占い

タロットが語る本当の幸せのレシピ

タロットセラピスト36年の著者が、タロットを通じて、本当の幸せの大原則を語ります。タロットは1枚1枚に、人生をいかに幸せに生きるか、の啓示が書かれているのです。

全て表示する >

愚者・・フールズ・ジャーニーの旅について!「戦車」から「運命の輪」と出逢う愚者。

2017/08/25

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼
【メルマガ】タロットが語る幸せの奥義

下記にyoutubeタロットセミナーの動画UPしたURLリンクを記載しますので、まだご覧になっていない方は是非観てみて下さい。啓蒙の意味で、是非、次回のセミナーにご参加頂ければと思います。
https://youtu.be/M3b9djl5-NY

個人指導のリアルタロット講座を、先着5名様のみ募集させて頂きます。
下記のWEBサイトから詳細の内容とお問合せをお願い致します。
※お問合せフォームのバグは修正しましたので大丈夫です!
期間:2017年8月21日〜8月26日まで
https://www.tarot-learning.com/
※もう残り枠は1名様のみになっていまいました。


【本日のテーマ】愚者・・フールズ・ジャーニーの旅について!「戦車」から「運命の輪」と出逢う愚者。

==================================
新しい小町のタロットの極意のWEBサイトへGO!
https://www.tarot-learning.com/


小町のyoutubeビデオをご覧下さい!
無料でタロットの奥義が学べますよ。
youtubeビデオだけのキャンペーンもあります。
※youtubeからメルマガに登録された方は失礼致します。
https://youtu.be/bXkKTXD3XCA


小町のプロフィール詳細はこちら⇒ https://www.tarot-learning.com/profile
==================================

【意味を覚えない連想法タロットリーディング法によるタロットリーディングのメリット】
○「意味を覚える」学習法では無く、絵の全体・部分から何を感じ、その感想から連想に発展させることによって、タロットリーディングが今まで以上に上達するでしょう。
○タロットが単なる占いのツールでは無く、それ以上に「人生を導く」ツールであることがわかるでしょう。
○タロットリーディングの胆である物語化(ストーリング)のテクニックが体系的に学べ、矛盾の無いタロットリーディングできるようになります。
○コートカードを人物としてでは無く、「状況や環境」などのプロセスとしてリーディングできるようになります。
○何より絵を観ての「感想」さえ語れれば、誰にでもタロットがプロ以上に読めることがわかります。
○今まで「意味を覚える」タロット学習法から、「意味を覚えない」「意味を覚えてはいけない」学習法を体系的に習得できます。
○矛盾したカードをドローしても、それは必然であり、整合性が明確なリーディングが可能になります。
○「当たる占い」という本当の真理が理解でき、自分占い、他者占いも的を得たリーディングができるようになります。
○一般的にタロットは独学ではプレベルまでは到達できません。本書でプロタロット占い師に必ず成れるとは申しませんが、タロットリーディングの原則を習得できるため、反復練習を繰り返すことで、プロの域まで望めるでしょう。
○副業としてタロット占いを行う場合でも、体系的なタロット学を学ぶことによって、セミプロとしてサイドビジネスも可能になるでしょう。


私のWEBサイトのブログを紹介します。
https://www.tarot-learning.com/blog
このブログは、メルマガには書かれていないタロットのさらに奥深い内容を解説しています!!!


==================================

【本日のテーマ】愚者・・フールズ・ジャーニーの旅について!戦車」から「運命の輪」と出逢う愚者。

<戦車>
扉をくぐると、そこは賑やかな場所でした。
愚者はまた現在に戻ってきたのです。
何か華やかなパレードが開かれるようです。
「彼が勝利した!」
「勝利に万歳!」
大勢の人が集まっています。
愚者は人混みをかき分けて、様子を観ることにしました。
すると・・・
そこには戦車に乗った若者がいました。
若者は胸帷子を着けて、たいそうな戦車に乗っています。
不思議ですが、戦車を引くのはスフィンクスでした。
白と黒のスフィンクスです。
愚者は若者に声を掛けてみました。
「貴方は英雄なんですね!」
若者は愚者に云いました。
「俺様は英雄だよ!闘いに勝利して今、凱旋するところだ。君も私に拍手で送ってくれたまえ!」
「ええ・・」
愚者はなんとなく違和感を感じました。
何かの闘いに勝ったのだろう・・・だけど、彼はどことなく未熟な感じがする・・
愚者は皇帝に出逢ったときのことを思い出していました。
皇帝は荘厳で、威厳があり、何も言わず、自分の責任を果たそうとしていました。
でも彼はちょっと違います。
愚者は彼を観察しました。
肩パッドは三日月のようですが、顔が浮き出ています。
「へんてこな肩パッドだな・・・」
肩パッドはこの若者の心を映していたのです。
勝利に自慢する顔。
勝利してもどこか不安げな顔。
「やっぱり皇帝様とは違うな」
愚者は思いました。
愚者はスフィンクスに尋ねてみました。
「これから君たちは戦車を引いて凱旋するんでしょう!」
スフィンクスは、白と黒の双子です。スフィンクスは一緒に同じ事を語りました。
「凱旋するかどうかはこの若者次第だよ。僕ら双子のスフィンクスを上手くコントロールできれば、前に進むことはできるけどね。ちゃんと調整して指揮しなければ、前に進むことはできないのさ!」
愚者は納得しました。
皇帝とこの若者の決定的な違いは、覚悟や責任感が無いからだと。


<力>
愚者は戦車を後にして大自然に行きます。
でもそこに、一人の女性が立っていました。
愚者は驚きました。
彼女はどう猛な赤いライオンを素手で手なずけています。
彼女はライオンの上あごと下あごを掴んでいるんです。
「そこの貴方!大丈夫ですか?ライオンに食べられてしましますよ!」
愚者は心配になってそう話しかけました。
女性は静かに答えました。
「このライオンはどう猛で危険です。それは確かよ。でも私の癒やしや慈愛の力で大人しいの。」
愚者はわかりません。
「でもライオンですよ。噛まれたら大けがではすみませんよ!」
女性はまた静かに語ります。
「私は力の女神です。でもその力とは強引な肉体的なパワーではありません。心の穏やかさと優しさ、慈しむ力です。どんなに危険な動物も、肉体的な力で押さえつければ反抗します。でも、理解してあげて、慈しんであげれば時間は掛かっても穏やかになるのですよ。それに、この赤い獅子は、私の悪しき心でもあるのよ。自分の悪い部分を強制的によくしようとしてもダメなの。まずは分かってあげないと。」
愚者は感心してしまいました。
荒くれた心も、その立場でわかってあげて優しく接することで、穏やかになっていく。
それには時間は掛かるかもしれないけれど、この慈愛こそが真の力なのだと気がつきました。


<隠者>
次に愚者は自分の最初に居た近くの氷の山に登ってみました。
険しい氷の山でしたが、この懐かしい氷の山に戻ってきたのです。
山の頂は、とても静かです。
平和で穏やかな雰囲気が周囲に漂っています。あたりは薄暗く、でも見えないというほどではりません。
その頂きに一人の人物が立っているのを愚者は見付けました。
黒っぽいフード付きのローブを全身に着ており、白髪なので老人であることは予想できます。
その老人は、じっとして動こうとしません。
愚者が近寄っても微動だにしません。
彼はじっと下を見ています。右手にはカンテラを持ち、左手には長い樹の棒を持っています。
カンテラの火は、この老人の足元だけを照らしています。
愚者は気になってこの老人に尋ねてみました。
「貴方はなぜここに立って動かないのですか?」
その老人は静かに、聞こえるか聞こえないかという小さな声で語り出しました。
「私は隠遁した者。しかし、現実の世界を旅して人間の生き方や考え方を経験してきた。其方も旅の者であろう?」
「はい!私も旅をして多くを学んできました!」
「その通りだ。儂はお前自身だ。わかるか?お前がここに来たのも理由があるのだ。お前の前半の旅は終了したのだ。お前の姿を今一度観てみるが良い?」
愚者は不思議なことを云う老人だな?と想いながら、自分の足元を見ました。するとどうでしょう。
黒っぽいローブを着ているではありませんか?
なぜかカンテラも持っています。杖のような樹の棒も持っています。
愚者は気がつきました。
氷の山にある氷りの岩が、自分を写していたのです。
「僕はこんなに歳を取ってしまったのか?」と驚きました。
現実の世界の旅が終わり、愚者は隠者として、氷の山に戻ってきたのでした。さて、これから、愚者の旅はどのように展開するのでしょうか?

<運命の輪>
隠者となった愚者は、氷りに映った自分をじっと見つめています。
すると不可思議なことが起こりました。
時間が止まり、今居た場所から、急に奇妙な場所にワープしてしまいました。個々は異次元空間?
愚者は奇妙な風景を目撃したのです。
大きな輪がもの凄いスピードで回転しています。
その輪はまるで宇宙のようです。
輪にはスフィンクスと赤い獣が止まっていて、輪が回転する度にスフィンクスか赤い獣が上になります。
スフィンクスが上の時はなんだか幸せな感じがします。
でも赤い獣が上になると恐ろしい感じがします。
この回転する輪には何かメッセージがるのでしょうか?
輪の四隅に、不可思議な雲の中に「人」「鷲」「獅子」「雄牛」がいます。
愚者は宇宙のエネルギーのような感じがしました。
水のパワー。
風のパワー。
火のパワー。
土のパワーです。
回転している輪を観ていると、心の中から何か語りかけてくるような気がします。
「愚者よ。君はこれから現実世界の旅を終えて、心の旅に出かけるのだ!これは君の運命。君が為さねばならない必然の事だ!」
愚者はその声の主はわかりません。
でも、今の旅から違う旅に出かける転機であることを感じたのです。


「愚者の旅」は、非常に長い壮大な物語ですね。
これ以降、愚者は「精神の旅」「心の旅」に出かけます。
今までは、現実世界の人物達に出逢い、経験を積んできました。これ以降は心の世界です。現実の人間は登場しません。



タロットを読むときですが、今のような「大局的」なものの観方はタロットリーディングにかなりの影響が出ます。
勿論、善い影響です。


是非、読者の皆様は「意味を覚えない」「意味を当てはめない」タロットを習得して頂き、より多くの人の心の扉を開いてあげるお手伝いをして欲しい・・とつくづく思います。


よろしくお願いいたします。

茂内重幸

☆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆☆
Fortunecat.co.ltd フォーチュンキャット株式会社
NAME SHIGEYUKI.SHIGENAI 茂内重幸
BIZINESS NAME 小町

〒530-0042
大阪市北区天満橋1丁目8-15
TEL 06-7162-8635
MAIL  sshigenai@gmail.com
FACEBOOK https://www.facebook.com/sshigenai
TWITTER  https://twitter.com/tarotreadingss
☆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆☆

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-12-03  
最終発行日:  
発行周期:不定期ですが原則は日刊  
Score!: 95 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。