語学

英語の諺・名言

諺、格言の類には、国を問わず、表現は違っても、よく似た考え方が底流に流れているものが多くあります。また、多くの偉人が多くの名言を残しています。そういった諺や名言を集めてみました。それらの言葉をかみしめてもらい、それぞれの人生において、何かを考えるきっかけにしていただければ大変うれしく思います。

全て表示する >

英語の諺・名言 No. 370

2018/01/17

===== ☆ ============================================== ☆ No. 370 ===
     ☆☆                << 英語の諺・名言 >>
    ☆★☆             -- なにかが見えてくる --
   ☆★★☆                   by Mat
= ☆☆☆☆☆ ======================================== 2018/01/17 ☆ ==

諺、格言の類には、国を問わず、表現は違っても、よく似た考え方が底流に流
れているものが多くあります。また、多くの偉人が多くの名言を残しています。
そういった諺や名言を集めてみました。それらの言葉をかみしめてもらい、そ
れぞれの人生において、何かを考えるきっかけにしていただければ大変うれし
く思います。

****************
**  ことわざ  ** (ことわざは二巡目です)
****************

A baited cat may grow as fierce as a lion.
(いじめられた猫はライオンぐらい獰猛になる)
「窮鼠(きゅうそ)かえって猫を噛む」

<その他の類似表現>
A stag at bay is a dangerous foe.

<おじさんの一言>
追い詰められると何をするか分からない。人間にはそういうところがある。人
間は弱い生き物である。精神的に弱い生き物である。だから、何か問題にぶつ
かると、落ち込み、悩み、助けを求めて何かにすがろうとする。そこで、すが
るものがなければ、追い詰められ、自暴自棄になり、何をしでかすか分からな
くなる。強くなればいいのだが、容易なことではない。それなら、たとえ強く
なれなくても、すがることができるものを持っていればいい。それは何であっ
てもいい。自分が信じているものでいい。おじさんは、科学では説明できない、
人間の力を超えた、何か漠然としたものの存在を信じている。だから、苦境に
ある時、おてんとさまが見てくださっている、見守ってくださっている、と思
うのである。それだけでちょっぴり安心するから不思議だ。

**************
**  名 言  **
**************

Spoon feeding in the long run teaches us nothing but the shape of the 
spoon.
-- E.M. Forster

スプーンで口まで食べ物を運んでもらうと、結局はスプーンの形が分かるだけ
で何も身につかない。


<おじさんの一言>
スプーンで食べ物を口まで運んでもらって食べさせてもらうように、自分で何
もせず、人に何でもしてもらうようなことをしていると、結局自分で何かを学
ぶということはありません。何かを学ぶというのは自分が主体にならないとだ
めです。自分が主体になって考え、行動し、失敗したり、成功したりしながら、
人は学ぶのです。人に手取り足取りしてもらっている限り、残念ながら何も身
につきません。スプーンは自分で持たなければならないのです。例えば、人の
車に乗せてもらって、いろんな所に連れて行ってもらえば楽でしょうが、一体
どこを走っているのか、道を覚えることはありません。しかし、自分で運転し
て、道を間違ったりしながらいろんな所に行くと、自然と道を覚えるものです。
ただし、自分で運転していても、ナビに頼っている限り、スプーンで食べさせ
てもらっているのと同じで、道を覚えることはないでしょう。食べ物を口まで
運んでもらうのは、赤ちゃんのときだけでいいのです。

======================================================================
ご意見/ご感想: 下記ホームページからお願いします
ホームページ : http://tnkmatmt.html.xdomain.jp/
        バックナンバーはホームページでご覧いただけます。
======================================================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2010-02-24  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。