ライフプランニング

運プラス人生設計

ファイナンシャルプランナーとしてプランニングをするかたわら、人生そのものに興味
を抱き、表面化していない深層的な部分である「運命」について探求してみたくなりま
した。まだまだ勉強中ですが、この時間を共有できれば幸せです。 


全て表示する >

運の六つのパターン

2011/10/13

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
ファイナンシャルプランナーとしてプランニングをするかたわら、人生そのもの
に興味を抱き、表面化していない深層的な部分である「運命」について探求して
みたくなりました。まだまだ勉強中ですが、この時間を共有できれば幸せです。 
そして時代の流れを知り、最大限に自己を活かすための「運プラス人生設計」を
お届けします。

〜〜 目次 〜〜
  
◆ごあいさつ
◆ライフデザイン
◆運プラス人生設計

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ ごあいさつ

はじめまして、そしてこんにちは!
あっという間に10月も半ばに差しかかり、「天高く馬肥える秋」となりました。
秋といえば各地の果物が食べ頃となり、人も肥える秋となりそうです。
私の住む札幌では熊が街の民家や公園に現れ、あちこちに「熊出没!注意」の看板が
立ち、公園は立ち入り禁止となっています。いつもなら山菜取りに山へ行く季節です
がそれどころではないようです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
◆ ライフデザイン

3.11の震災から早7か月が過ぎようとしています。
現地では再出発を始めようとしている人やまだ何も手につかない人など活発な動きは
見えていません。
国の対応の遅さもさることながら、本当に辛いものがあります。

ギリシャの経済危機よるユーロ圏の国々にとっても、いろいろな問題が明るみになり
つつあり、このままでは資本主義経済も立ち行かなくなりそうですね。
だからといって、なんの解決策もないまま流されていくのが現状のような気がします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 運プラス人生設計
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
宿命をみていくと人生の縮図が現れます。


もう一度開いて、確認してみましょう。
http://oriental-secret.com/input.php

初めての方は自分の生年月日、性別をクリックしてお確かめください。



天中殺は人生の傾きを教えてくれます。

精神へ傾く人(戌亥)VS現実へ傾く人(辰巳)

家庭へ傾く人(寅卯)VS仕事へ傾く人(申酉)

未来へ傾く人(子丑)VS過去へ傾く人(午未)



人間も大きく分ければ、6パターンになるということになります。

VSになるお互いは運を止めあう間柄になります。
運を止めるということは、落ちている運を止めてくれる相手であり、
逆に上昇している運も止めてしまうことになります。


自分が今は上昇しているのであれば、なるべく止め合う相手とは、
親交を持たないほうが良いといえるし、落ちているのであれば、
止めてもらった方が良いことになります。


不思議なもので、運の良い時付き合っていた人とは運が落ちてくると
自然と距離ができるものです。そんな時戌亥天中殺の相手はがありがたい
でしょう。


その時その時で微妙に人間関係は移り変わるものかもしれません。


変わらない関係では家族があります。
家族の関係は変われないがゆえに微妙なむずかしさがあります。
子供の場合は、家系の流れにそって登場してくるので、それはそれで
運命的ともいえます。

どちらへ傾く人なのかを見て子育ての傾向を掴むのもよいことです。


もし子丑天中殺の子であれば、過保護は禁物です。

寅卯天中殺の子であれば、母や友達との縁は薄くなります。

申酉天中殺の子であれば、家でじっとしていることは苦手でしょう。

午未天中殺の子であれば、祖父母との接触を持つと良いでしょう。

辰巳天中殺の子であれば、はみ出し子になるのは止めようがありません。

戌亥天中殺の子であれば、心で会話をするようにしましょう。



さて、貴方は、また、子供はどの天中殺でしょうか。

来年の2月までは寅卯天中殺がまわっています。
10月11月は戌亥天中殺のまわる月です。


次回は自分の天中殺が回ると、、、


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2010-03-27  
最終発行日:  
発行周期:週1回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。