インターネットビジネス

バラ色の人生 インターネットで生計を立てる

これからはリアルビジネスにオンラインビジネスの手法を取り入れることが成功のカギになります。オンラインビジネスの手法はリアルビジネスにも通用します。オンラインビジネスで起業される方、リアルビジネスを大きくしたい方にも役立つビジネスの手法をお届けします。

全て表示する >

【Office Brain オフィシャルマガジン】 ヴァイラルマーケティングの効果的な使い方とは

2010/02/25

こんにちわ 笹城です

今日は、最近流行の「ヴァイラルマーケティング」についてです。


ヴァイラルマーケティングってご存じですか?

ブログ作ったり、メルマガ発行したり 自分ひとりだけの努力だと限りがあり
ます。

そこで、ヴァイラルマーケティングの登場です!
ご存じないという方に簡単に説明しておきますと、商品やサービス、メッセー
ジ、アイディア、宣伝広告をウィルスのように人から人へと口コミ的に広めて
いこうというのがヴァイラルマーケティングです。

つまり、自分が宣伝するのではなく見込み客やお得意自身に肩代わりして宣
伝して頂こうと言う誠に身勝手(^^;)ながらとても効果のあるマーケティ
ング手法です。

このヴァイラルマーケティングには、1次的ヴァイラルと2次的ヴァイラルがあ
ります。

1次的ヴァイラル
 サービスやツール自体にユーザーを巻き込む構造ができているもの。
2次的ヴァイラル
 ユーザーを巻き込む必要がなく紹介プレゼントや割引クーポンなどの         
 インセンティブで紹介活動を誘発するもの

1次的ヴァイラルの代表的な事例としては、招待制のSNSがあります。この
他にも、HotMailを代表とするフリーメールサービスや年賀状、クリスマスカ
ード作成サービスなどが1次的ヴァイラルと言われています。

今現在、ネット上ではソフトウェアやイーブック、レポート、テンプレート素
材などに販売権や無料配布権を付けて提供するという手法が盛んに行われてい
ます。

これら販売権や無料配布権を付けて無料で提供するのは、ヴァイラルマーケテ
ィングによって宣伝広告費を掛けずに集客し、バックエンドセールスへと繋げ
る事が主な目的です。


ヴァイラルマーケティングを駆使すれば、あなたの商品やサービス、宣伝告知
だけではなく、アイディアやメッセージ、伝えたいことを人から人へと伝染さ
せることができ、知名度アップと効果的な集客が可能となります。

因みに、「ヴァイラルマーケティングは知ってます。・・・でも、なかなかう
まく機能させる事ができません!」と言われる方!

何故機能しないのでしょうか?

主な理由としては・・・
 1.複雑な構造になっている!
 2.プロセスがスムーズでない!
 3.インセンティブが弱い!

などが挙げられます。

ヴァイラルツールが複雑な構造になっていたりプロセスに無理があったりする
とヴァイラルマーケティングはたくさんの人に拡散する前にストップしてしまい
ます。

ヴァイラルマーケティングを軌道に乗せるには、その工程をよりスムーズで簡
単なものにする必要があります。

理想は1次的ヴァイラルの構造で、ソーシャルコミュニティやHotMailのように、
ツールやサービス自体にユーザーを自然に巻き込む仕組みが組み込まれてい
ることです。

2次的ヴァイラルではユーザーを巻き込む構造ができていないため、紹介キャ
ンペーンなどでプレゼントやクーポンなどを提供するというインセンティブが
必要になります。

このインセンティブが弱いとユーザーを行動へと促すことが難しくなるため、
ヴァイラルの波及効果が弱まってしまいます。

ヴァイラルツールとして無料レポートなどの配布を企てる時には、このような
事に注意して配布物やインストラクションを準備されると良いでしょう。

今、二つのツール+"素材"を使って検証しています。
もしこれが、うまく行くようであればメルマガでご紹介しようと思ってます。


PS.無料レポートに"再配布可"とか"無料で配布する権利をお渡しします"と書
かれているレポートがありますが、チョット前まででしたらまだ効果はありま
した。

今は、配ってくれる人はいません。・・・当たり前ですよね。”何で私があな
たの宣伝しなくちゃいけないの?”だからです。(私も以前はそんなレポート
を作っていましたので、ネット上に今でも彷徨ってるはずです^^;・・・過
去の亡霊です)

PS.のPS.
毎日配信しようと頑張ってるんですが、お昼間の仕事もあり少々きつくなって
きました。

軽い中身で毎日配信するより、少し日にちが開いても充実した内容でお届けし
た方がいいのかな?なんて思いもあります。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2010-02-06  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ毎日  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。