語学

英語の諺・名言

諺、格言の類には、国を問わず、表現は違っても、よく似た考え方が底流に流れているものが多くあります。また、多くの偉人が多くの名言を残しています。そういった諺や名言を集めてみました。それらの言葉をかみしめてもらい、それぞれの人生において、何かを考えるきっかけにしていただければ大変うれしく思います。

全て表示する >

英語の諺・名言 No. 412

2019/04/09

===== ☆ ============================================== ☆ No. 412 ===
     ☆☆                << 英語の諺・名言 >>
    ☆★☆             -- なにかが見えてくる --
   ☆★★☆                   by Mat
= ☆☆☆☆☆ ======================================== 2019/04/09 ☆ ==

諺、格言の類には、国を問わず、表現は違っても、よく似た考え方が底流に流
れているものが多くあります。また、多くの偉人が多くの名言を残しています。
そういった諺や名言を集めてみました。それらの言葉をかみしめてもらい、そ
れぞれの人生において、何かを考えるきっかけにしていただければ大変うれし
く思います。

****************
**  ことわざ  ** (ことわざは二巡目です)
****************

You can't have your cake and eat it (too).
(ケーキを残しておくことと食べることは同時にできない)
「一得(いっとく)一失(いっしつ) / 一利あれば一害あり」

<その他の類似表現>
You can't eat your cake and have it (too). 
You cannot sell the cow and drink the milk. 
Get one and lose another. 

<おじさんの一言>
ケーキを残しておこうと思えば、食べることはできない。食べてしまえば、残
しておくことができない。牛を売ってしまえば、その乳を飲むことができない。
これらはすべて当然である。自分に都合の良いように二つとも享受しようなん
て虫がよすぎる。それは無理な話だ。一つを享受したければ、一つは諦めるし
かない。欲を張りすぎると、二つとも逃してしまうことにもなりかねない。貪
欲は禁物である。ところで、"If you run after two hares, you will catch 
neither." 「二兎を追うものは一兎をも得ず」というのがあるが、これは話が
別だ(英語の諺・名言 No. 83 参照)。二兎を捕まえることは、ケーキや乳の
例と違って、難しいが不可能なことではない。だから、困難にひるまず果敢に
チャレンジして、しっかり二兎を手にしてほしいと思う。

**************
**  名 言  **
**************

A sorrow shared is half a sorrow, a joy shared is twice a joy.
-- Author Unknown

悲しみは人と分かち合えば半分になり、喜びは人と分かち合えば倍になる。

<おじさんの一言>
悲しいことは誰にでもあります。でも、それを自分ひとりで背負い込まないこ
とです。荷物でも自分ひとりで背負えば重いですね。それに、その荷物を背負
って歩き続ければ、ますます重くなります。もちろん荷物そのものの重さは変
わりませんが、時間の経過とともに、その重みがさらに重くのしかかってきま
す。それでは、その同じ荷物を二人で持てばどうでしょう。三人で持てばどう
でしょう。軽くなるのではないでしょうか。悲しみも同じです。一人で背負い
込めば大きな悲しみも、人に話して二人で分かち合えば、和らいで小さくなる
のではないでしょうか。三人で分かち合えば、さらに小さくなるのではないで
しょうか。ですから、一人で背負い込まないことです。それでは、喜びはどう
でしょう。例えば、人が何か喜んでいるのを見ると、どういうわけかこちらも
嬉しくなりますね。同じように、こちらの喜んでいる姿を見ると、人は嬉しく
なるものです。自然と喜びをお裾分けしているようなものです。一人、二人、
三人と、どんどん喜びのお裾分けをしていけば、人の喜ぶ顔を見て、こちらの
元々の喜びも二倍にも三倍にも膨らんで大きくなっていくものです。とにかく、
悲しみも喜びも自分一人のもにせず、どんどん人と分かち合うようにする方が
良いということですね。

======================================================================
ご意見/ご感想: 下記ホームページからお願いします
ホームページ : http://tnkmatmt.webcrow.jp/
        バックナンバーはホームページでご覧いただけます
======================================================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2010-02-24  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。