投資

天底をつける日柄がわかる投資の極地!鷲の目レポート「無料版」

拙著の鷲の目レポート「プレミアム版」では日柄分析・ペンタゴン・アストロロジー(金融占星学)、サイクル理論で株式(日本株・米国株・香港株)、為替(ドル円・ユーロ円・ユーロドル)、商品(NY金・WTI原油)の天底をつける日柄を割り出すことに努めています。皆様と一緒に投資を楽しんでいきたいと思っております

メルマガ情報

創刊日:2010-01-16  
最終発行日:2013-10-07  
発行周期:月2〜3回のペースで発行させていただきます。  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

本日も下降チャネル内の推移で定石通りの安値更新となる

2013/10/07

=========================================
天底をつける日柄がわかる投資の極地!鷲の目レポート「無料版」
2013年10月7日(月)
=========================================

本日も上値抵抗に綺麗に跳ね返されたことで
定石通りの安値更新となりました。

投資講座の会員の皆様からもご感想をいただいていますので
一部をご紹介させていただきます。

R様
「今回10月1日から会員になりましたが、
早速急落相場で100万円以上の大きな利益が得られました。
一貫して売りで攻めて良かったです。
投資講座の資料を見てなぜ10月第1週から下げると
このように急落になるのかの理由がわかりました。
日柄の考え方も本当に目から鱗でびっくりです。
私も勉強して自分で相場を読めるようになるように頑張ります!」

R様、お役に立てて光栄です。
ありがとうございます。

先日のメルマガでも述べました通り、
戻りが鈍いということはサイクルボトムはつけていないことになります。


基本に忠実な相場展開となっていますので
こういう明確な相場ではしっかりと利益を積み上げるチャンスとなります。

それでは、本日引け後の客観的事実は下記です。
(伏字部分は投資講座の会員様のみの限定公開です)

日経平均
終値:13853円
5日移動平均線:14138.01円↓
25日移動平均線:14285.96円↑
基準線14076.7円↑(上向きに転じる)
転換線14329.71円↓
1時間足ストキャス:↓
日足ストキャス:↓下限
週足ストキャス:↓(売り転換で下向きに転じる)
月足ストキャス:→
重要変化日:10月第1週と●月●日

チャネル:依然として9月27日高値からの下降チャネル内の推移が続いている。
さらには10/4高値14149円からの新たにできた急角度な下降チャネル内での推移となっている。

レンジorトレンド:14400〜14800のレンジ下抜けから14400台を上値抵抗とする下落トレンド形成。
トレンド転換のポイント:14425.82円と9/27高値からの下降チャネルと●●●●●と●●●●●

サイクル:6月13日スタートのPCは今週で17週目、8月28日スタートのMCは今週で6週目。
これは●●●●●●●となることを示す。
エリオット波動:9/27からの下降チャネルと10/4からの下降チャネル内で推移しているため
客観的事実からは9/27を天井とする推進波の下落が続いている。

相場で安定して勝ち続けるためには
相場で勝つために必要な当たり前のことを当たり前に実践することです。

「相場で勝つための心理面の立て直しの重要性」についての動画はこちらです。
http://www.youtube.com/watch?v=AdYOgpWBUK8

10月5日更新の日経平均の動画レポートはこちらです。
http://www.youtube.com/watch?v=okYtHFcLzTY

尚、投資講座の会員様向けの動画レポートでは
もっと詳しい説明と何月何日に底打ちするのかまではっきり述べています。

今後13188円を割れるとしても15000円を超えるとしても
どちらの方向でもしっかり利益を上げられる売買戦略を立てることが重要です。

何月何日が底打ちの候補日なのか、
あるいは何月何日から上昇し始めるのかは
皆既日食が何月何日の何時にどこで見られるのかが前もってわかることと同じで、
底打ちの候補日や上昇基点の候補日も事前にあげることができます。

客観的事実をしっかり把握することで今とるべき戦略が明確になります。

http://www.youtube.com/watch?v=FiUyUjAOcUU
相場の考え方の動画はこちらからご覧いただけます。

相場で勝つには相場の勉強をする、
相場で勝つには日柄の勉強をすることが大切です。

何月何日に買い、何月何日に売る、
何月何日に売り、何月何日に買い戻す、
これが日柄をベースにした安定かつ勝率の高い売買となります。

大切な資産を守るための技術と
資産を増やすための技術は正しい勉強をすることで初めて身に付くのです。

------------------------------------------------------------------
当レポートは投資判断の情報提供を目的としたものであり、投資等の勧誘または
推奨を目的としたものではありません。情報の内容につきましては万全を期しておりますが、
その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じた損害につきましては、
一切の責任を負いかねますのでご了承ください。また本文中の記述は筆者に著作権が
ございますので筆者の許可なく転用・販売することを禁じます。

最新のコメント

  • コメントはありません。