資格

FP技能検定試験の出題傾向

FP技能検定試験の過去問を、関連問題や関連サイトを提示しつつ、1問ずつ解説していきます。なお、バックナンバー、最新情報等は、発行者サイトでご確認いただけます。

メルマガ情報

創刊日:2010-05-05  
最終発行日:2019-02-22  
発行周期:平日刊  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

2級(AFP)実技201709問12

2019/02/22

問12: 生命保険の保険料の払込みが困難になった場合等


生命保険の保険契約に関する次の記述の空欄(ア)〜(エ)にあてはまる語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。


正解: 2


・払込期日までに保険料の払込みがなかった場合、払込猶予期間内に保険料を支払えば、契約を継続させることができる。

よって、(ア) は 払込猶予。

・払込猶予期間内に保険料が払い込めなかった場合でも、解約返戻金があれば自動振替貸付によって解約返戻金の範囲内で保険会社が保険料を立て替えることにより契約が継続する。

よって、(イ) は 自動振替貸付。

・払込猶予期間内に保険料の払込みがなく、自動振替貸付も利用できなかった場合、保険契約は失効する。ただし、保険会社が定める期間内に復活の手続きを取り、保険会社の承諾を得て未払いの保険料と利息を払い込めば、契約を有効に戻すことができる。

よって、(ウ) は 失効、(エ) は 復活。


以上、空欄(ア) 〜 (エ) にあてはまる語句の組み合わせとして、正しいものは 2 となる。




この記事のurl(関連問題にアクセスできます):
http://kt01mk.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/afp20170912-703.html



すべての記事の一覧:
http://kt01mk.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/afp201709-0145.html



最新のコメント

  • 名無しさん2014-06-19 09:50:27

    全然ダメ。自賠責保険料の違いは、保険会社によって違いがありますか?