政治・経済

永井まさとの夢よこすか

facebookページ「永井まさと【夢よこすか!】」の中から政治・経済や横須賀市の地域・市政に関する記事をピックアップしてお届けします。

メルマガ情報

創刊日:2010-03-30  
最終発行日:2015-06-30  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

【永井まさとの夢よこすか】vol.28

2015/06/30

【講演会】【栄養士】栄養士も地域の支えに

横須賀地区栄養士連絡協議会総会&講演会に参加してきました。

今年で3年目となる連絡協議会。栄養士さんが地域の支えに貢献できることって
かなりあると再確認させられた時間となりました。

在宅医療、在宅介護の充実を目指す本市は、それを円滑に進めるための相互協力
関係である地域包括ケアシステム構築のため、在宅療養連携会議をコーディネー
トしています。

その構成メンバーには大きなくくりで「医療関係者」、「福祉関係者」、「市職
員」の3者が入っています。医療関係者の中には医師会、病院、歯科医師会、薬
剤師会、病院メディカルソーシャルワーカー、訪問看護ステーションが参加して
いますが、今年度から横須賀地区栄養士連絡協議会が加わることとなりました。
関係者の努力のおかげで栄養士さんたちが地域を支える道が出来つつあります。

後半は講演会。「管理栄養士・栄養士に期待すること」というテーマで関係の専
門家3人から講演を聞いた後、県立保健福祉大学学長の中村丁次先生の講演。栄
養士に対して厳しくも愛のある講演会で、その内容も最新の研究成果などにも言
及しながら非常にためになるお話が聞けました。

横須賀市地域医療推進課の職員からの講演では横須賀市の現状から説き起こして
現状に対して栄養士が出来ることについて言及。病院医療と在宅医療について、
病気を治すキュア志向の医療と寄り添うケア志向の医療とに分けての説明があり、
在宅については家で死にたいのではなく、死ぬまで家で生きたいということなん
だとする言葉を紹介していただきました。

管理栄養士、栄養士は今後ますます地域医療、地域療養において重要な役割を担っ
ていくと思われます。そこへ自ら力を注いで頑張ってくださっている横須賀地区
栄養士連絡協議会の方々に感謝の気持ちを持ちつつ、自分も出来ることをやって
いきたいと改めて感じました。

最新のコメント

  • 名無しさん2015-06-30 21:20:11

    横須賀地区の医療向上のためよろしくお願いします。