資格

FP技能検定試験の出題傾向

FP技能検定試験の過去問を、関連問題や関連サイトを提示しつつ、1問ずつ解説していきます。なお、バックナンバー、最新情報等は、発行者サイトでご確認いただけます。

メルマガ情報

創刊日:2010-05-05  
最終発行日:2017-07-26  
発行周期:平日刊  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

2級(AFP)実技201605問8

2017/07/26

問8: 建物を建てる場合の建築面積の最高限度


建築基準法に従い、下記<資料>の甲土地に建物を建てる場合の建築面積の最高限度として、正しいものはどれか。なお、<資料>に記載のない条件については一切考慮しないこととする。


正解: 3


建築基準法第42条第2項の道路に面している敷地のうち、道路と道路境界線とみなされる線までの間の敷地部分(セットバック部分)は、容積率や建ぺい率の算定上、敷地面積に算入されない(建築基準法第42条第2項)。

セットバック部分: 0.5m = (4m - 前面道路の幅員: 3m) / 2

敷地面積(セットバック後): 184平米 = (12 - 0.5)m × 16m

建築面積の最高限度: 110.4平米
= 184平米 × 建ぺい率: 6/10


よって、正解は 2 となる。




この記事のurl(関連問題にアクセスできます):
http://kt01mk.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/afp2016058-c261.html



すべての記事の一覧:
http://kt01mk.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/afp201605-27ef.html



最新のコメント

  • 名無しさん2014-06-19 09:50:27

    全然ダメ。自賠責保険料の違いは、保険会社によって違いがありますか?