マーケティング

【日刊】 先取り! 週刊経済誌

東洋経済・ダイヤモンド・エコノミスト・プレジデントetc…などの有名経済誌の今週発売号のトピックスなどを毎日紹介していきます。空いてる時間にサクッとチェック出来ますので、忙しいビジネスマンの方は必見です!

全て表示する >

【日刊】 先取り!週刊経済誌

2011/04/11



こんにちは!


本日は4月11日 月曜日。

週刊ダイヤモンドのご紹介です!



特集は『電力喪失』



※段落分け解説 大→小
(■ → ◇ → ◎ →●)

--------------------



4月16日号
(4月11日発売)

定価:690円(税込)


■特集

『電力喪失』


◇第一章

総量規制の衝撃

計画停電パニックの深層


◎Diagram
 電力需給ギャップの見通しと火力発電所の状況

◎Column
 17基の原発が止まった03年はなぜ計画停電がなかったのか

◎Diagram
 電気まるわかり 作られ方 使われ方

●解説「電力喪失」7つの疑問

●価格メカニズムの節電効用

◎Manual
 夏に向けて始めよう! 節電貯金マニュアル


◇第二章

東電の大罪

安全神話を吹聴した代償


◎Interview
 佐藤栄佐久:前福島県知事 「安全を信じ込ませた国も東電も責任を持て」

●それでもつぶさない、つぶせない、東電

●原子力分離で始まる電力再編


◎Map
 電力会社の系統と原子力発電所の状況

◎Column
 固定価格買取制度は電力再編の突破口!?



◇第三章

原子力発電、再考


●自治体”共存と反目”の構図

●”ポスト福島”のエネルギー政策

●有力代替はLNGか太陽光か

◎Interview
 飯田哲也:環境エネルギー政策研究所所長 「主役は自然エネルギーに 2020年に30%の政治目標を提案」

◎Interview
 柏木孝夫:東京工業大学ソリューション研究機構教授 「原子力の維持か放棄か 二者択一では最適解を導けず」

◎Column
 潰える原発インフラ輸出の野望

◎Column
 スマートコミュニティ後進国・日本

◎Interview
 八田達夫:大阪大学招聘教授 「原子力政策の最大の誤りは”文民統制”できなかったこと」



■News & Analysis

◇Close Up 1
社員による資金不正流用が発覚 
出鼻挫かれたSMBC日興証券

◇Close Up 2
わずか1ヵ月の間隙突いた 
イオンのパルコ乗っ取り劇

◎Inside
●無線をベースに被災地を復旧 NTTが温める”途上国方式”

●下水で懸念される放射性物質 農作物や建築資材への影響も

●放射能汚染の検査要請が殺到 輸出不能で中小企業も大打撃

◎人事天命
 三菱重工業

◎短答直入
 木川理二郎:日立建機社長



■Market

◎株式市場 透視眼鏡
年前半は経済の停滞が続くも後半は復興需要で株高に期待:松野利彦

◎金融市場 異論百出
フクシマの余波はドイツにも メルケル首相の指導力低下も:加藤 出

◎ネット世論調査
 自粛の広がり



■Data Focus

日本企業による外国人の高度な人材の活用が急増:樋口美雄



■連載

●山崎 元のマネー経済の歩き方
●カラダご医見番:手術ロボット
●芹澤信雄の”目指せ! シングル”

●池井戸 潤:ロスジェネの逆襲
●スティグリッツ教授の真説・グローバル経済
●課長の作法

●田中秀征:政権〈史・私・四〉観
●野口悠紀雄:「超」整理日記
●後藤謙次:永田町ライヴ!
●櫻井よしこ:オピニオン縦横無尽


■コラム

●This Week:F氏的日常
●Book Reviews
●From Readers From Editors



==========

■本日のワールドビジネスサテライト

月〜木:夜11時〜
金曜拡大版:夜10時54分〜


4月11日放送予定

東日本大震災発生から1ヵ月。

少しずつ復興に向けた動きが本格化しているが、復興の足かせとなるのが電力不足だ。

ゲストに東京電力の副社長を迎え、先月の計画停電によって鉄道会社の運行現場で何が起きたのか、真夏の厳しい電力不足に企業や家庭はどう対応すれば良いのか独自に検証する。

また、東北地方には自動車関連メーカーが集積し、震災の影響は世界に広がっている。

生産を再開した部品工場から生中継するなど、日本経済復興の道を探る。


以上になります!!


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2010-01-01  
最終発行日:  
発行周期:平日毎日  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。