語学

英語の諺・名言

諺、格言の類には、国を問わず、表現は違っても、よく似た考え方が底流に流れているものが多くあります。また、多くの偉人が多くの名言を残しています。そういった諺や名言を集めてみました。それらの言葉をかみしめてもらい、それぞれの人生において、何かを考えるきっかけにしていただければ大変うれしく思います。

全て表示する >

英語の諺・名言 No. 386

2018/05/16

===== ☆ ============================================== ☆ No. 386 ===
     ☆☆                << 英語の諺・名言 >>
    ☆★☆             -- なにかが見えてくる --
   ☆★★☆                   by Mat
= ☆☆☆☆☆ ======================================== 2018/05/16 ☆ ==

諺、格言の類には、国を問わず、表現は違っても、よく似た考え方が底流に流
れているものが多くあります。また、多くの偉人が多くの名言を残しています。
そういった諺や名言を集めてみました。それらの言葉をかみしめてもらい、そ
れぞれの人生において、何かを考えるきっかけにしていただければ大変うれし
く思います。

****************
**  ことわざ  ** (ことわざは二巡目です)
****************

Right is right, even if everyone is against it; and wrong is wrong, 
even if everyone is for it.
-- William Penn

皆が反対しても、正しいことは正しい。皆が賛成しても、間違っていることは
間違っている。

<おじさんの一言>
周りの者が何と言おうと、自分の意見をしっかり持つことは大切だ。周りに流
されず自分をしっかり持とう。自分をしっかり持っていれば、周りが何と言お
うと揺れることはない。世論というのは社会の一人ひとりの意見が集まったも
のというより、声の大きな人が世論を作るというように、ほんの一部の大きな
声の人の意見にその他大勢(おおぜい)が深い考えもなしに、流されるように
追随したものにすぎないことが多い。それなら、世論を世論と呼ぶ理由もなく、
それを正しいとする根拠もない。だから、自分の意見に自信を持ってしっかり
と主張すべきである。大勢(たいせい)が何と言おうと、誰が何と言おうと、
自分が正しいと思うことは正しいと、間違っていると思うことは間違っている
と、はっきり、しっかり主張しよう。その意見が世論を覆し、世界をリードす
ることになるかもしれない。自分の考えるところをしっかりと主張しておれば、
たとえそれが少数派であろうと、分かっている人は分かっている。人を超えた
存在も天からしっかりと見ている。正しいことは正しいと、間違っていること
は間違っていると、必ず天命が下る。それを忘れないでほしい。

**************
**  名 言  **
**************

One man practicing sportsmanship is far better than fifty preaching 
it.
-- Knute Rockne

スポーツマンシップを説く人が50人いるよりも、それを実践する人が一人でも
いる方がずっといい。

<おじさんの一言>
大切な事を説いて広めることはとても大切で、必要なことです。しかし、その
人が口先だけで、行動が伴わなければどうでしょう。人はついて来るでしょう
か。そういう人が50人いようと、100人いようと、人はついて来ないでしょう。
それよりも、誠実にそれを行動に移す人がたとえ1人でもいれば、その方がず
っと人はついて来ます。人には四つのタイプがあるようです。不言実行、有言
実行、不言不実行、有言不実行の四つです。最後の有言不実行タイプは論外。
口先だけの大ほら吹きは誰からも信用されません。三つ目の不言不実行タイプ
は物事に無関心で、自分には関係がないとして、何も言わず、何もしません。
こういう人には何も任せられません。一つ目の不言実行タイプと二つ目の有言
実行タイプが望ましいのですが、おじさんとしては、宣言して目立つようなこ
とはせず、一つ目のタイプのように、ただ黙って黙々と成すべき事を実行に移
していくタイプの方が好きです。

======================================================================
ご意見/ご感想: 下記ホームページからお願いします
ホームページ : http://tnkmatmt.webcrow.jp/
        http://tnkmatmt.html.xdomain.jp/
        バックナンバーはホームページでご覧いただけます。
======================================================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2010-02-24  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。