英会話学校

モニク・アレン先生の英会話のヒント

モニク・アレン先生がウェッブ上で基本的な英会話で大切なことをオリジナルテキストとして皆さんのため書き下ろししました。たとえばどんなときに完了形が使われるのか?また基礎的な冠詞の使い方について「日本の学校でこんな風に習わなかった」との感想が寄せられているほど新発見を期待できます。

全て表示する >

オンライン英会話【基礎講座】by PrivateLesson.Asia

2010/05/20

モニク・アレン先生がウェッブ上で基本的な英会話で大切なことをオリジナルテキストとして「メルマ」読者で英語好きな皆さんのため書 き下ろししました。たとえばどんなときに完了形が使われるのか?また基礎的な冠詞の使い方について「日本の学校でこんな風に習わなか った」との感想が寄せられているほど新発見を期待できます。また日本のアニメがシェイクスピアの次に好きなモニク先生がフォーマルな 英語とチャット英語の違いについて感じていることなどを毎回伝えていきます。
(c) Copyright 2010 Monique Allen / (c)Japanese Translation Copyright 2010 PrivateLesson.Asia All rights Reserved.
    モニク・アレン先生の講義日本語による解説
#1 About A, An, and The
A, An and The

The words A, An or The are articles of speech. These words precede nouns when they are used.

How to Use The

The word the is a determiner meaning, when this word is used, it is referring to something specific.

Example: The boy (not just any boy, but the boy) ran all the way home.

Even though we do not know the boy’s name, we know that a very specific boy, not just any boy, ran all the way.

Also, the word the is used just because it fully helps to complete a thought and form a complete sentence. If you were to say---

Example: boy ran all the way home

This is not a complete sentence even though it has both a subject and verb.

The word the does not need to be used when proper nouns (names of people, places, etc.) or pronouns (he, she, we, they, etc.) are used because the

proper noun or pronoun replaces the need to use the word the.

Example: He ran all the way home. (This is a sentence that begins with a pronoun)

Example: Jimmy ran all the way home. (This is a sentence that begins with a proper noun)

Example: Florida is a hot state. (This is a sentence that begins with a proper noun)

Example: The state is hot. (We do not know which state, but we understand that a specific state is being referred to but not named.)

The word the can be combined with proper nouns but does not need to be.

Example: The boy, Jimmy, ran all the way home. (This is a sentence that combines both a proper noun and the word the.)

Example: The state of Florida is hot. (This sentence combines both a proper noun, Florida, and the word the in the same sentence.)

Example: The restaurant Red Lobster is my favorite place to eat. (This is a sentence that
combines both a proper noun, Red Lobster, and the word the in the same sentence.)

Example: Red Lobster is my favorite place to eat. (This sentence does not use or need the word,
but this sentence assumes that the reader is familiar with this restaurant. This
sentence also begins with a proper noun, which makes it unnecessary to use the word
the, but as we see from the previous example, we can combine proper nouns with the
word the as well.)


A and An

The words A and An are used before nouns but do not refer to something specific. If these words are used before the noun, then any item that is of the subject will do.

Example: An apple (any apple at all, this is not talking about a specific apple) fell from the tree.

The words A and An are used when you are referring to only 1 item. If you are talking about 1 dog then you say A Dog. If you are talking about 1 child then you say A Child. If you are talking about 1 apple then you say An apple.

How to Use A
The word A is used only when the noun following it does not start with a vowel sound. The word following A must start with a consonant sound ? meaning any sound other than A,E,I,O, or U-

Example: A rat (rat has a consonant sound and starts with a consonant) hid in the Barn.

Example: A cow (cow has a consonant sound and starts with a consonant) jumped over the moon.

Example: A Unicorn (unicorn does not start with a vowel sound even though it starts with a vowel) is good luck.

How to Use An

The word An is used when the word following it starts with a vowel sound.

Example: This is an under (under starts with a vowel but also starts with the sound of a vowel too) ground tunnel.

Example: I only have an hour (hour starts with a consonant but starts with the sound of the short vowel sound O) to finish the test.
 第一回 A, An, Theに ついて
オンライン英会話スクール「プライベート・レッス ン・ドット・アジア」のディレクターであるモニク・アレン先生による第一回エッセイです。
現在先生は本スクールにおいて講師の英語能力の開発を担当しており採用面接の責任者でもあります。モニク・アレン先生は、現在28歳 で現場でアメリカ人の生徒に英語を教える傍ら、英語の古典である中世英国の英語の研究もされておりシェイクスピアを熟知しています。 またアニメの世界に造詣が深く日本のアニメにも理解を示しています。 本稿はワンクール6ヶ月で30篇を想定し毎週1回のサイクルでこのオンライン英会話講座をアップデートしていただく予定です。 第一回目の今回は、初心者にも大切な冠詞のA、Anについてモニク先生に寄稿をお願いしました。

今回の内容は特にわかりやすい内容ですので、英語でお読みいただければと思いますが若干の注釈 を入れておきますのでご一読ください。原文でお読みいただける読者の方はこのページを隠すボタンを押してください。

さて、 本題です。
モニク・アレン先生は今回、冠詞の用法について述べています。本当に基本的な冠詞の復習という側面もありますが、意 外と知らなかったかもしれない内容も含まれています。まず定冠詞のTHEから講義は始まります。事例を参考にしながら読み進みましょ う。
例文にあるall the way は「ずっと」という意味ですが、「その少年は家までずっと走った」というという例文を引用しています 。少年について名前さえ知らなくても特定の少年を指してTHEを使っています。またTHEは文章を仕上げるためにTHEは使われると あります。
【英単語】
  articles =記事
  determiner=決定詞, 限定詞
  proper noun =固有名詞
  precede=先導する
  nouns=名詞
  specific=具体的な
  fully=十分に、完全に
  complete=完全な、完璧な、仕上げる

ここで完全とは言えない事例をモニク・ アレン先生は挙げています。
  boy ran all the way home.
です。これは未完成な文章なのです。一応はS+Vつまり主語と動詞から成り立ってはいますが。THEを使う ことでは固有名詞や代名詞を使う必要がないのです。
次の事例を見てみましょう。
  He ran all the way home.
  Jimmy ran all the way home.
以上の2つは代名詞、固有名詞を使った事例です。
  The state is hot.
この国は暑 い。この場合、我々はどの国(または州)かは分からないが我々は特定の国または州について
話されていると理解する、ということ です。
定冠詞THEは固有名詞と一緒に組み合わされて使用されることがあります。
事例ですが、
  The boy, Jimmy, ran all the way home.
少 年、ジミーは家へずっと走った。
  The restaurant Red Lobster is my favorite place to eat.
レストラン「レッド・ロブスター」は食事をするのに私の好きな場所です。
 The state of Florida is hot.
フロ リダという州は暑い。
  Red Lobster is my favorite place to eat.
レストラン「レッド・ロブスター」は私の好きなレストランです。
この文章ではTHEは用いられな い。しかしこの文章は読み手がこのレストランに詳しいことを想像させます。
またこの文はTHEを不要とする固有名詞で始まって います。一つ前の事例と対比してみてください。THEを持つ事例のように使うこともできるのです。
【英単語】
  proper=正しい、正当な
  assume =考える
  referred=ほのめかす、言及する
  combines=混ぜる、合わせる、合併する
  favorite=好みの
  Lobster=ロブスター
  both=両方
  previous=以前の、前の
  subject=題目、主語
  following=次の、〜を受けて、

AとAn

冠詞AとANは名詞の前にお かれる。しかし特別な何かを参照していない。もしこれらの単語が名詞の前に
置かれると、その項目は主語となる。
事例を見よ う。
  An apple fell from the tree.
りんごが木から落ちた。この場合りんごは特定のりんごをさしていない。
この場合のAまたはAnはあなたが1つの 項目だけに言及しているときに使われる。
もしあなたが一匹の犬について述べているときにはONE DOGであり、ひとりの子供 について述べているときには
一人の子供を意味する。もしあなたが一個のりんごについて語っているなら貴方はAN APPLEと 表現する。

Aをどう使うか

冠詞のAはその跡に続く名詞母音から始まらない場合に使う。つまり子音ということだ。
事例を見よう。
  A rat hid in the Barn.
ネズミは、納屋に隠れた。

  A cow jumped over the moon.
牛は月のかなたに飛んだ。

  A Unicorn is good luck.
一角獣座は、幸運である。
※Uは母音のようだが子音 として始まるためAとなる。

ANの用法

母音の場合にANが使われる。
例を見てみよう。
  This is an under ground tunnel.
これが地 下のトンネルだ。

  I only have an hour to finish the test.
私は試験を終えるのにわずか一時間ですんだ。

【英単語】
  vowel =母音

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2010-05-08  
最終発行日:  
発行周期:1週間に1回  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。