トップ > 健康 > 健康・家庭の医学 > BodyFirst フィットネス情報!

「健康のプロフェッショナル」の知識とスキルを、健康なカラダ、スポーツの上達を目指しているすべての皆様への橋渡しをお手伝いいたします。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



【BodyFirst スポーツアロマ情報】

発行日:3/5

皆さんおはようございます。BODYFIRST関口です。

今朝の東京は昨晩から続いての雨。このところ雨の日が多いので一時期の乾燥に悩まされていた時期よりは、肌やノドによっては快適ですね。そして花粉症をもっている人にとっても少し嬉しい雨ではないでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【花粉症にもアロマ?】

先週あたりから私を含め、今季の花粉症が始まったかなという人が増えてきています。花粉症対策は、投薬、マスク、鼻栓(!)やヨーグルト、鍼などなど加えてアロマを使って鼻のとおりを良くするという方法もあるようです。

アロマの使い方はリラクゼーション効果などがもっともポピュラーですが、そのアロマとスポーツマッサージや簡単なエクササイズを組み合わせて施術、処方しているのがBODYFIRSTの井泉有香子トレーナーです。

アロマというどちらかというと静的イメージの強いものと、エクササイズという動的なものを組み合わせることで、運動後のリラックス効果がより向上し花粉症対策としての効果も期待でき、さらに運動不足、ストレス解消も一気に出来てしまいそうですね。

井泉トレーナーは恵比寿にあるとても素敵なプライベートサロンにて指導や施術を行っていまいますので、興味がある方はぜひスポーツアロマを試してみてください。

【井泉有香子トレーナーのページ】
http://www.bodyfirst.jp/

それでは皆さん、今週も頑張っていきましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/05/29
    読者数:
    24275人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  2. 記事・歴史から考える企業戦略

    最終発行日:
    2014/10/20
    読者数:
    60人

    ニュース記事に対するコメントや歴史などの名言・格言の紹介をしていきたいと思っています。また、故事やその他のビジネス情報、広告を掲載していきたいと思います。

  3. 5分で鍛える英会話GYM 【トロント直送のネイティブ英語】

    最終発行日:
    2017/05/25
    読者数:
    122人

    二十歳以降の外国語学習はスポーツと同じ。日々の地道なトレーニングが欠かせません。TOEICは良くてもスピーキングが不安、電話会議が怖い、留学先で英語が通じず愕然・・・。そんなあなたに、ネイティブが実際に使う口語表現をカナダ・トロントからお届けします。目指すは「通じる英語」「英語らしい英語」!

  4. 先端技術に投資しよう

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    68人

    新しい技術や産業が未来を創る。ところが日本は、新しいことへの障壁が多い。歴史に学び、リスクを取って新しい産業を育てる。それらが普及するための課題を示す。

  5. 人間ドック普及通信

    最終発行日:
    2014/04/29
    読者数:
    20人

    インターネットの利用が急速に加速している現在、 あらゆる業種でインターネットが使われています。 そこで、社会貢献にもつながる「健康診断人間ドック」の 普及活動もインターネットを十分に活用した メールマガジン「人間ドック普及通信」として、 皆様にお知らせいていくつもりです。

発行者プロフィール

過去の発行記事