資格

FP技能検定試験の出題傾向

FP技能検定試験の過去問を、関連問題や関連サイトを提示しつつ、1問ずつ解説していきます。なお、バックナンバー、最新情報等は、発行者サイトでご確認いただけます。

メルマガ情報

創刊日:2010-05-05  
最終発行日:2017-11-23  
発行周期:平日刊  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

2級学科201609問題53

2017/11/23

問題53: 贈与税


贈与税に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。


正解: 2


1. 不適切。贈与税の配偶者控除の適用を受ける場合、暦年課税の適用を受けている受贈者がその年に贈与税の申告で課税価格から控除することができる金額は、所定の要件を満たすことにより、基礎控除額のほかに最高2,000万円までとなる。

2. 適切。父からの贈与に相続時精算課税制度を選択している者であっても、母からの贈与(これまでに贈与を受けたことはない)については、暦年課税の適用を受けて贈与税の申告をすることができる。

3. 不適切。父からの贈与に相続時精算課税制度を選択している者であっても、所定の要件を満たせば、父からの住宅取得資金の贈与について「直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税」との併用適用を受けることができる。

4. 不適切。父からの住宅取得資金の贈与について「直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税」の適用を受けた者であっても、所定の要件を満たせば、父からの子育て資金の贈与について「直系尊属から結婚・子育て資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税」との併用適用を受けることができる。




この記事のurl(関連問題にアクセスできます):
http://kt01mk.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/20160153-3cd6.html



すべての記事の一覧:
http://kt01mk.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/201609-3e84.html



最新のコメント