時事・世論

陰陽師の時事通信

陰陽道にまつわる季節の行事や祭祀、
今日の12直と28宿。
世の中の動静についてなどを配信していきます。

全て表示する >

我が国民の自虐史観

2011/02/28

本日の12直と28宿。
12直とは、「建」、「除」、「満」、「平」、「定」、「執」、
「破」、「危」、「成」、「収」、「開」、「閉」の12で、
節月毎に順番に配していくもので28宿とは元々は、新月の時の月の位置を推定す
るために、1日ごとの月の位置の移動にあわせ、天周を28に分割し、
その目印の役割をさせた星のことです。

================
本日、紀元2671年辛卯 2月28日の
12直と28宿は、以下の通りです。

12直は、「建(たつ)」です。
神仏を祀り、柱立て、棟上げ、新衣着はじめ(仕立おろし)、元服、新事業開始、婚礼、旅行、金銭の収納等は吉。
ただし、屋敷内の土を動かしたり、蔵の中から物を出したり、舟乗り始め等は凶。

28宿は、「心(しん)」です。
神仏を祭る、旅行に吉。
造作大凶。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
今日の時事。
=我が国民の自虐史観=
支那は、我が国の若い世代の人たちが
自虐史観が薄れてきたとして分析している様であります。

恐らくその最大のきっかけは尖閣支那漁船衝突事件によって
大多数の人が領土問題や国益を考える機会を得て
それまでの自虐史観から目を覚まそうとしつつあると言う事であろうと考えます。

支那の最大の失敗は、あの尖閣事件であったと言えます。

それまで国民の大多数は、支那に対する警戒心などは、殆ど持っておらず
隣国とは仲良くするべきだと言う風潮がありました。

ですが、支那漁船が尖閣で事件を起こしたことによって
支那は、強硬な態度をとってレアアースなどの
重要資源の輸出制限措置を展開するなど日本人が
考えていなかった手段に出た事によって
支那と言う国は、所謂日本の常識では通用しない
特異な国であると実感したのであります。

この事が国民の中でそれまで自虐史観によって眠むらされていた
国家と言う概念や国益と言う概念を目覚めさせる事になったのであります。

この事によって我が国は、正常化しつつあるのですが
支那にとって一番困る状況になりつつあるのであります。

今、支那は日本国民の国民感情がドウ変わっていくのか
気がかりでならなくなって来ているのではないかと考える次第です。

以下、Record Chinaより転載。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本にファシズム化の兆し=若者世代から失われた侵略戦争の罪悪感―中国人研究者
Record China  2月27日(日)14時44分配信
2011年2月24日、香港・フェニックステレビの番組「時事開講」は、日本を研究する馬挺(マー・ティン)氏を招き、日本の若者世代から侵略戦争の罪悪感が失われている問題について聞いた。25日、鳳凰網が伝えた。以下はその抄訳。
日本の反中感情は、毒ョーザ問題や中国野菜の残留農薬問題を契機に広がりつつあったところに、尖閣沖中国漁船衝突事故でもう一段階上のステージに達したと馬氏は指摘。ファシズム化の兆候だと指摘した。
政治面では前原誠司外相や枝野幸男官房長官など若手世代の政治家に対中強硬姿勢が目立つと指摘し、政治家にとどまらず日本の若者世代全般の政治的傾向を示していると分析した。
新たな世代は日本の侵略戦争に対する罪悪感を持っておらず、上の世代の罪を背負いたくない、日本は国際的に不公平な立場に置かれている、中国や米国に抑圧されていると不満をもっているという。(翻訳・編集/KT)
________________________________________

=2月の主な祭事予定=
2月1日 月次祭

2月3日 節分祭・追儺式
http://onmyoukai.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-2939.html

2月11日 紀元祭
http://onmyoukai.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-1024.html

2月15日 月次祭

2月17日 祈年祭
http://onmyoukai.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-490a.html

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2010-05-07  
最終発行日:  
発行周期:毎日  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。