経営

歯科医院経営の特効薬

歯科医院の乱立により、歯科医療の供給過多になっています。他院との差別化のためには医師、スタッフが一丸となる必要があります。 私の歯科医院コンサルティングのノウハウが皆様の経営の助けになればと思います。

メルマガ情報

創刊日:2010-04-06  
最終発行日:  
発行周期:不定期に発行  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガはサンプル記事のみ表示されています。

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

サンプル記事

2000/01/01

こんにちわ。関西を中心に歯科コンサルタントをしております。
青木と申します。

歯科医院は7万件と全国でも大変多く、競争が激化しています。
しかし最適な経営をすれば、差別化は可能です。

このメールマガジンが歯科医師の方をはじめ、衛生士の方、
スタッフの方に読んでいただき、
すばらしい歯医者さんが多くの人に指示される事を願っております。

■自己紹介
4歳の頃から大阪大学の医学部の研究室によく通っていました。
当時は建物が古く、夜中にいくとお化けがでそうなので
「ぼろぼろ病院」と言っていました。

私は父の研究室にあったコンピュータの魅力に取り付かれました。
それがプログラミングとの出会いでした。

高校でバンドにはまり、ずっと音楽に没頭しておりました。
そんな時、歩合制の派遣社員の募集を見ました。

「これでギターや機材を買うぞ!」と応募しました。
私は毎日8件契約を取る!と無茶な目標をたてて営業しておりましたが、
その甲斐もあり最初の給料は50万円でした。

営業の楽しさにはまり、いつの間にかバンドをやめていました。
給料が月100万円を越える事もありましたが長くは続きませんでした。

同じ商材を売り続けるのに飽きてしまいました。
もともとバンドの機材を買うのが目的だったので、志がなかったのでしょうか。

そんな時小さい時から好きだったプログラミングの仕事に音楽仲間から誘われ、
東京都大田区で高額納税者番付で1位の社長が経営するソフトハウスに就職しました。

入社して、技術力とコミュニケーション力を買われ、社員の教育担当に抜擢されました。
年間200人の新入社員の研修、土日の社員研修もしておりました。

そんな中、2005年の正月にベンチャー企業の取締役をしている
旧友と飲んでいたところ

「起業する」

と旧友が宣言しました。


私は面白そうだからと、仕事の合間や休日に手伝う事になりました。
彼の仕事も軌道に乗り、私も開発のリーダ業務が忙しくなり疎遠になりましたが、
2009年に彼から誘いを受け一緒に働く事になりました。

それが今の会社です。
彼は関東、私は関西を拠点として仕事をしております。
彼はITのノウハウを生かし、大手テレビ局、大手アニメプロダクションの
プロモーション、マーケティング、コンサルティングなどをしています。

昨年は経産省と大手アニメプロダクションと組んで、フランスのイベントに参加しました。

また未来を担う学生のためにも大学での講演も快くさせて頂いております。


私は小学生の時から父の開業した病院の経営を見てきたこともあり、
関西で歯科医院、整骨院、クリニック様のお手伝いをしようと一念発起しました。

私がお手伝いした医院の医師、スタッフの方がいきいきと働かれているのに
とてもやりがいを感じております。

おもいっきりの笑顔はやっぱり「きれいな歯」があってこそだと思います。

歯に携わる皆様の力で、歯の健康を守って頂き、おもいっきりの笑顔が絶えない
明るい社会を作って頂けたらと思います。

歯医者ブログ【歯科集患・増患のプロ】
http://ameblo.jp/haishablog/

最新のコメント

  • コメントはありません。