語学

英語の諺・名言

諺、格言の類には、国を問わず、表現は違っても、よく似た考え方が底流に流れているものが多くあります。また、多くの偉人が多くの名言を残しています。そういった諺や名言を集めてみました。それらの言葉をかみしめてもらい、それぞれの人生において、何かを考えるきっかけにしていただければ大変うれしく思います。

全て表示する >

英語の諺・名言 No. 357

2017/10/04

===== ☆ ============================================== ☆ No. 357 ===
     ☆☆                << 英語の諺・名言 >>
    ☆★☆             -- なにかが見えてくる --
   ☆★★☆                   by Mat
= ☆☆☆☆☆ ======================================== 2017/10/04 ☆ ==

諺、格言の類には、国を問わず、表現は違っても、よく似た考え方が底流に流
れているものが多くあります。また、多くの偉人が多くの名言を残しています。
そういった諺や名言を集めてみました。それらの言葉をかみしめてもらい、そ
れぞれの人生において、何かを考えるきっかけにしていただければ大変うれし
く思います。

****************
**  ことわざ  ** (ことわざは二巡目です)
****************

Make good flour and you need no trumpet.
(良い粉を作れば、ラッパを吹いて宣伝する必要がない)
「桃李(とうり)もの言わざれども下(した)自(おの)ずから蹊(けい)を成す /
 声なくして人を呼ぶ」

<その他の類似表現>
Good coral needs no coloring. 
Fair faces need no paint. 

<おじさんの一言>
いいぞ、いいぞ、と口で言うだけで、実質が伴わなければ、初めのうちはその
言葉に釣られる人もいるかもしれないが、すぐに言葉のメッキが剥がれてしま
い、次第に人が離れていってしまう。本当にいいもので、中身がしっかりとし
ておれば、わざわざ口で言いふらさなくても、誰もがその良さに気づき、自然
と人が集まってくるものだ。そういう人間におじさんはなりたいと常々思って
いる。「男は黙ってサッポロビール」少々古いが、三船敏郎がテレビコマーシ
ャルで言うこの台詞がおじさんはたまらなく好きだ。不言実行。口でとやかく
言わずに、黙って実(じつ)を示せ。そうすれば、わざわざ口で宣伝しなくて
も、その価値は世に知れ渡る。その評判は自然と世間に広まっていく。そう言
えば、派手な宣伝の多くはあまり質の良くない特売品ばかりではないか。

**************
**  名 言  **
**************

Courage is not the absence of fear, but rather the judgment that 
something else is more important than fear.
-- Ambrose Redmoon

勇気というのは、恐怖心を持たないことから生まれるものではなく、むしろ
それを超える何かがあると判断することから生まれるものだ。

<おじさんの一言>
恐怖心というのは誰にでもあるものだ。普段と違うことをするとなると、その
結果どうなるだろうと不安になる。恐怖心というのは危険なものに対するもの
ばかりではない。不安というのも先の見えないものに対する恐怖心だ。勇気と
いうのも危険なことに果敢に挑むことばかりではない。普段と違うことに果敢
に挑むことも立派な勇気である。いつもと違うことに勇気を持って挑めるのは、
不安に思う気持ち以上に、変化に対する期待が大きいからだろう。いつも通り
のことを続けるだけでは、安定はある程度は確保できるが、進歩がない。安定
した進歩が理想だが、そのためには思い切って、勇気を持って、いつもと違う
ことに挑まなければならない。その結果、安定した進歩につながるか、今ある
安定さえも失うことになるか、大いに不安になる。しかし、その不安な気持ち
以上に、将来の変化、進歩を求める気持ちが大きいからこそ、いつもと違うこ
とに挑む勇気が湧いてくるのだろう。そういう勇気を忘れず毎日を過ごしたい
ものだ。

======================================================================
ご意見/ご感想: 下記ホームページからお願いします
ホームページ : http://tnkmatmt.html.xdomain.jp/
        バックナンバーはホームページでご覧いただけます。
======================================================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2010-02-24  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。