マーケティング

【日刊】 先取り! 週刊経済誌

東洋経済・ダイヤモンド・エコノミスト・プレジデントetc…などの有名経済誌の今週発売号のトピックスなどを毎日紹介していきます。空いてる時間にサクッとチェック出来ますので、忙しいビジネスマンの方は必見です!

全て表示する >

【日刊】 先取り!週刊経済誌

2011/03/31




こんにちは!


本日は3月31日 木曜日。

日経ビジネスのご紹介です!



特集は『3 ・ 11企業がすべきこと』



※段落分け解説 大→小
(■ → ◇ → ◎ →●)

--------------------



3月28日号
(3月28日発売)

定価:650円(税込)


■特集

『3 ・ 11 企業がすべきこと』


原子力発電所で続く決死の冷却作業。携わる者たちを奮い立たせるのは使命感だろう。

未曾有の国難に浮足立つ心情と向き合いながら、企業人がなすべきはまず職責を全うすること。

最前線は目の前にある。



◎復興に貢献する使命と決意
日経ビジネス編集長兼震災報道特命編集長:寺山 正一

◎日本マクドナルド 原田泳幸氏が激白
「すべて」の利害関係者を守る

◎その時、企業はこう動いた
命つなぐサプライチェーン
東邦HD、ローソンの苦闘

◎リケン小泉会長が語る復興の道筋
製造業、今こそ結束を
中越沖地震被災から復活できた理由

◎エネルギー不足が日本を襲う
電力不足長期化、復興のネックに
ガスと石油の復旧は時間の問題

◎広がる原発被災の影響
東電を待つ次なる危機
損害賠償、廃炉…泥沼の業績悪化へ

◎全国に広がる資金難
期末の中小、資金繰りに強震
大企業も減損会計迫られる可能性
●楽天、サイト運営を大阪に移管

◎G7緊急協調介入
次の介入は「円安阻止」?
円高の是正には成功したが…

◎政府がすべきこと
「政治主導」で官邸機能不全
原発対応で他の問題に手回らず

◎米ワシントン知日派の視点
マイケル・グリーン 米CSIS上級顧問
復興を通じ日本は強くなる
震災きっかけに外交関係は好転か

◎建設専門誌記者が見た震災
耐震性、見直しは必至
想定をはるかに上回る被害状況

◎過去の惨事が示す教訓
チェルノブイリ、25年後の現実
周辺汚染は深刻、今も経済の重荷に



■特集

◎相続で日本を再生せよ
迫る大増税、眠れる資産800兆円が動き出す

◎あなたは大丈夫?
広がる課税対象
・個人の相続編
・企業の相続編

●相続対策の10カ条
「もめず、遅れず、ムダをせず」

◎埋蔵金は、民間にあり
眠れる資産を掘り起こせ



■企業

◇海外進出の研究
島精機製作所
(ニット機械メーカー)
編み機で中国席巻

◇隠れた世界企業
WEIC
(東京都新宿区・語学学習サービス)
中国育ちの語学ベンチャー



■マネジメント

◇気鋭の論点
価格と物価の違い
宇南山 卓 [神戸大学大学院経済学研究科准教授]

◇ビジネス法務・財務
従業員のリスク管理
人見 高徳 [弁護士、TMI総合法律事務所]

◇経営新潮流
理論に基づく人材育成
さらば、“根性営業”



■フィーチャー

◇技術 & トレンド
オフィスの省エネ
(ダイキン工業、三菱電機)
「我慢」しないで電気節約



■人

◇決断のとき
小柴 満信 氏[JSR社長]
事業変革に挑み続ける

◇敗軍の将、兵を語る
長谷川 耕造 氏[グローバルダイニング社長]
外食界の革命児、再出発



■パーソナル

◇情報源
売れ筋探偵団
デジタル時代に売れるメモ帳

◇心と体
◎診察室
女性に多い甲状腺疾患


◇本
◎著者に聞く
新井 紀子氏 [国立情報学研究所教授]
『コンピュータが仕事を奪う』(日本経済新聞出版社)

◎1分間で読める
超ビジネス書レビュー
粘り強く「規制」と格闘
『マンガはなぜ規制されるのか―「有害」をめぐる半世紀の攻防』
長岡 義幸



■オピニオン

◎直言極言
大型政令市は独立せよ
熊谷 俊人 [千葉市長]

◎往復書簡

◎有訓無訓
加護野 忠男 [神戸大学大学院経営学研究科教授]



==========

■本日のカンブリア宮殿

*3月31日の放送はお休みです。


==========

■本日のワールドビジネスサテライト

月〜木:夜11時〜
金曜拡大版:夜10時54分〜


以上になります!!


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2010-01-01  
最終発行日:  
発行周期:平日毎日  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。