストから高く評価されている。 
今回はピアニストの黒木千波留と出演。 
http://kuwayamatetsuya.net/ 

レピスト&レティ:フィンランドでもっとも人気のある伝統音楽グループ、
ヴァルティナの 最盛期にバンドをささえたアコーディオン奏者
マルック・レピストと、ベーシストであるペッカ・レティ。 
ヴァルティナばかりではなく、二人は常にシーンのトップで活躍してきた。 
バンド脱退後、ベースのペッカはレコード会社の社長としても活躍。 
自身のアルバム他、マルックのソロアルバムを2枚リリースしたが、
2008年になって 始めて二人はデュオの作品を制作することを決意。 
「ヘルシンキ」と名付けられたこの作品は音 楽への愛情にあふれる心温まる作品だ。 
忙しい二人は世界中のワールド・ミュージックやジャズ・フェスティバルに参加。 
http://www.myspace.com/lepistolehti 


5月30日(日)南青山マンダラ 
開場 18:00/開演 19:00 

出演:桑山 哲也(Acc) 
黒木 千波留(Pf) 
+ 
マルック・レピスト(Acc) 
ペッカ・レティ(B)

チケット代:5,000円(1ドリンク付)

取扱:当ホームページ、会場のみ 
チケットぴあ等での販売はございません。
整理番号順の入場になります。 
当ページで購入いただいた方が番号が良いです。 

●ロケーション● 
最寄り駅は、地下鉄銀座線「外苑前」から5分。 
出口(1A)より、ベルコモンズのある、青山3丁目交差点を左折。 
ゆるやかな坂道の途中、右側です。
〒107-0062 東京都港区南青山3-2-2 MRビルB1F

●会場の様子● 
飲みながらライヴを鑑賞できる 
バーのような雰囲気のお店です。
お問い合わせ:南青山マンダラ  03-5474-0411

詳細はこちらです!
http://www.mplant.com/koruna/landl.html




      ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
             その他の情報
       ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

●ルナサはナタリー・マーチャントの新譜にも参加。
http://musicplant.exblog.jp/13006971/

●コローナズがMETOUR AWARDSにてBest Irish Albumをゲットしました。
うれしそうなメンバーの映像など,詳細はこちら。
http://thecoronas.exblog.jp/

●歌う尼さんシンガー/ソングライター、
やなせななさんのライブの制作をすることになりました。詳細はここ。
http://yanasenana.exblog.jp/

●多くの情報はTwitterで、毎日流しています。ぜひFollowを。
http://twitter.com/mplantyoko





      ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
             好評発売中の新譜情報         
       ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

●ルナサ企画もののCD。Co.Leitrimの地元のミュージシャンとコラボした
ものです。素朴な味わいの2枚組。通常のルナサのアルバムとは
だいぶ異なりますのでご注意ください。マニア向け。
http://www.mplant.com/lunasa/disc.html#leitrim

●リアダンのセカンド。
http://www.mplant.com/liadan.html#second

●アラン・ケリー。久々の新譜。ゲストはエディ・リーダー、クリス・ドレヴァー他。
かなり良いです〜!! おすすめ!
http://www.mplant.com/irishmusic/box.html#alan_after

●先日感動のステージを届けてくれたノルディック・トゥリーの即売でのCDです。
どれもこれも名作です。
http://www.mplant.com/koruna/nordiktree.html

●ルナサのフロントマン、ケビンとキリアンによる男らしくかっこよいトラッド
アルバム。最高です。
http://www.mplant.com/lunasa/disc.html#common

●ロリーナ・マッケニット「クリスマス・アルバム」
CDとドキュメンタリーDVDのカップリング
http://www.mplant.com/loreena/amuse.html#MWND

●ラウー「アークライト」
圧巻の新作。再びケルクリで来日。予習にどうぞ!
http://www.mplant.com/lau/disc.html

●メアリー・ブラック「25周年ベストアルバム」
感動の25曲+ボーナストラック、2枚組。
http://www.mplant.com/maryblack/disc.html#25

●ルナサ
初のベストアルバム。過去6枚の作品からの16曲を収録。
うち2曲はレコーディングをしなおしすべての曲を再度ミックスしました。
http://www.mplant.com/lunasa/disc.html

●マーティン・ヘイズ&デニス・カヒル
「ウェルカム・ヒア・アゲイン」
http://www.mplant.com/martinhayes/disc.html
ケルト・ミュージック界のトップ・デュオ11年ぶりのスタジオ盤新作!

●スヴェング
「ヤルゥータ〜気楽にいこうぜ」
タラフ・ドゥ・ハイドゥークスに捧げられたオリジナル曲
「ハイドゥーカ」や、映画「ハウルの動く城」のカバーまで、
聴けば必ず元気になれる超雑食系ハーモニカ・カルテット、
http://www.mplant.com/koruna/svang/disc.html

●北欧伝統音楽のおそらく最高傑作!
10年前にスウェディッシュグラミーをゲットした名作がボーナストラック
4曲を加えて再発。
http://www.mplant.com/koruna/vasen/vardens.html

●こちらもアイリッシュミュージックの最高傑作、といっても反対する人は
少ないでしょう。ドーナル・ラニー率いるクールフィンの唯一の作品。
http://www.mplant.com/irishmusic/otherinstruments.html#coolfin

●シャロン・シャノンのライヴDVD、NTSCヴァージョンが入荷しました。
これは最高に楽しいです!
http://www.mplant.com/sharon.html

●昨年6月チーフタンズと来日、9月にくるりのフェスティバルでも
再来日し、話題をさらったリアダン。
http://www.mplant.com/liadan.html

●大好評、ヨーロッパ/北米の女性フィドラー大集合、ストリングシスターズ
DVDの方が曲数も多く、お得です!(CDの曲はすべてDVDに入ってます)
http://www.mplant.com/koruna/ssisters.html
映像がここで観れます。
http://www.stringsisters.com/

●同じく北欧の女性アーティストを集めたコンピレーション
http://www.mplant.com/koruna/alien/disc.html#WomenfromNorth

●アンビョルグ・リーエン率いるブッケネ・ブルーセのライヴ盤。
http://www.mplant.com/koruna/alien/disc.html#SPEL

●フィンランド、若手No.1グループ、フリッグのライヴ盤(自主制作もの)
http://www.mplant.com/koruna/northside.html
このページの下の方にあります〜。

●グラーダ「クラウディ・デイ・ナビゲーション」DVD付
http://www.mplant.com/grada/disc.html



―――――――――――――――――――――――――――――――――
発行人  THE MUSIC PLANT 野崎洋子
──―――――――――――――――――――――――――――――――
Copyright(C) 2010 THE MUSIC PLANT
全文、または一部の記事の無断転載および配布を固く禁じます。
──――――――――――――――――――――――――――――――─
このメールは、当サイトのメールマガジン購読を希望され方、また当サイ
トにてCD購入時に購読希望と承ったお客様へのみ、一斉配信しております。
メルマガの登録、解除はこちらのページにて!
http://www.kasaya.com/mplant-mag.htm
―――――――――――――――――――――――――――――――――

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するはてなブックマークに追加del.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録/解除

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. クラン・コラ:アイリッシュ・ミュージックの森

    最終発行日:
    2016/11/20
    読者数:
    326人

    アイルランドをはじめとしたケルト系を中心に、主にヨーロッ パのルーツ音楽についての情報、記事 読物、レヴューなどをお届けします。 毎月5日、20日前後に配信します。5日は情報のみの号です。

  2. 「美しい海を未来へ!」 シーボーンアート通信

    最終発行日:
    2011/12/15
    読者数:
    44人

    「美しい海を次世代に!」をモットーとするNPO日本渚の美術協会が発信するシーボーンアート通信です。 NPO日本渚の美術協会は、海岸漂着物を「海からの贈り物」と称しアート創作を手段として、海浜美化啓発活動をしています。

  3. カフェサークルロコ-カフェからのお便り

    最終発行日:
    2013/12/08
    読者数:
    15人

    「Cafe Circle Loco」滋賀を舞台にした婚活サークル・コミュニティを目的とした社会人サークルの運営をしてます。サークルからのお知らせ、お得情報をお届けします。

  4. ミニトコ お買い得情報

    最終発行日:
    2011/11/22
    読者数:
    5人

    ソファー 布団セット ジップロックなどの雑貨を安く通販

  5. 想送館日記

    最終発行日:
    2011/05/19
    読者数:
    6人

    葬儀施行時のこぼれ話、涙なくしては語れない苦労話、葬儀について日々思うことを「新参者」の私が本音で語ります。

発行者プロフィール