語学

英語の諺・名言

諺、格言の類には、国を問わず、表現は違っても、よく似た考え方が底流に流れているものが多くあります。また、多くの偉人が多くの名言を残しています。そういった諺や名言を集めてみました。それらの言葉をかみしめてもらい、それぞれの人生において、何かを考えるきっかけにしていただければ大変うれしく思います。

全て表示する >

英語の諺・名言 No. 404

2018/11/19

===== ☆ ============================================== ☆ No. 404 ===
     ☆☆                << 英語の諺・名言 >>
    ☆★☆             -- なにかが見えてくる --
   ☆★★☆                   by Mat
= ☆☆☆☆☆ ======================================== 2018/11/19 ☆ ==

諺、格言の類には、国を問わず、表現は違っても、よく似た考え方が底流に流
れているものが多くあります。また、多くの偉人が多くの名言を残しています。
そういった諺や名言を集めてみました。それらの言葉をかみしめてもらい、そ
れぞれの人生において、何かを考えるきっかけにしていただければ大変うれし
く思います。

****************
**  ことわざ  ** (ことわざは二巡目です)
****************

Make hay while the sun shines.
(日が照っている間に干し草を作りなさい)
「思い立ったが吉日 / 善は急げ(、悪は延べよ) / 鉄は熱いうちに打て /
 好機逸すべからず」

<その他の類似表現>
Strike while the iron is hot. 
Strike the iron while it is hot. 
Don't put off till tomorrow what you can do today. 
Never defer till tomorrow what you can do today. 
What you have to do, do without delay. 
Make no delay in doing what's good. 
There is no time like the present. 
It is always time to do good. 
Better early than late. 
(It's) now or never.

<おじさんの一言>
思った時にすぐ行動に移すのが一番だ。気持ちが高まっているうちに動かない
と、だんだんと気持ちが後退し、もうどうでもよくなってくる。そうなると、
もう事を成すことができない。あの時の熱意がただの一時の気まぐれに終わっ
てしまう。おじさんも今まで幾度となく、慎重になりすぎて決断が遅れ、好機
を逃してしまった経験がある。今になって思えば、「あの時ああしておけばよ
かった、こうしておけばよかった」と後悔しきりである。日が陰ると、干し草
は作れない。温度が下がると、鉄は成形できない。物事には好機というものが
ある。思った時がその時である。その時を逃すと、一生できないかもしれない。
思った時が好機であることを忘れないでほしい。

**************
**  名 言  **
**************

Make your opponents respect your will to win.
-- Curtis Borchardt

勝とうというこちらの強い意志に対して相手に敬意を払わせるようにしなさい。

<おじさんの一言>
勝つためには、まずこちらが絶対に勝つんだという強い意志を持つことです。
そして、その意志が相手に伝わるほどの強いものであれば、自然と相手はその
意志に敬意を払うようになるものです。それが勝利につながるのです。カーテ
ィス・ボーチャードはアメリカのプロバスケットボール選手ですが、これはス
ポーツに限ったことではありません。人生のどんな場面においても、絶対成し
遂げるんだという強い意志を持った姿勢で当たれば、きっと人生そのものがあ
なたのその姿勢に敬意を払うようになると思います。そのようにして人は事を
成し遂げることができるのだと思います。必要なのは、成し遂げるのだという
強い意志なのです。

======================================================================
ご意見/ご感想: 下記ホームページからお願いします
ホームページ : http://tnkmatmt.webcrow.jp/
        http://tnkmatmt.html.xdomain.jp/
        バックナンバーはホームページでご覧いただけます。
======================================================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2010-02-24  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。