占い

タロットが語る本当の幸せのレシピ

タロットセラピスト36年の著者が、タロットを通じて、本当の幸せの大原則を語ります。タロットは1枚1枚に、人生をいかに幸せに生きるか、の啓示が書かれているのです。

全て表示する >

タロットリーディングの必須!想像力を如何にして鍛えるか?その概要

2017/11/26

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼
【メルマガタイトル】意味を覚えてタロットを読むのはタロットリーディングではありません!連想法タロットリーディング法で意味を覚えない・・意味を当てはめないタロットの読み方をマスターしましょう!


【本日のテーマ】
タロットリーディングの必須!想像力を如何にして鍛えるか?その概要

「タロットを読む」とは、極論を言えば、タロットに描かれた絵から想像をして、頭に浮かんだ映像などのイメージを言葉にする作業です。


最近、タロット講座の生徒さんと授業をしていると、「想像力が欠けているな!」と思う事が多いです。

タロットの絵を描写はできるのですが、それを想像してイメージとして浮かび上がらせることができないんですね。

例えばこんな感じです。
「タロット:女帝」がドローされました。
描写はできます。要は絵の説明はできるわけです。
この描写の中で「単語」がたくさんでてきますね。
「ビーナス」「美人」「妊婦」「女王」「貴婦人」「自然を愛す」「豊か」・・・という感じです。
これは描写せずとも、女帝というカードを見れば、ごく自然に浮かぶキーワードですね。
この「単語=キーワード」から、次のステップにいかなければタロットを読むことはできません。
「ビーナス」というキーワードが浮かんだならば、その「ビーナス」という単語を相談内容に置き換える必要があります。
所謂「言語変換」です。
仮に「復縁のアドバイス」が相談内容ならば、「ビーナス」というキーワードを復縁のアドバイスに当てはめなければなりません。


方法は簡単ですね。
「復縁のアドバイスはビーナスのようになれ!」となります。
しかし、このままでは占いではありません。
「ビーナスになる」とはどういうことなのかを説明できなければ、お話しにならないということです。


そのための必須事項が「想像する」ことです。

では、今回は複数の想像力を鍛えるテクニックをご紹介していきましょう。


まずは概要です。
詳細な解説は次回以降に詳しく説明します。



1.当たり前のことを改めて考えてみる

蛇口をひねるだけで水が出てくる、スーパーには当たり前のように海外からの輸入品が陳列してある、アメリカから世界中に広がったマクドナルド……当然のことだと思っている事も改めて考えてみれば面白くて、凄いことだと気がつくことです。

多くのユニークな作品・商品というのは、当たり前のことに興味を持ち常識の壁を壊したことによって生まれてくるものですね。
生活の中で固まった既成概念をほぐし、想像力を豊かにするエクササイズをしてください。


2.外国語を学ぶ

みなさん、外国語というのを「単純なコミュニケーション用のツール」だと思っていませんか? 外国語を学ぶのは海外の人と話をするため、それ以外の意味は無い……そう思ってるならもったいないことです。

言語というのは「考え方」であり、「物事を表現する方法」であり、「文化」であり「世界観」であるとも言えます。更に謂えば、「言葉=人生」とも謂えます。
なぜなら、何かの行動をすることは、大脳から指令が出るからです。大脳の指令は言葉として認識されます。
実際に何かを考えることは「言葉」です。

日本語で考えるというのは、日本語で世界を見るということ。日本語だけで考えるというのは、日本語だけで世界を見るということとなります。

外国語を学ぶと、外国語で世界を見ることができるように。複数の言語を使えると、より多角的な視点で世界を見ることができるようになりますよ。日本語の常識は、世界の常識とは違ったりしますからね。

言語というのは考え方であり世界観! 外国語を学ぶことで思考の幅が広がり、イマジネーションが刺激されるのです。


3.夢を利用する

寝ている間に見る夢は、脳が作り出す想像力の世界! 無視するのはもったいないですね。

みなさん、面白い夢を見ていますか? 「最近、面白い夢なんて見てないよ。というか、夢の内容を全然覚えていない。」って人は要注意です。夢こそは自分の想像力の豊かさを示すものです。

夢を見るのは、レム睡眠のときですね。レム睡眠とは、肉体は弛緩していますが大脳は活発に動いています。
心理学の基礎を固めたフロイトも、最初のきっかけは「夢診断」からでした。

毎日の簡単2ステップで、楽しい夢を見て想像力を鍛えることが可能です。方法は簡単!

(1)寝る前に「楽しい夢が見たい!」と思う
(2)起きてすぐに夢の内容を思い出してみる

これだけです。毎日くり返していくことで、楽しい夢が見れるようになりますよ。お試しあれ。


4.知識を増やす

知らないことは、想像できません。意外と見落とされがちだけど重要なポイントです。

恋愛について想像できるのは、「恋愛」ということを知っているからですね。生まれたばかりの赤ん坊や幼児は恋愛を経験していませんから、「恋愛」という概念を想像できません。

イタリアについて想像できるのは、「イタリア」という国を知っているからに他なりません。

知識を増やすことは、想像力を鍛えることと匹敵します! 難しい本なんて読まなくて構いません!
どんな知識でも構いません。今すぐ役に立たないような知識であっても想像力の種になります。

ポイントとしては、無理やり覚えるのではなく好奇心を持つことでしょう。好奇心を持って新しい知識を増やしていくこと、それが想像力を豊かにします。

「では私には知識が無いから想像力がUPできないんだ・・・」と悲観いなくても大丈夫です。
大事なのは習慣です。
タロッティストを志すならば、常に好奇心を持って調べる習慣をつけることです。
どんな易しい事でも一夜にしてできるようになるわけがありません。


よーく考えて観て下さい。
毎日、1個の知識(なんでも構いません)をINPUTすれば、1年で365の知識が増えることになります。
まったく知識が増えないことと、一つでも新しい知識が増えることでは、どちらがタロットリーディングがし易くなるでしょう!


5.今まで知らなかった人と話す

自分だけで想像できること、思いつくことにはどうしても限界があります。また、お馴染みのメンバーばっかりと交流していると刺激が無く思考の幅も広がりません。

知らない人の話を聞いてみると新しい知識と発見が良くあります。自分の常識と相手の常識が違ったりすることがもあるでしょう。そのような思考の差異こそが脳への刺激になり想像力を鍛えます。

職場・学校の中で今まで話をしたことが無い人としゃべってみたり、旅先で出会った人と積極的にコミュニケーションしたりしましょう。

自分ひとりだけで思いつくことって限界があるんですよね。知らない人と話をすると色々と新しい発見があるもので、それが想像力を鍛えてくれます!


6.人間以外の生き物を観察する

忙しく日常生活に追われていると「人間だけを見ている」状態になりやすいんですね。田舎の人は大丈夫かもしれませんが、大都会の人は要注意です。
「都会には人が多いからコミュニケーションができる」というのは間違いです。
逆ですね。
都会に居るほどコミュニケーションの質は落ちていきます。


世界には人間しかいないような気分になってませんか?  それは思考の幅が狭くなり、想像力が弱まっている証拠です。

そういう時は身近な生き物を観察してみましょう。珍しい生き物でなくても全然OK! ペットに限らず、町中の鳥・道端の草・家の中のクモとかでよいです。※蜘蛛が気味悪いと感じるならば観察しないでください。逆効果になります。

改めて観察してみると、「何を食べているんだろう?」「どこで寝ているんだろう?」などなど、色々と考えが湧き出てくるはず。それこそが想像力が刺激され、鍛えられている瞬間なのです!

コミュニケーションができない状況こそ、想像力が発揮される!


7.自然について調べてみる

たまには人間社会以外の所に思考を向けてみましょう。

自然の雄大さ、地球のスケールというのは人間社会の感覚とは比べ物になりません。森・山・海、そして星・宇宙。たまには高い視点から世界を見てみると、想像力が鍛えられますよ。この世界に比べれば人間の活動なんて些細なものです。。

自然ってのは、とんでもない大スケールです。
森・山・海、そして星・宇宙。調べてみると思考の幅が広がります。
これも大げさに考える必要はありません。
スマホを使ってgoogleで「太陽系」とか「金星」とか、「太平洋」とか検索するだけです。


8.料理を作ってみる

色々な材料を使って料理を作る、これはとっても創造的なこと。料理は自分のアイディアを気軽に試すことが出来ます。

特に、一人暮らしの方にオススメの方法ですね。どんな料理を作ってみたいか?どんな風に調理すればおいしいか、色々と考えてみると想像力が鍛えられます。

ポイントとしては、レシピだけに頼るのではなく自分の思い付きをどんどん実行してみることです。失敗するかもしれませんが、その経験も脳を刺激してくれます!

色々な材料を使って料理を作る、これはとっても創造的なこと。レシピだけに頼るのではなく、自分の思い付きをどんどん実行してみましょう!

仮に「インスタントラーメン」でも同じ事です。カップヌードルに醤油を入れてみる(別にソースでもなんでも構いませんが)・・・それだけのことで想像力は鍛えられます。

心理学的には「味覚」を使っているからです。
「味覚」は五感の中で最も鈍いものです。またあまり多くは使わない感覚です。人と逢ったときに、その人の手や顔を舐めますか?

普段はあまり使わない感覚を使うことがポイントです。


9.歴史を知る

「歴史」を知っていることは想像力に非常に有利です。
過去の世界を知ることは、現代の日常生活を見直すことにつながります。自分の生活をより多角的に見ることが可能になり思考の幅が広がる。


そして、重要なことは歴史といのうは「過去の点」ではないということ! 「過去→現在→未来」、この流れこそが歴史なのです。

歴史の流れを知ると未来が見えてきます。過去を知り、そこから未来を予想する。これは想像力を鍛える良い方法。


昔の世界にはロマンがいっぱい。そして、過去を知ると未来への想像力も刺激されていきます。


皆さんは中学校時代や高校時代に歴史の授業を楽しんでいましたか?
特に高校時代の歴史はつまらなかったでしょう。
受験のための「歴史」だからです。
年号を暗記したり、人物と出来事を暗記させられたり・・・恐らく歴史は面白くないという印象があるのではないでしょうか!


例えば・・・
「イブ・サンローランはゲイであった!」
この一文で興味が沸きませんか?
イブ・サンローランを調べたくなりませんか?

「指輪物語の作者トールキンは、ウェイリアム・モリスに影響を受けた!」
「アインシュタインは小学校時代は落ちこぼれの烙印を押された!」
「徳川家康は麦飯が好きだった」
「日本人で始めてモーツアルトの曲を聴いたのはジョン・万次郎」
・・・・
どうですか?
少しは興味がそそられますか?

「歴史」は「人物史」「戦争史」「国別(たとえば中国史)」・・・とおおまかなカテゴリーがあります。
自分の興味が沸いた分野で構いません。



10.色々な職業を知る

世の中には本当に多くの仕事があります。そして職業=生き方であり、多くの生き方を知っていると思考の幅が広がり想像力が豊かになります。

また職業=社会でもあり、社会が必要としているからこそ仕事として成り立つ。多くの職業を知ることは、多くの生き方を知ることで、社会をより深く理解することでもある。

就職・転職の予定が無い時でも、色々な職業について調べてみるといいですよ。


11.科学知識を忘れてみる

鉄の塊なのに空を飛ぶ乗り物、電波なんて目に見えないもので映るテレビ、夜でも明るい大都会……昔の人が今の世界を見たら魔法の国だと思うかも!?

現代社会には、改めて考えてみると不思議なものがいっぱいですね。

同じ物事を見たとしても、立場が違うと全く別のものに見えます。視点を変える、これは想像力を鍛えるための良い方法。

視点を変える、ということで未来のことを想像してみるのもいいですね。昔の人が今の社会を見ると魔法の国のように感じるということは、未来の社会は今の私たちにとっても魔法の国のように見えるかもしれません。

目の前のことだけに捕らわれるのではなく、思考の幅を広げることが想像力を鍛えます。


鉄の塊なのに空を飛ぶ乗り物、電波なんて目に見えないもので映るテレビ、夜でも明るい大都会……昔の人が今の世界を見たら魔法の国だと思うかも!?


12.他の生き物の気分になってみる

小さな生き物にとって、この世界はすごく大きいはず! 水中の生き物は、重力なんてどうでもいい? 夜行性の動物には、昼間こそが寝る時間。改めて考えてみると面白いですよね。

人間が感じている世界は、あくまで「人間が感じている世界」にすぎません。視点の違い・能力の違いによって同じものでも全く違って見えるってこと。

たまには人間以外の動物の気分になって、いつもと違った世界を想像してみる。世界の感じ方を改めて見直すことは、想像力を鍛え物事を多角的に考えるための良いトレーニングになりますよ。

小さな生き物にとって、この世界はすごく大きいはず! 水中の生き物は、重力なんてどうでもいい? 夜行性の動物には、昼間こそが寝る時間。改めて考えてみると面白いですよね。



13.突っ込みを入れる、疑いの心を持つ

私たちが受け取る情報って、意外と突っ込みどころが多いんですよね〜。意味不明だったり謎だったり。

そして、そんな情報を相手は堂々と出してきたりする。相手は堂々としてるので、ぼんやりしてると気づきにくい。でも改めて考えてみるとおかしいような? しゃべる自動掃除ロボットとか!

「疑い」というのは想像力だと言えます。相手を疑っている、それは想像力が高まっている瞬間。

相手からの情報を何も考えずに受け入れてしまうと思考は広がりません。世の中の物事を疑ってみて、突っ込みを入れていきましょう!

世の中の物事って、冷静に考えてみると変だったりするもの。企業の広告、作品の設定などなど……意外と謎で面白い!


このように13個の想像力を鍛えるメソッドを紹介しました。
概要だけです。
詳しくは次回以降に解説します。


何度も言いますが、タロットを読むには、この想像力が絶対に不可欠です。


茂内重幸

☆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆☆
Fortunecat.co.ltd フォーチュンキャット株式会社
NAME SHIGEYUKI.SHIGENAI 茂内重幸
BIZINESS NAME 小町
〒530-0042
大阪市北区天満橋1丁目8-15
TEL 06-7162-8635
MAIL  sshigenai@gmail.com
FACEBOOK https://www.facebook.com/sshigenai
TWITTER  https://twitter.com/tarotreadingss
☆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆☆

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-12-03  
最終発行日:  
発行周期:不定期ですが原則は日刊  
Score!: 95 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。