時事・世論

陰陽師の時事通信

陰陽道にまつわる季節の行事や祭祀、
今日の12直と28宿。
世の中の動静についてなどを配信していきます。

全て表示する >

今こそ、拉致被害者の奪還を

2011/12/20

本日の12直と28宿。
12直とは、「建」、「除」、「満」、「平」、「定」、「執」、
「破」、「危」、「成」、「収」、「開」、「閉」の12で、
節月毎に順番に配していくもので28宿とは元々は、新月の時の月の位置を推定す
るために、1日ごとの月の位置の移動にあわせ、天周を28に分割し、
その目印の役割をさせた星のことです。

================
本日、紀元2671年辛卯 12月20日の
12直と28宿は、以下の通りです。

12直は、「納(おさん)」です。
小吉.物品購入,新築吉.婚礼,見合い凶。

28宿は、「觜(し)」です。
入学のみ吉.造作を行えば家財を失う。

日干支 己酉

主な暦注
  大明日   [だいみょうにち] 大吉日
  天恩日   [てんおんにち] 慶事に大吉日.凶事は慎むこと
  神吉日   [かみよしにち] (神よし)とも書く.神事に吉
  母倉日   [ぼそうにち] 吉日.婚姻には大吉日
  大禍日   [たいかにち] 凶日

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
今日の時事。
=今こそ、拉致被害者の奪還を=
北朝鮮の金正日総書記の死去によって、大きく北朝鮮の政局が
塗り替えられる可能性が出てきています。

そうした北朝鮮の勢力図が変動する事時に乗じて
拉致被害者救出の動きを活発化させるときが来たのであります。

ただ、最大の問題はその救出作戦を野田総理の指揮下で
出来るか否かであります。

残念ながら、私は民主党政権下では不可能に近いと
考えています。

ですが、この好機はある意味に於いて拉致被害者救出に向けた
最後の好機であると考えます。

この際、拉致問題にあっては与野党の壁を取り払い
拉致の被害者家族と国会議員そして、一億国民の
総力を結集して、被害者救出に全力で取り組むべきであろうと考えます。

この好機を逃したら、恐らく後はありません。

何があろうとこの好機の時に拉致被害者の奪還を
成し遂げなければならないのであります。

以下、産経ニュースより転載。
・・・・・・・・・・・・・・・・
「拉致、大きく動き出す可能性」松原国交副大臣が問題解決へ期待感 
2011.12.19 19:22  
 松原仁国土交通副大臣は19日午後の記者会見で、拉致問題について「大きく動き出す可能性がある」と解決へ期待感を示した。
 超党派の国会議員でつくる拉致議連事務局長を務めたこともある松原氏は、
「(金正日総書記の死去は)日本側にとっては極めて大きな変化だ」と強調。
さらに、「このタイミングで拉致問題解決へのメッセージをさまざまなレベルで考える必要がある」と述べた。


________________________________________
=12月の主な祭事予定=
12月1日 月次祭
http://onmyoukai.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-8d81.html

12月15日 月次祭
http://onmyoukai.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-8d81.html

12月23日 天皇陛下御誕辰祭・天長祭 
      天皇陛下のお誕生をお祝い申し上げ、
更なる皇室の弥栄をお祈り申し上げます。

12月31日 師走晦日大祓式
http://saishiki.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/23-96e9.html

〜お知らせ〜
当、メールマガジンご購読頂いております皆様にあっては
地震の影響などご尽力の事と思います。

余震・計画停電等の影響などで今後の
メールマガジン配信が困難になる可能性があります。

何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

陰陽道陰陽會 陰陽頭 舊事希軍

陰陽道陰陽會
埼玉県所沢市上安松557-3
? 090-9108−9982  
FAX 04-9222-7100
URL http://onmyoukai.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-109c-1.html
mel onmyonokami@yahoo.co.jp 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2010-05-07  
最終発行日:  
発行周期:毎日  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。