占い

タロットが語る本当の幸せのレシピ

タロットセラピスト36年の著者が、タロットを通じて、本当の幸せの大原則を語ります。タロットは1枚1枚に、人生をいかに幸せに生きるか、の啓示が書かれているのです。

全て表示する >

タロットリーディングが正確にできて稼ぐプロ占い師の必須テクニックは「質問思考」を習得する事が大切!

2017/09/15

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼
【メルマガ】タロットが語る幸せの奥義
【本日のテーマ】タロットリーディングが正確にできて稼ぐプロ占い師の必須テクニックは「質問思考」を習得する事が大切!


【新発売タロット教材キャンペーン】
新発売を開始した「タロット教材」を期間限定・人数限定でキャンペーンを行います。半額クーポンとの併用はできません。

「ポジション定義の作り方動画講座」
「コンビネーションリーディングの読み方の極意動画講座」

49800円→24900円

期間:2015年9月15日(金)〜9月23日(金)まで
人数限定:先着10名様限りとなります。

下記のWEBサイトでキャンペーン実施中です!
https://www.tarot-learning.com/

youtubeでも公開しています!
https://youtu.be/j-Qrprrt2TM

【商品説明】
==================================
「タロット動画講座:ポジション定義の作り方編」

タロットリーディングに於いて、「ポジション定義」を正確に作ることは非常に重要です。
ポジション定義とは、タロットをドローして配置する際の場所のテーマです。言い変えれば、各々のタロットに聴く啓示の質問です。
一般的に「三枚引き」では、「過去」「現在」「未来」というポジション定義が広く知られていますよね。
書籍で多く掲載していますから。
しかし「過去」「現在」「未来」というポジション定義はあり得ません。
相談者の「過去」とは何でしょうか?
相談者が一番とく知っているはずですよね。
過去と言っても、「いつからいつまでの時点の過去」なのか、「誰の何に対する状況や状態」を言っているのか、全く不明ですよね。
ポジション定義の数だけ、ドロー枚数があるということを知らなければなりません。
ポジション定義は具体的で、且つ、明確で無くてはタロットリーディングそのものが不可能になります。
そのポジション定義を作るのは、以外に、皆様は苦手なようです。
それは「意味を覚える」という功罪にも繋がります。スプレッドというレイアウトがありますよね。
タロット本にも載っています。例えばケルト十字法などはよく掲載されています。
そのポジション定義が正しいものと勘違い(思い込み)をしてしまうんですね。実際はポジション定義は、相談内容に合わせたものでなくてはなりません。
本タロット動画講座をご覧頂いて、是非、タロットリーディングの必須事項であるポジション定義の作り方をマスターしてください。
【カリキュラム】
無料版「始めにポジション定義の重要性」 1時間40分
第一章:リヴィジョンの重要性 1時間30分
第二章:フレームワークと質問思考 1時間47分
第三章:質問思考を完全にマスターする 1時間37分
第四章:質問思考を遣いこなすテクニック 1時間4分
第五章:ポジション定義の作り方の纏め 1時間20分
第六章:ポジション定義のロールプレイイング 36分
================================

「タロット動画講座:コンビネーションリーディングの読み方編」

タロットリーディングの高等テクニックであるコンビネーションリーディングを動画で習得してください。
コンビネーションリーディングとは、2枚以上の隣接するカードをあたかも1枚のように読むテクニックです。
例えば・・・
「力」と「星」がドローされて連接していたとしましょう。
この場合、”「力」のような「星」である”とか”「力」だから「星」である”という読み方はコンビネーションリーディングではありません。具体的には・・
「意地悪な者に(力のように)優しさを持つことによって、(星のように)無償に自分の大切なものを与えることである」という読み方は間違いです。
「(力のように)どんなに粗悪な態度を取られても忍耐する・・だから・・(星のように)慈悲の心を持つことが出来る」も間違いです。
タロットは相談内容ありき。ですから、実際のリーディングでは相談内容に沿った読み方になりますが、コンビネーションリーディングの正しい読み方を例えるならば・・・
「どんなに自分にとって苦手な相手でも長い目で相手を理解して、自分のできる事をしてあげることが人間関係のコツである」
という具合に読むのがコンビネーションリーディングです。
プロのタロット占い師さんでも、コンビネーションリーディングができない方が大勢います。
当然ですが、コンビネーションリーディングも「意味を覚える」のは厳禁です。
そもそも意味を暗記することが不可能でしょう。
2枚の組み合わせは、78×77×76×75・・・×2×1×2(逆位置もある)という膨大な数です。
且つ、相談内容を加味すればまさに天文学的数字です。
とても覚えることはできません。
本書の動画をご覧頂き、是非、タロッティストとしてコンビネーションリーディングをマスターしてください。

【カリキュラム】
序章ます?始めにコンヒ?ネーションリーテ?ィンク?を学ふ?前に知って欲しい事:44分
第1章コンヒ?ネーションリーテ?ィンク?講座概要:40分
第2章コンヒ?ネーションリーテ?ィンク?講座:数秘術を使うテクニック:1時間26分
第3章コンヒ?ネーションリーテ?ィンク?講座:絵を合体させるテクニック:33分
第4章コンヒ?ネーションリーテ?ィンク?講座:絵の登場人物の視線に着目する方法:38分
第5章コンヒ?ネーションリーテ?ィンク?:絵の登場人物やオフ?シ?ェに吹き出しを付ける方法:50分
第6章コンヒ?ネーションリーテ?ィンク?:名詞・形容詞・副詞・動詞て?連想する方法:28分
第7章コンヒ?ネーションリーテ?ィンク?のための連想練習1:57分
第8章コンヒ?ネーションリーテ?ィンク?のための連想練習2:1時間9分

==================================

下記にyoutubeタロットセミナーの動画UPしたURLリンクを記載しますので、まだご覧になっていない方は是非観てみて下さい。啓蒙の意味で、是非、次回のセミナーにご参加頂ければと思います。
https://youtu.be/M3b9djl5-NY

==================================

小町のyoutubeビデオをご覧下さい!
無料でタロットの奥義が学べますよ。
youtubeビデオだけのキャンペーンもあります。
※youtubeからメルマガに登録された方は失礼致します。
https://youtu.be/bXkKTXD3XCA


小町のプロフィール詳細はこちら⇒ https://www.tarot-learning.com/profile
==================================

【意味を覚えない連想法タロットリーディング法によるタロットリーディングのメリット】
○「意味を覚える」学習法では無く、絵の全体・部分から何を感じ、その感想から連想に発展させることによって、タロットリーディングが今まで以上に上達するでしょう。
○タロットが単なる占いのツールでは無く、それ以上に「人生を導く」ツールであることがわかるでしょう。
○タロットリーディングの胆である物語化(ストーリング)のテクニックが体系的に学べ、矛盾の無いタロットリーディングできるようになります。
○コートカードを人物としてでは無く、「状況や環境」などのプロセスとしてリーディングできるようになります。
○何より絵を観ての「感想」さえ語れれば、誰にでもタロットがプロ以上に読めることがわかります。
○今まで「意味を覚える」タロット学習法から、「意味を覚えない」「意味を覚えてはいけない」学習法を体系的に習得できます。
○矛盾したカードをドローしても、それは必然であり、整合性が明確なリーディングが可能になります。
○「当たる占い」という本当の真理が理解でき、自分占い、他者占いも的を得たリーディングができるようになります。
○一般的にタロットは独学ではプレベルまでは到達できません。本書でプロタロット占い師に必ず成れるとは申しませんが、タロットリーディングの原則を習得できるため、反復練習を繰り返すことで、プロの域まで望めるでしょう。
○副業としてタロット占いを行う場合でも、体系的なタロット学を学ぶことによって、セミプロとしてサイドビジネスも可能になるでしょう。


私のWEBサイトのブログを紹介します。
https://www.tarot-learning.com/blog
このブログは、メルマガには書かれていないタロットのさらに奥深い内容を解説しています!!!


==================================
【本日のテーマ】稼ぐプロ占い師の必須テクニックは「質問思考」を習得する事が大切!

メルマガで幾つかご説明したと思いますが、タロットリーディングでは、ポジション定義を作ることが最重要事項です。
「ポジション定義」とは、相談内容があり、その相談内容で尋ねたい事が幾つか出てくるはずですね。
例えば・・・「復縁の相談」ならば・・・「彼の気持ちは?」「復縁は可能性があるのか?」「復縁するにはどのようにすべきか?」という具合です。
そのときに、タロットカードのこれらの質問の啓示(メッセージ)を得るのがタロット占いです。
タロット占いは、複数枚のカードをテーブルに配置しますね。
その配置された場所の、「タロットカードに対しての尋ねたい事」そのものがポジション定義です。


前述の事例の「彼の気持ち」はポジション定義ではありません。
それは、「いつの時の彼の気持ちなのか?」「彼の彼自身は知っていても相談者に伝えない気持ちなのか?」「彼自身も気が付いていない相談者への気持ちなのか?」「彼の気持ちの変化のプロセスなのか?」
何も明確に定義されていないからです。

そこで厳密なポジション定義を作ることが、タロットを読む事では非常に重要になります。


このポジション定義を作るには、実は、「質問」が最も重要です。
相談内容への質問ですよ。


相談者はかなり焦っています。興奮もしているでしょうし、苛立っているかもしれません。要は平静な状態ではありません。そのため相談を語っても、的を得ていない(要領を得ない)ことを語ります。
例えば・・・「彼と復縁したい」と相談する場合でも、彼の年齢は幾つなのでしょうか?
仮に相談者が30代後半で、彼が20代前半ならば・・その年齢差も考えなければならないでしょう。
例えば・・・彼が50歳代で奥さんがいるならば、当然、その状況は考慮すべきことですよね。
このような不明な点は全て、相談者に確認して質問するのです。
この質問がポジション定義を作る上では最も重要です。


皆様は「質問思考」という言葉を知っているでしょうか?
この「質問思考」こそが、ポジション定義を作る上で大切なテクニックになります。
同時に「質問思考」をマスターすれば、人生そのものが驚異的に激変します。

そこで今回のテーマは「質問思考」についてです。
実は・・「質問思考」は非常に解説が長くなります。
ですから今回は概要に留めます。


「質問思考」の前に「思考法」には幾つか存在します。
「演繹法」です。
これは、AはBである。BはCである。故にAはCである。
という垂直型思考です。
数学・物理学・化学でよく使われますね。
ただし、「AはBである」という命題が、間違っていたならば、全て間違う填めになります。


「帰納法」という思考法もあります。
鴉は羽根を持っている。
鶏も羽根を持っている。
ペンギンも羽根をも合っている。
鷲も羽根を持っている。
・・・・・・・多ければ多いほど善い。

鴉も鶏もペンギンも鷲も鳥で在る。
故に「鳥は羽を持っている」

という水平思考です。
多くの事例を挙げて、その共通項目を探し、結論を導き出す思考です。

ただし・・・
「ジェット機も羽根がありますよ!」
「紙飛行機も羽根が在りますよ!」
・・・・等とまったく違う事例が出た時は、全てが覆されます。


一般に「ビジネス」は帰納法を使います。
絶対的な事はビジネスの世界では存在しません。故に演繹法では100%無理です。
とくに顧客のアンケートの集計に役立てますね。
多くの顧客の声があり、その声をカテゴリーづつに纏めていくのです。
そのカテゴリーテーマをさらに纏めていくと、問題の本質がわかります。
これをKJ法(川北二郎法)と謂います。


では「質問思考」とは何か?

一般に「問題」「悩み」がありますね。
その問題について「答え」を探そうとします。
しかし、この単純なプロセスは、実は大きな間違いです。
答えを探そうとあがいても、質問それ自体が間違っていたら、混迷に入り込んで度坪に填まります。
この場合、質問を変えてみることです。
つまり、「問題の答えを導くために、敢えて質問自体を変えて観る」ということです。


事例です。
皆様は中学校時代の歴史で習ったはずですから、全員知っているはずのことです。

「縄文式時代」
これは、狩猟民族の時代です。定住生活はせず、獲物が移動するのと同時に、村人達も移動します。

「弥生時代」
これは定住生活の時代です。農耕民族ですね。これで安定した食料を手にすることができ、さらには男性が狩りに行かないので、
村人の安全も確保できます。


ここで「質問思考」の例えです。
縄文式時代という原始時代でも水は必要ですよね。
食料と水は生きるために必須です。
よってこの時代でも「水の確保」は生命線です。
一般的に縄文時代では、水のある場所(河や泉など)へ行って水を取って帰ってきました。
それも当たり前です。狩猟生活ですから、住む場所は獲物と一緒に移り変わります。
その都度、水の場所に行って水を運ばなければなりません。
あるとき・・
縄文式時代の男は、このように自問自答していました。
「どのようにしたら、水のある場所に速く行けるだろう?」
確かに水運びの担当の者ならば、このように考えてもおかしくありません。水の場所への移動は大変です。危険も伴います。
早く水を運んで帰ってきたいでしょうね。

しかし!
この質問では、回答は見つかりません。
なぜならば、住む場所が常に移動しているのですから。
住む場所が変われば、移動方法も変わらざるを得ません。
森を抜けることもあるでしょうし、岩山を超えることもあるでしょう。
住む場所によってロケーションも変わります。
そもそも「水の場所へ移動する」こと自体が、今までと全く変化がありません。


そこで質問を変えてみましょう。
「どのようにしたら、移動せずに水を使うことができるだろう?」

「水を運ぶ」のが目的ではありません。
「水を飲む・使う」ことが目的です。
前者の質問では、「水を飲む・使う」という視点が欠如しています。


後者の質問ならば、ダムを造り、樹をくり抜いて村に運ぶ水路も考えられます。
貯水地を創って、村人全員が水を運び、その貯水地に貯めてもいいでしょう。雨を濾過する方法もありますよ。


この質問の変化によって、縄文式時代から弥生式時代に進化したのです。文明が進化するぐらいの重大事項です。


違う例えを語りましょう。
工場の製造課での出来事です。

あるラインがクレーム率が平均の10倍も起こっている問題が見つかりました。まあ、工場ではよくある話しですね。

「A君のせいだ!」と他人の責任にしがちですね。
しかしA君を部署移動しても問題は永久に解決しません。
新たに異動してきたB君も同じようにクレームが発生します。
そしてまた「B君の責任だ!」となって同じ事を繰り返します。


だからこそ「質問思考」が大切なのです。
「ここでは何が起こっているのだろう?」
「問題の発生する条件や仕組みはどこにあるのだろう?」
このような質問をすれば、工場のラインの仕組みや工程を見直すことになりますね。部品の欠陥かもしれません。電気系統の故障かもしれません。
問題の本質が発見できます。
よって・・
問題は解決できます。


「仕事」とは「事」に「仕える」と書きます。
人に仕えるのではありません。


難しいですか?
実は「質問思考」は小学校の時に習っているんですね。
先生は「質問をしなさい」と云っていませんでしたか?
「誰かこのことについて質問はあるか?」って云ってませんでしたか?


アインシュタインはこう謂いました。
「全てに質問を!」


次に・・質問思考で間違った質問をしている場合に、正しい質問にスイッチングする方法ですね。

youtubeで質問思考について詳しく解説しています。
https://youtu.be/_PM1wMBMg0w
https://youtu.be/gB-PtWTXmwc

どちらのビデオも質問思考の習得に必ず役立ちます。


「他人の責任にする質問」を「批判者の質問」と謂います。
「仕組みの責任にする質問」を「学習者の質問」と謂います。
一般的には、人間は無意識下で、「批判者の質問」と「学習者の質問」を行っていますが、
潜在意識下のため、理性で認識していません。


前述の通り「仕事」という国語時点はありますが、「仕人」という単語はありません。
仕事は本来、事に仕えるモノなのです。
人に仕えるのは仕事では無く、嫌々行っている作業です。
「仕事」は事に焦点を当てるため、問題点が発生しても、本質的な問題点を探り、問題を根本的に解決します。


では「無意識下」で行われる「批判者の質問」と「学習者の質問」をどのようにコントロールすべきか?
ですね。
最初から「学習者の質問」をしているならば、スイッチングは不要です。
「批判者の質問」をしている場合にスイッチングは必要となります。
この辺の解説はビジネス講座や教材で、詳細に説明しています(本教材などは正式に発売していません)が、
本メルマガでは、あまりに膨大なため、簡単に説明することになります。


まず自分が批判者の質問をしていると感じたならば、
すぐに沈着冷静になることです。
そのためには、深呼吸・自己催眠・場所の移動がありますが、
会社で役立つのは「場所の移動」です。
トイレに経つと謂えば自然です。


鏡を見て自分を見つめ、以下の質問を自分にしてください。
自分に対して質問することが最も重要なのです。
「私は批判者になっていないだろうか?」
「私は何を本当に望んでいるのか?」
「私はWINーWINの関係を創るにはどのようにすべきなのか?」


この質問以外にもたくさんあります。
しかし、この質問が最重要でしょう。


学習者へスイッチングすれば、問題を恐れずに足らずです。
またポジション定義も簡単に作ることができます。

タロット占いでも自分に質問してください!
「相談者は本当は何を尋ねたいのだろうか?」
「相談者が話している状況の説明は相談者の推測なのか?それとも誰かから聞いたことなのか?」
「相談者がそこまで執着するのはなぜか?」
・・・・
たくさん質問があるはずです。
そしてこの自分に対しての質問が、ポジション定義を作ることに繋がります。

この質問思考のテクニックも動画講座では詳細に解説しています。


茂内重幸

☆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆☆
Fortunecat.co.ltd フォーチュンキャット株式会社
NAME SHIGEYUKI.SHIGENAI 茂内重幸
BIZINESS NAME 小町

〒530-0042
大阪市北区天満橋1丁目8-15
TEL 06-7162-8635
MAIL  sshigenai@gmail.com
FACEBOOK https://www.facebook.com/sshigenai
TWITTER  https://twitter.com/tarotreadingss
☆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆☆

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-12-03  
最終発行日:  
発行周期:不定期ですが原則は日刊  
Score!: 95 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。