占い

タロットが語る本当の幸せのレシピ

タロットセラピスト36年の著者が、タロットを通じて、本当の幸せの大原則を語ります。タロットは1枚1枚に、人生をいかに幸せに生きるか、の啓示が書かれているのです。

全て表示する >

何故?タロットを読むときにコンビネーションリーディングを使うはなければ為らないのか?その究極の理由とは?

2017/09/21

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼
【メルマガ】意味を覚えてタロットを読むのに疲れた人に知って貰いたいタロットの読み方

【本日のテーマ】何故?タロットを読むときにコンビネーションリーディングを使うはなければ為らないのか?その究極の理由とは?

貴方は本物のタロッティストになって、お客様の悩みを解決するお手伝いをしながら、年収600万円以上の安定収入を得たくありませんか?


お客様に信頼されて、「ありがとう!助かったわ」とお礼を言われます。
しかも上場企業のOLよりも給料が多くなります。
自由に好きな買い物ができ、好きな時に値段も気にしないで買えます。
「先生!」と呼ばれ、周囲から尊敬の眼差しで見られます。


・・・いつまで・・・
◎貴方は今でも意味を暗記してタロットを学んでいるのですか?
◎タロットを読むときに意味を当てはめるのですか?
◎意味を当てはめるだけならタロット占い師は必要ありません。
◎ケルト十字法もヘキサグラム法も関係ありません。
◎タロットの絵からメッセージを取り出せる人がタロッティストです。


<意味を覚えない連想法タロットリーディング法のメリット>
1.意味を暗記しなくてもタロットが自由自在に読めるようになる
2.タロット占いの的中率が平均300%に上がる
3.正確なタロットリーディングによって的確なお客様への助言ができて固定客が計れることで安定収入を得られる


鏡先生もアトリビュートを利用したタロットリーディングを推奨しています。また意味を覚える、意味を当てはめる読み方にも反対していますね。


==================================
【本日のテーマ】何故?タロットを読むときにコンビネーションリーディングを使うはなければ為らないのか?その究極の理由とは?


コンビネーションリーディングの極意は、タロットの絵から連想された単語を発展させて、タロッティスト自身のことばの定義を明確にして、それを混ぜ合わせることでした。


今回はそのテクニックを解説しようと思いましたが、その前に重要な事を説明しなければなりません。

○貴方はコンビネーションリーディングを自在に操って、本物のプロとしてお客様の信頼を得たいですか?
○プロですらほとんど使いこなせないコンビネーションリーディングをスラスラと読みこなし、タロットの深いメッセージをタロットから引き出したく在りませんか?
○コンビネーションリーディングはタロットリーディングの奥義でもあります。その奥義を使って、他のタロット占い師と大きく差別化をしたくありませんか?


さて。
何故?タロットを読むときに「コンビネーションリーディング」が重要なのでしょう?
これが理解できなければ、コンビネーションリーディングをマスターしても、意味はありません。


人間は「理解」していない事は「できない」動物です。
頭で分かっていても、具体的な行動のイメージが頭の中に入っていないと動けないのです。


ですから、コンビネーションリーディングの重要性を説きます。


コンビネーションリーディングをマスターする理由は4つあります。

1.タロットリーディングは元々、複数枚数を抜き出して、その全体からタロットのメッセージを得る占いである。
2.タロットを抜き出したときに、必然的に隣接するカードは影響を及ぼし合う。
3.1枚づつタロットを読む事は、ストーリーを無視することであり、タロットが伝えたいメッセージを単発で読む事である。
4.タロットでは強く深く読むカードと弱く浅く読むカードがある。


「タロットリーディングは元々、複数枚数を抜き出して、その全体と部分からタロットのメッセージを得る占いである」


ワンオラクルという方法もあります。
ただ、金銭を貰って占う場合ならば、複数枚数を抜き出すでしょう。
複数枚数のカードがテーブルの上に並べられます。
タロットを読む場合は、全体をまず観察しなければなりません。
樹だけを見て森を見ないのは、タロットリーディングではありません。
全体に出ているカードは、全体として何かしらのメッセージを送っています。
例えば・・
10枚ドローした場合に、ペンタクルが1枚も出ないケースがあるとします。
このようなケースはよくありますね。
ペンタクルが無いというメッセージがあるわけです。
「相談者と彼には元々、信頼関係は無くて惰性で付き合っていた」
「相談者は心では彼を思っていたかも知れないが、実際にことばや態度で彼に伝えていなかった」
という具合に、メッセージは必ずあります。


「タロットを抜き出したときに、必然的に隣接するカードは影響を及ぼし合う」
人間同士も同じですね。
何かの問題解決でプロジェクトが立ち上がったならば、
互いの人間関係は、個人に必ず影響を与えます。
ポジティブで積極的なメンバーがいたら、そのチームも彼の性質に影響を受けます。
タロットも同様です。
隣接するカードは、謂わば、一番近くに居る人と考えて下さい。
カード同士は互いに影響を与えあいます。


「1枚づつタロットを読む事は、ストーリーを無視することであり、タロットが伝えたいメッセージを単発で読む事である」
タロットリーディングで、わざわざ複数枚数出すのには理由があります。
タロットは一つの物語です。
物語の要素は、相談内容によって変わるでしょう。
背景・問題点・過去の状況・現在の環境・周囲・・・など、様々な要素があります。
それを単発で読んでも意味はありません。
一連の流れがあって、物語になっていなければ複数枚をドローした意味がありません。


「タロットでは強く深く読むカードと弱く浅く読むカードがある」
初心者の方を始め、プロの方もこの間違いを犯します。
全てのカードを同じ深さ・強さで読んでしまうことです。
強く・深く読むタロットカードはそのタロットの展開によって変わります。
一般に、「大アルカナ」は強く読むでしょう。最後のカードも深く読まなければなりませんね。ポジション定義によっても強く・深く読むカードが出てきます。
タロットリーディングには強弱・緩急が必須です。


以上の様なケースでコンビネーションリーディングが活躍します。
コンビネーションリーディングを知らなければ、このような読み方ができません。
つまり素人の読み方に留まってしまいます。


折角、タロットが相談者にメッセージ・啓示を送っているのですから、タロッティストはそのメッセージを性格にくみ取ってあげなければいけません。
タロットを読むことは、意味を当てはめることではありません。
決して。


問題は「コンビネーションリーディング」を教えていない講師・スクール・書籍がほとんどを占めていることです。


普通の凡庸なタロット占い師で構わない。
別に一ヶ月数万円でも稼げればそれでいい。
というなら、何もコンビネーションリーディングをマスターする必要はありません。


困っている、悩んでいる相談者を救いたい。
年収が最低でも600万は欲しい。
あの先生は、すごく当たるし、的確にアドバイスをしてくれると相談者に感謝されたい。
ならば、コンビネーションリーディングはマスターすべきです。


茂内重幸

☆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆☆
Fortunecat.co.ltd フォーチュンキャット株式会社
NAME SHIGEYUKI.SHIGENAI 茂内重幸
BIZINESS NAME 小町

〒530-0042
大阪市北区天満橋1丁目8-15
TEL 06-7162-8635
MAIL  sshigenai@gmail.com
FACEBOOK https://www.facebook.com/sshigenai
TWITTER  https://twitter.com/tarotreadingss
☆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆☆

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-12-03  
最終発行日:  
発行周期:不定期ですが原則は日刊  
Score!: 95 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。