占い

タロットが語る本当の幸せのレシピ

タロットセラピスト36年の著者が、タロットを通じて、本当の幸せの大原則を語ります。タロットは1枚1枚に、人生をいかに幸せに生きるか、の啓示が書かれているのです。

全て表示する >

愚者・・フールズ・ジャーニーの旅について!「節制」から「塔」と出逢う愚者。

2017/08/27

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼
【メルマガ】タロットが語る幸せの奥義

連想法タロットリーディング法のメソッドを学ぶキャンペーンです。
多くの方に前回のyoutubeタロットセミナーの感想を頂きました。
独学でマイペースで時間が掛かっても、タロットを学びたい方も大勢いるんですね。
でもまだ教材とかは無い・・・そんな方のために・・・・

小町の教材を二個購入した方は、もう一個教材を無料でサービスします。
2+1キャンペーンですね。

条件:動画講座・ディプロマ資格は対象外です。
条件:期間限定です。
2017年8月28日月曜日〜9月4日月曜日まで
無料で欲しい教材は、直接に小町にメールしてください。
mailto:sshigenai@gmail.com

詳しくはWEBサイトでご覧下さい。
https://www.tarot-learning.com/

youtubeタロットセミナーをご覧になった閲覧者様の感想を抜粋しますね。個人情報は削除しています。

==================================
小町先生のテキストも、いくつか購入し読ませていただいていますが、今までタロットの意味のような感じで覚えてしまいましたので、理解するのが難しいところもありましたけれど、ライブ動画でシンボルが伝えていることや、そこからの連想の仕方をとてもわかりやすく教えていただけました。まだ入り口と思いますし、頭が固いこともあり、連想さえ難しいように、思いますが、西洋美術史やギリシャ神話などもたくさん読んで柔軟に連想できるようになりたいといと思います。

そしてまた、絵を見ただけでも、相談内容に沿った解決のためのリーディングができるというのがまた凄いと思いました。特に「魔術師」の絵から伝わる印象のような、そのままを読み取るようなリーディングには本当に目から鱗状態でした!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
リアルタイムで視聴することによって、
そのメリットを色々と享受でき、
改めて、思い切って応募してよかったと思っています。

まず、録画より臨場感があり、
チャンスさえあれば生でチャットにも
参加させてもらいたいと考えたり、
そうとなれば、どんな発信をしたいのか
自問自答する絶好の機会になりました。
勇気が足らず、
実際にチャットでなんらかの発信をすることはできませんでしたが、
私が心のうちで自問自問したあれこれは
決して無駄ではなかったと思います。

アウトプットの重要性を
小町先生はよくおっしゃられていますが、
わが身にてらしても
やはり、アウトプットのない思考は自己完結してしまっていて
発展性に欠けている気がします。

そうしてる限り、心は平安で、リスクも少ないわけですが、
いざ、アウトプットをしようという段になると、
自己批判的な発想も自ら自ずとせざるをえなくなり、
いろいろなことを心配したり考えてしまうのに気付かされます。
しかし、そうした刺激や、
ときに自己開示に伴う痛みのようなものを通じて
むしろ成長の機会をいただいているのだと思えば、
アウトプットをしないことこそ、むしろ、
成長機会を逃してしまうリスクだと実感させられました。
誇大妄想家にならないためにも
(そうなることは、もっとも望まないこと、
避けて通りたいことですから)
適度にアウトプットして、
自分を見つめることのできるような他者的まなざしを
自らに向けるということが必要なのだと考えています。
小町先生の視点は、論理的で、緻密で、
勘ではない背景にきちんと裏づけされた頑丈さがあり
常々、私の志向するものに近い傾向を感じます。
私自身、論理性をもって思考したいという志向性が
元来の傾向として強いようなのです。
そのためか、小町先生の発信されるコンテンツは
どれもいつも心が満足するような、
満たされるような感じになっている気がします。
自然とみたくなる、といったらよいのでしょうか。
そしてその期待が裏切られることがないのです。

さて、今回は、応募して参加させていただいたからには
直接、小町先生にご感想を提出するお約束があることを意識したおかげで
感想として何を伝えたらいいか
あれこれ思案しましたし、
そういう風に自分からの発信(アウトプット)を意識するのは
匿名で録画画像を後から見るだけであるのとは
まったく違う効果を自分にもたらしてくれたと
感謝しています。

同様に、無料講座の開催までの間、内容を想像して
先のことを楽しみに待っていた時間と
今回のチャンスを機に、
いろいろ自問自答できたことが
私にとって最大の収穫だったと思います。
いつもよりも、待つ期待のようなものを
リアルタイムに感じる絶好のチャンスをいただいたように感じます。

動画講座では、自問自答する上で
どんな風に行ったらいいか、重幸様の模範を確認しながら
コツを知ることができました。

タロットは、自問自答をする上で有効なツールなんですよね。
タロットを使いこなせるようになれば
人生をもっと豊かにできる、使わないことが損と思うくらい
優秀なよくできたアイテムなんだとわかりました。

うまく活用することは決してネガティブな依存ではなくて、
人間としての成長の近道なのだと思います。

だからこそ、自問自答の質をあげるために、タロットをもっと
使いこなせるようになりたいですし
成長意欲が、ますます、差し迫ったものになり
大きく膨らんでいる昨今です。

タロットで言えばワンドの【火】、情熱が
新たに宿るのを感じるのです。

情熱こそ、成長するのに必要な
大事なもの、借り物では得られない
内発的な宝だと思います。

そういう心のうちの情熱、好奇心を
書き立ててくれるコンテンツを発信してくださる
小町先生には本当に感謝しています。

ありがとうございました。

私は、タロットはもちろんのこと、
自己催眠や、ユングのいう集合的無意識へのアクセス、
カバラ思想に興味があります。
小町先生が世の成功者や
米大統領のトランプ氏も使っていると
おっしゃっていた、潜在意識の活用法など
興味があり、個人的にこれまで研究してきた分野でもあります。
そういったお話についても是非続編を聞かせていただきたいです。
人間にはまだ未知、未開拓の世界が多分に残されていて
タロットはそこにアクセスする鍵か隠し扉みたいな
神秘的ツールのように感じます。
==================================

まだまだ、たくさんのご感想を頂き、誠にありがとうございます。
ご感想で述べられていたように、タロットは自己改革のツールでもあるんですよ。
人間の人生で最も重要な行動はOUTPUTです。


下記にyoutubeタロットセミナーの動画UPしたURLリンクを記載しますので、まだご覧になっていない方は是非観てみて下さい。啓蒙の意味で、是非、次回のセミナーにご参加頂ければと思います。
https://youtu.be/M3b9djl5-NY


【本日のテーマ】愚者・・フールズ・ジャーニーの旅について!「節制」から「塔」と出逢う愚者。

==================================
新しい小町のタロットの極意のWEBサイトへGO!
https://www.tarot-learning.com/


小町のyoutubeビデオをご覧下さい!
無料でタロットの奥義が学べますよ。
youtubeビデオだけのキャンペーンもあります。
※youtubeからメルマガに登録された方は失礼致します。
https://youtu.be/bXkKTXD3XCA


小町のプロフィール詳細はこちら⇒ https://www.tarot-learning.com/profile
==================================

【意味を覚えない連想法タロットリーディング法によるタロットリーディングのメリット】
○「意味を覚える」学習法では無く、絵の全体・部分から何を感じ、その感想から連想に発展させることによって、タロットリーディングが今まで以上に上達するでしょう。
○タロットが単なる占いのツールでは無く、それ以上に「人生を導く」ツールであることがわかるでしょう。
○タロットリーディングの胆である物語化(ストーリング)のテクニックが体系的に学べ、矛盾の無いタロットリーディングできるようになります。
○コートカードを人物としてでは無く、「状況や環境」などのプロセスとしてリーディングできるようになります。
○何より絵を観ての「感想」さえ語れれば、誰にでもタロットがプロ以上に読めることがわかります。
○今まで「意味を覚える」タロット学習法から、「意味を覚えない」「意味を覚えてはいけない」学習法を体系的に習得できます。
○矛盾したカードをドローしても、それは必然であり、整合性が明確なリーディングが可能になります。
○「当たる占い」という本当の真理が理解でき、自分占い、他者占いも的を得たリーディングができるようになります。
○一般的にタロットは独学ではプレベルまでは到達できません。本書でプロタロット占い師に必ず成れるとは申しませんが、タロットリーディングの原則を習得できるため、反復練習を繰り返すことで、プロの域まで望めるでしょう。
○副業としてタロット占いを行う場合でも、体系的なタロット学を学ぶことによって、セミプロとしてサイドビジネスも可能になるでしょう。


私のWEBサイトのブログを紹介します。
https://www.tarot-learning.com/blog
このブログは、メルマガには書かれていないタロットのさらに奥深い内容を解説しています!!!


==================================

【本日のテーマ】愚者・・フールズ・ジャーニーの旅について!「節制」から「塔」と出逢う愚者。

<節制>
愚者は生と死が共通のものだとわかり、次の扉に向かいました。
相変わらず光輝いている扉です。
ただし、今回は穏やかな光のように感じられます。
扉を開けて中に入ると一人の天使が立っていました。
髪は金髪です。
二つの水差しを持って、一方の水差しからもう一方の水差しへ特別な水らしき液体を流し込んでいます。
愚者は「こんな不安定な場所で一滴も零さないなんて凄いな!」と思いました。
愚者は天使に近づいてみました。
天使の周囲には水仙の花が咲いています。
天使の様子を観ると、白いロングドレスを着ていました。天使は裸足です。左足は大地、右足は泉の水の中に付けています。つま先立ちのようでした。
その天使は、このようなアンバランスな状態の中で、微々たる動きもしないで完璧に水を移しています。
不可思議なのは、その水差しからは永久に水が流れ出していることです。
「水差しの中の水は無くならないのかな?」
「一体、何のためにあんな事をしているんだろう?」
愚者は不思議に思いました。
愚者は思いきって天使に聴いてみました。
天使は美しい声で答えます。
「私は大天使ラファエルです。私は潜在意識の水差しから理性の水差しに命の水を移し替えています。また時には、理性の水差しから潜在意識の水差しに移すときもあります。私はつま先立ちですし、片足は大地、片足は水辺に足を入れていますが、バランスが狂うことは一切ありません。」
「貴方は愚者でしょう。噂はミカエルから聞いています。大地は理性を、水は潜在意識を顕しているのですよ。」
愚者は自分のことを知っているのでちょっと驚きました。
「私は潜在意識のパワーを知っています。また理性(顕在意識)でも潜在意識のパワーを使うことができることも知っています。」
「私は旅の守護者であり、同時に健康や医療の天使です。旅をするには健康で無くてはなりませんからね。」
愚者はラファエルが何をしているのかは分かりましたが、その理由がわかりません。
ラファエルは答えます。
「健康とはバランスです。健康とは肉体的な要素も精神的な要素も全てが正常で自然な状態のことを云うのです。心に偏れば心を閉ざすことに繋がります。肉体を使わなければ筋肉は衰えます。しかし使いすぎてもいけません。偏りは病を生み出します。」
愚者は感心して聴いています。
「貴方もまだ旅を続けるのでしょう。だったら、全てのバランスを意識しなさい。観ることもそうですよ。全体しか観ないのは偏りです。部分しか観ないのも偏りです。全体を観つつ部分も観ること・・・それが観るということです。」
愚者は大天使ラファエルに大事なことを教えて貰いました。
そして次の扉に向かったのです。









「愚者の旅」は、後半に突入しています。これからさらなる経験を積むことになるわけです。
人間の苦しみは仏教では「四苦八苦」と云いますが、肉体的な苦痛も辛いですよね。ただ心の苦痛もその辛さは大きいものでしょう。
自身の苦悩は、幾ら、言葉で語っても他人には伝わりません。
日常的に見かける風景ですが・・・夫婦同士で「仕事が・・・で・・ストレスが溜まる」とか話していますよね。
まあ、話すことによってストレスは軽減するのですが。
只、実際の肉体的な痛みや心の苦悩は、幾ら言葉にしても絶対に他者にはわかりません。
他人は語っている言葉から推測するだけです。
実際の痛みはわかりません。
「痛い」「苦しい」と感じたならば、言葉にするよりも行動すべきです。例えば病院に行く・・・気分転換に公園に出かける・・等いろいろできることがあるはずです。

<悪魔>
今回の扉は毒々しい黒光りでした。
何か嫌な予感がします。
それでも愚者は、迷わず、扉を開けて入っていきました。
「何?これは?」
愚者は身体が硬直してしまいました。
今までは、少なくとも悪意のある方々では無かったわけです。
今回はコウモリの翼をした悪魔が黒い長方体に座っています。グロテスクな姿で、角の生えた小悪魔が鎖で繋がれています。
「これが悪魔・・・!!!」
法王様から聞いてはいましたが、悪魔と出逢うのは初めてです。
悪魔は神を冒涜していました。
額には逆五芒星があり、右手には神を冒涜する言葉が刻まれています。
すると突然、悪魔が愚者に云いました。
「おい、小僧!お前はここで何をしにきたのだ?儂は悪魔。傲慢・強欲・堕落・嫉妬・憤怒・淫乱・暴食・・あらゆる罪を司る者だ。」
愚者は恐怖で立ちすくんでしまいます。
でもそこは愚者。
悪魔に問います。
「なぜ、同じ悪魔を鎖で繋いでいるのですか?」
「愚か者め。これは私の所有物だからだ。鎖はそれを証明するものだ。此奴ら小悪魔は俺様から逃げたりはしない。今のままのほうがラクだからだ。人間も同じ。人間はラクをしたい生き物だ。鎖はただの飾りだ。」
「貴方は神を冒涜しています!」
愚者は叫びます。
悪魔は怖い声で、「当たり前だろう。俺様の目的は人間をさらなる罪におとしめることだ。」
「人間は弱い。弱すぎるのだ。欲望という飴を差し出せばすぐなびく。」
愚者は悪魔が云うことも一理はあるな・・と感じます。
「貴方は悪そのものなんですね?」
「当たり前だ。しかし俺様の存在は神も黙認している。俺様は人間を陥れることだが、同時に現実的で実際的なものの観方や考え方も啓蒙しているからだ。人間は夢を描くが、夢は夢でしか無い。生きて行くには現実を見極めなければならない。」
「愚か者よ!わかったか!わかったならさっさと出て行け!」
愚者は逃げるように悪魔の元を去ります。


<塔>
逃げるように次の扉を開けて入っていきました。
すると、恋人たちのときと同じように、まったくの異世界に付いたようです。大きな高い塔が見えます。
この塔から人間が落ちています。よく観ると皇帝と女帝ではありませんか。塔には雷が落ち、どんどん壊されていきます。
「これはバベルの塔?」
愚者は法王から聞いた話しを思い出しました。
人間が神に近づきたいと高い塔を建設したとき、その傲慢に神は怒り、塔を粉々にしてしまった話しです。
それにしても凄い破壊力です。
この雷は神の怒りなのでしょう。
すると・・・不可思議な事が起こりました。
なんと愚者自身が塔の中に入っているのです。
「ええ!ここは塔の中なのか?このままだと死んでしまうぞ」
塔はどんどん崩されていきます。
塔には扉はありません。
窓はありますが、あまりに高くて届きませんし、窓は火の海です。
確かにこのままでは死んでしまいます。
愚者はここが心の中であることを忘れてしまっています。
兎に角、現状を打破しなければ・・
愚者は考えます。
「よし、落ちている岩を使って、塔に穴を空けよう!」
急いで作業をします。
愚者は自分が通れるぐらいの穴を空けて、そこから無事脱出しました。
「なぜ僕がこんなハプニングに遭うんだ?」
と愚者はつぶやきます。
すると天から声が聞こえました。
「愚者よ、よく聴きなさい。今、お前が経験したことは、お前が成長する上で欠かせないことなのだ。人間はすぐに習慣に染まって、固定観念や既成概念を抱いてしまう。しかし、ものの観方や考え方を自分の固定観念のままで行えば、成長はストップしてしまう。成長するには自分自身の殻を壊すことなのだ。」
「また傲慢は人間ならば誰にでもある罪である。その傲慢という堅い扉を破壊して素直にならなければ、人間は絶対に成長できないのだ。」
愚者は「これは神様の声だな」と思いました。
この場所に来たのも、創造と破壊は別のものでは無く、破壊があるから創造できるという宇宙の真理だということを学んだのです。

【ニーチェ:ツラトスツラはかく語りき】
ニーチェ著作の『ツラトスツラはかく語りき』では三様の変化という章があります。

人は次のような三段階を経て完全へと至るという洞察です。さすがにニーチェだけあって動物・人間をメタファーとして詩的象徴的に表現しています。

まず始めに人間は駱駝にならなくてはいけない!
第一段階は「駱駝」。駱駝は、重荷を背負って「然り」・「否」のどちらを言う自由も許されず、ただ黙って砂漠の中を黙々と歩むのみです。これは、環境・世界・神と一体化し、その一部としてただ繋がれているのみの状態を象徴しています。要は経験を積むということです。

次に人間は獅子にならなければいけない!
第二段階は「獅子」。獅子は、己の力を自覚し、自由への可能性を見出します。それゆえ、初めて環境・世界・神に対して「否」という勇気を持ち始めます。自我の発生であり、環境・世界・神からの分離です。力強く自らの足で大地を踏みしめ、自由を求めて支配力を行使します。パーソナルの段階です。固定観念や既成概念の破壊ですね。

最後に赤子に戻るのだ!
第三段階は「赤子」。赤子は、さらに深い覚醒の中で、己は環境・世界・神からは分離などしていなく(できることもなく)、本質的・究極的には最初から最後まで永遠に「一体」であることを(実感として)悟ります。この悟りゆえの「無垢」であり、根本的な「和解」であり、心の底から環境・世界・神・そして己自身に「然り」と宣言します。トランスパーソナルの段階です。つまり神が最も愛する純粋無垢ですね。

タロットの「塔」はニーチェの三様の変化では「獅子」に当たります。



タロットを読むときですが、今のような「大局的」なものの観方はタロットリーディングにかなりの影響が出ます。
勿論、善い影響です。


是非、読者の皆様は「意味を覚えない」「意味を当てはめない」タロットを習得して頂き、より多くの人の心の扉を開いてあげるお手伝いをして欲しい・・とつくづく思います。


よろしくお願いいたします。

茂内重幸

☆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆☆
Fortunecat.co.ltd フォーチュンキャット株式会社
NAME SHIGEYUKI.SHIGENAI 茂内重幸
BIZINESS NAME 小町

〒530-0042
大阪市北区天満橋1丁目8-15
TEL 06-7162-8635
MAIL  sshigenai@gmail.com
FACEBOOK https://www.facebook.com/sshigenai
TWITTER  https://twitter.com/tarotreadingss
☆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆☆

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-12-03  
最終発行日:  
発行周期:不定期ですが原則は日刊  
Score!: 95 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。