トップ > 学校・教育 > 受験 > Professional-Teacher 大学受験突破塾 合格鉄則編

Professional-Teacher 大学受験突破塾 合格鉄則編

RSS

絶対合格したい受験生に贈る合格のための本気なメルマガ!科目の勉強を必死にやっていても、なかなか成績が上がらない・・。そんな人は多い。成績が上がるための鉄則を、分かりやすくお伝えします。



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


最新の記事リスト

  1. このメルマガは最新記事のみ表示されています

メルマガ情報

最終発行日:
2016-10-01
発行部数:
25
総発行部数:
2492
創刊日:
2010-02-12
発行周期:
週1
Score!:
-点

Professional-Teacher 大学受験突破塾 合格鉄則編

発行日: 10/01

=ご挨拶=

こんにちは。Professional-Teacherです。

今日から10月ですね。
受験生のみなさん。対策はどうですか?

10月というのは、実は勝負の分かれ目の時期。
受験は、やはり、時間が限れた勝負ですからね。

受験までに、時間も、そしてやれることも、実は限られている。

その中で、合格までの最短航路を歩んでいるか否かが、
合否に直接響いてくる時期になってきています。

残り4ヶ月。
ここからが、ある意味本当の勝負です。

これまでやってきた人は、「最後の詰め」を仕上げるとき。

Pro-T生なら、Planがあると思います。

でも、ここから大切となってくるのは、これまで積み重ねて来た人にとって
長期Planの通りには絶対にいかないという事。

「11月・12月の模試を元に、最後に自分にとって志望大学に足りないものは
 何か?」

もちろん、それに合わせて参考書も対策も変えていく事が必要になります。

弱点発見のために受ける「模試」で出てきた「自分の課題」にしっかりと向き合い
クリアすることが重要となってきます。

この部分の攻略には、こういったやり方で何をどこまでやればいい。

決して最後の最後まで気を抜くことは出来ません。


一方、これまでやってこなかった人は、残り4ヶ月で最短距離を進む事は必須。

勝負は、最後の最後まで分かりません。絶対に。

「自分を信じられた人」のみが合格する。

頑張っていきましょう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜index〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★今回のテーマ=「10月からが本当の勝負」
□今日のポイント
●編集後記
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今日は、毎年Professional-Teacherが見ていて思う、この時期の重要事項を
お伝えしたいと思います。

合否が分かれるポイントに関しては、「鉄則」などにも、その多くを載せていますが、
この時期にも、合否が分かれる重要ポイントが実はある。


一年を通して、重要な分かれ道というのが3つあるんですが、その1つになります。

10月。自分が合格できるかどうかの分かれ道で、最後の分かれ道になります。


この10月という時期は、夏休みも終わり、夏休みをしっかりやってきた人は、
少しずつ成績が出てくる時期でもあります。

もちろん、人によって、成績が出てくる時期は異なるので一概には言えないのですが、
遅かれ早かれ、少しずつ目に見える形で出てくる時期なのは確かです。

会員の人も、自分で「やっている」と思うのであれば、焦る必要はありません。
きちんと成績は遅れてついてきます。


その上で、この10月に分かれ道となるポイントは、ずばり「これからのつめ方」。
これを知っていて進めていけるかどうかという事になります。

コレは、本当に大きなわかれ道になる可能性があります。


この10月という時期までは、やるべきことが多かったこともあり、とりあえず
この分野から・・というような感じでも、やってこれた。

とりあえず、無駄はあったけれど、勉強にはなっていたんです。

しかし、これからは違います。


時間が限られてきている中で、合格のために、足りない所を絶対に埋めることが
求められる。

もう回り道をしている暇はないんです。



「今、合格のために、自分に足りないのは何か?」

そして、

「無駄なくそれを克服するために、何をすべきか?」


つまり、今までいろいろやってきたモノと志望大学が要求する内容を比較し、
足りない所をしっかりと埋めることが必須となってくる。

もちろん、時間がないから、失敗は許されません。取り返しがつかないからです。


何が足りないのか?を知らなければならないし、もちろん、どうすれば
それができるのか?も求められています。

時間がないので、失敗することは決してできません。


「つめ」

これが要求されてくるこれからの時期。

しっかりと合格までに足りないことを補うという事が求められていきます。

受験は一度しかありません。
それである意味、その先の人生は決まる。
必要な事は、全力で取り組み、がんばって行くことが求められています。

君の「今」は、あとどのくらい志望大学へ足りないですか?
しっかりと自分があと何が足りないのか?

限られた時間の中で、しっかりと結果に結びつけるためには、やるべき事を
しっかりとあぶり出し、優先順位をつけて取り組んでいく。

それが絶対に必要です。

11月・12月では、模試を中心にして考えていく。

これまでの模試は当てにはなりません。

なぜなら、土台を終わっていない人にとっての模試は弱点だらけであるのは当たり前。

つまり、意味はないのです。

でも、あなたが土台が一通り終えたのであれば、模試で弱点を発見して個別に対応して

詰めていく。

それが合否を分けます。

勝負は、終わってみないと絶対にわかりません。

しっかりと1ヶ月1ヶ月を分析し進んでいきましょう。


もちろん、まだ土台をやりきれていない事がある人は、最後の最後まで伸びる人。

模試を受けるよりも前に土台を先に完成させることが重要です。

自分を信じ、最後まで挑戦していくこと。

GOOD LUCK!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
●編集後記

受験という戦いは、ヤルベキコトをやれば合格する。
そういう戦いでもあります。

ある意味、やるべきことが決まっている以上、それを知り、やりさえすれば合格。

もちろん、そのために試される壁はいくつかありますが、しっかりとやれば
誰でも合格できる戦いです。


アンフェアであるとするならば、やはりそのやり方というのが教えられていない点。

知っていれば、同じ努力でも100の効果を得られるものが、知らないばかりに1しか得られない。
このくらい違うんです。

知らないでやっていくことは、つまり、何も知らずに地雷原を歩けといわれている
ようなもの。

落とし穴も、行ってはいけない道も、多数あるのに、知らないで歩いていく。


「努力で入れる。」

時間が限られている勝負では、それだけでは絶対に無理なんです。

そうそう。よく言われる言葉があるんです。

明日が試験だという大学生。

範囲は教科書一冊から。(大学になるとよくある試験の形式なんですよ)

そんな時、実は大学の特徴も絡んで学生のやり方が分かれるんです。

「1人目は、分厚い教科書を目次から読んでいく。そして、徹夜してでも、すべて
 読んでくる。そして完璧な点数を取る。そういう人。

 2人目は、どこが出題されるのか?重要なのか?をいち早く知り、そして、
 そこだけを集中的にやってくる。

 これは、どちらも点数は取ることができます。
 でも、2人目は要領がいいということができるだろう。

 一方、3人目は、目次から読んでいき、途中で挫折する。
 結果として、一番重要な所をやれてなくて、点数が悪い。 」


あなたは、どのタイプになりますか?

受験は、1人目と2人目は通ることが可能ですが、3人目は難しい。
良くても、努力を最大限にして、中堅以下の大学が精一杯になります。

これは、現実的なお話。

何事もそうですが、やるべきツボというのがあり、やり方というのがあります。
それを手探りでやっていれば、当然回り道をするのは言うまでもない。

3人目にならないようにしてくださいね。

「努力は、報われます。ただし、正しいやり方でやっていれば・・です」


そりゃそうですよね。

掃除機の正しい使い方を知らない人が、掃除機できれいにするという「結果」を得られるはずは
ありませんから・・・。

簡単な事なんです。

でも、あなたは、きちんと正しい方法で取り組めていますか・・?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
=Professional−Teacherとは?=
大学受験指導歴20年以上の実績を持つ大学受験の専門家。
人気プロ家庭教師として約10年の個別指導後、「Professional-Teacher大学受験突破塾」を創業。
「朝日新聞社」がオススメする専門家Web「マイベストプロ」、「Yahoo!知恵袋」専門家等に選出。
「JIJICO専門家サイト」への執筆の他、ラジオ出演や各高校による「大学受験進学講演」実績多数。

=Professional−Teacher大学受験突破塾とは?=
最短航路で志望校へ到達するための「1人1人の個別合格プラン」を元に、「合格するための重要知識」
「日々取り組む内容の指導/質問・相談フォロー」等、毎日を徹底して個別サポートしていくフォロー型の塾。
やる気のある人が「志望大学に合格するために何をやれば良いのか?」を徹底指導。全国入塾可能。

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するはてなブックマークに追加del.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録/解除

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. 勝ち神からの手紙

    最終発行日:
    2016/12/05
    読者数:
    347人

    日本人として大切な文化・しきたり・習慣など、本来の意味を伝えます。日本が誇る伝統は日本人が最も大切にしなければなりません。

  2. ピアノ!ピアノ!ピアノ!

    最終発行日:
    2016/12/09
    読者数:
    34人

    ピアニスト細川夏子がピアノにまつわるお話をいろいろ書いて行きます。演奏法やレッスンの話そして、ピアノの練習など。ピアノ愛好家、ピアノレスナー向け。

  3. 秋吉沙起の手相占いちょこっと一言

    最終発行日:
    2016/11/15
    読者数:
    37人

    手相占いを始めて15年、 ちょこっと一言、手相で気になるコメントを聞いてね

  4. ポイントサイトマガジン

    最終発行日:
    2016/12/03
    読者数:
    38人

    大不況のオアシスともいうべきポイントサイトを現在利用している方、これから利用しようという方に最新の情報とちょっとした利用のこつをお届け。

  5. moqmoq/オカザキエミ ライブスケジュール

    最終発行日:
    2016/10/31
    読者数:
    51人

    うたとウクレレ、ときどきカリンバ オカザキエミのライブスケジュールなど。

発行者プロフィール

Professional-Teacher

Professional-Teacher

http://www.professional-teacher.com/

宮城県生まれ。大学在学時代より、プロ家庭教師として10年以上指導し、個人でプロ家庭教師として人気を博し、中学生から大学受験生まで全科目教えられる家庭教師として活躍する。2006年12月、より多くの受験生を助けたいという願いから、「Professional- Teacher」を創立。大学受験の指導実績としては、早稲田大学への合格がもっとも多く、ついで慶応大学・東京大学など。そのやり方は徹底して、個別指導の方針と質にこだわっている。