占い

タロットが語る本当の幸せのレシピ

タロットセラピスト36年の著者が、タロットを通じて、本当の幸せの大原則を語ります。タロットは1枚1枚に、人生をいかに幸せに生きるか、の啓示が書かれているのです。

全て表示する >

【謝罪及びご連絡】今回の先着5名様の個人指導講座のお問合せフォームに不具合があり、複数のお問合せ者様のメールアドレスが届かなくなっています。また多くのお問合せがありましたので、本メルマガにてご連絡申し上げます。

2017/08/21

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼
【メルマガ】タロットが語る幸せの奥義

【謝罪及びご連絡】今回の先着5名様の個人指導講座のお問合せフォームに不具合があり、複数のお問合せ者様のメールアドレスが届かなくなっています。また多くのお問合せがありましたので、本メルマガにてご連絡申し上げます。

今回のキャンペーンは以下の件となります。
個人指導のリアルタロット講座を、先着5名様のみ募集させて頂きます。
下記のWEBサイトから詳細の内容とお問合せをお願い致します。
期間:2017年8月21日〜8月26日まで
https://www.tarot-learning.com/

本日、20:00にメールチェックを行ったところ、お問合せをされた質問者様のメールアドレスが複数、当方側で届かない不具合がありました。
誠に申し訳ございません。
また、複数名の方のお問合せがあり、読者様も「個人指導タロット講座」にご興味があると理解させて頂きました。

よって・・・
本メルマガで、「個人指導タロット講座」の概要を解説したいと存じます。
お手数ですが、下記のメールアドレスにご連絡下さいますようお願い申し上げます。
mailto:sshigenai@gmail.com


以下は個人指導タロット講座についての概要です!
==================================

皆様のご質問のご回答をさせて頂きます。

限定人数は今のところ、残り枠3名様となっています。
料金体系は、ご質問者様のカリキュラム内容によって変動しますので、それはご相談下さい。
お手数ですが、下記のメールアドレスまでお問合せ願えれば幸です。
mailto:sshigenai@gmail.com

テキスト教材をご購入する事と最大の違いをお話しします。
テキスト教材・動画教材共に原則的に「独学」には変わり在りません。
「連想法タロットリーディング法」を習得する場合も、愚私が相反している「意味を覚える」学習方法でも、時間が掛かります。
今まで多くの生徒様・読者様を観てきましたが、平均すると3年〜長い方で5年程度は掛かるのが普通ですね。
また、独学のケースでは、ご自身の長所や短所を指摘してくれる方はいません。どのように教えれば、理解度が深まるか?効果的か?を考えてくれる人が居ないわけです。だから時間が掛かります。
当然ですが質疑応答もできませんよね。

個人指導の講座は、平均ですが半年ほどでプロの域に到達できます。愚私もご自身に合わせた教え方ができます。
当然、質疑応答はリアルタイムで解決できます。
また、圧倒的に理解度が深いのが特徴です。

カリキュラムは生徒様がお決めになるシステムを取っていますが、当方側で用意させて頂いたプログラムをご紹介します。

タロット講座についてですが、カリキュラムは、以下の通りとなります。
1講座が2時間となります。12回の講座となっております。
講座方法はSkypeを使用します。

Skypeの設定方法等分からない事があれば、お気軽にお訪ね下さい。

Skypeのメリットは、使用している端末に左右されないことです。(WindowsでもMacでも問題ありませんし、タブレットやスマホでも大丈夫です)
またSkypeは無料です。
無料でダウンロードでき、無料でビデオ通話ができます。
よって時と場所を選ばずに、講座を受講することができます。
講座では画面共有を使い、講座専用のPowerPointのスライドを使いながら、実際にエクササイズをして貰ったりします。
講座では、愚私からの「質問」が多いことが特徴です。
これは学校の授業と同じです。
先生は必ず授業中に生徒様に質問しますよね。
講座内容の理解度を測り、同時に深く学んで貰うことが理由です。

カリキュラムは以下の通りとなります。

カリキュラムの基本パターンは以下の通りですが、生徒様のご都合で増加したり少なくしたりも柔軟に対応させて頂きます。
一回2時間(合計12回)
第一回:タロットの概要・歴史・浄化
第二回:タロットリーディングの基本
第三回:タロット大アルカナの読み方第一回
第四回:タロット大アルカナの読み方第二回
第五回:タロット大アルカナの読み方第三回
第六回:タロット小アルカナの概要と小アルカナのリーディングの基礎
第七回:WANDS
第八回:CUPS
第九回:SWORDS
第十回:PENTACLES
第十一回:物語化・ストーリングテクニック
第十二回:3Cards Spleads

※全ての読み方は「連想法タロットリーディング法」のメソッドをご教授致します。

カリキュラムは、多くなる可能性もありますが、金額を余計に請求することはありません。
またカリキュラムは、生徒様の理解度合いによって変えるケースもあります。
また、カリキュラム回数を超えることも多々ございますが、私自身、多くの方に本物のタロットリーディングを習得して啓蒙することがライフワークですので、
別途追加料金は一切頂きません。
※大抵は12回では終わらず、20回程度になります。

この料金体系も以上の様なカリキュラムをベースにしています。詳細金額はご質問者様と直接擦り合わせて決める事に為ります。
mailto:sshigenai@gmail.com

一応・・・基本的な料金体系ですが・・・
※と言っても「***」だとわかりませんね・・・(T.T)
金額は一括お支払いと分割お支払いで異なります。
分割お支払いの場合は・・
****円(税込み****円)となり、10回分割で****円づつのお支払いと相成ります。
一括お支払いの場合は・・・
****円(税込み****円)となります。
個人指導のリアル講座は、申し訳ございませんが値引きはご遠慮申し上げております。
講座料金ですが・・実は10年前は**円でした。


基本カリキュラムについて補足申し上げます。
第一回目〜第五回目はカリキュラムプログラムの変化はしませんが、それ以降は、ご要望やご理解度合いを加味してカリキュラムの順序を変更するケースもございますが、基本的には全てのカリキュラムを学習されることと存じます。

第一回タロットの概要・歴史・浄化
本章では「タロットが実際に意味を覚えないで、誰にでも読めること」を実践して頂きます。
既にタロットをご存知の場合は、浄化方法などは省略しても、一向に構いませんので、講座時にお申し付け下さい。

第二回タロットリーディングの基本
連想法タロットリーディング法のメソッドの基本的なフレームワークを学んで貰います。
これは「意味を当てはめない」タロットリーディングメソッドです。
この連想法タロットリーディング法も多くのテクニック・ノウハウがあります。

第三回タロット大アルカナの読み方第一回
大アルカナとはそもそも「どのように読むのか」という基本概念と、「愚者」から始めます。
ここでは描写方法やモチーフの読み方の基本を学ぶ事に為ります。

第四回タロット大アルカナの読み方第二回目
「愚者」から進みどの大アルカナカードまで終了するかは、第三回目の講座で決まります。
早ければ、「悪魔」もしくは「塔」まで進むことでしょう。
特に焦る必要はございません。
大アルカナは基礎中の基礎なので、ペースとしてはゆっくりのほうが宜しいかと思います。

第五回タロット大アルカナの読み方第三回目
ラスト大アルカナ「世界」まで行います。
大アルカナの最後は、大アルカナで実占して貰いたいと思います。
ここでも焦る必要は全くありません。
最初から何でもできる方は存在しません。
諺にこのようなものがあります。
「高く飛ぶにはまず低くしゃがまなければ為らない」
また宇宙の原則、物理学でも証明されていますね。
物体の移動速度は「0」から始まり、二乗倍の加速度を持ちますよね。
要はなんでも最初はゆっくり動くということですね。
自動車も最初から時速200KMは出ませんよね。
人間など動物が走るときも、最初から最高速度にはなりません。

第六回タロット小アルカナの概要と小アルカナのリーディングの基礎
小アルカナは以外に蔑ろにされやすいのですが、実は非常に多くのメッセージがあります。
同時に小アルカナなりの読み方があります。正確に言えば、小アルカナの数札とコートカードは読み方が違います。

第七回WANDS
タロットの順番ですが、「ワンド」⇒「カップ」⇒「ソード」⇒「ペンタクル」となります。
この順序はどのデッキでも同様です。
「ワンド」は「火」
「カップ」は「水」
「ソード」は「風」
「ペンタクル」は「地」
の属性ですね。
占星術では一般的には「白羊宮」「金牛宮」「双子宮」「巨蟹宮」という順序となっています。
※多説が存在しますので、これは一般的な説です。
属性の順序は「火」「地」「風」「水」ですね。
タロットの属性と比較すると、「地」と「水」が入れ替えとなります。
どの占星術の説でも、「火」の属性から始まるのは共通です。
これは旧約聖書「創世記」に、ヤーウェ・エロヒム(神のことです)が、「光あれ」と云って宇宙を創ったわけですが、この光は属性では「火」です。最後に人を創りますが、人(アダム)は地から創られます。
参考までに天使は全て「火」から創られています。
よって悪魔も「火」から創られていることになります。
※正確には「悪魔」という単語は間違いです。これは宗教的に「闇=悪」であり「聖の反対は魔」であることを鑑みて創られた単語です。
元来は堕天使となります。天使が墜ちたのですから、「火」で創られているのは当然のことでしょう。
「火」の属性が最初に来るのは、「創造=火」だからです。
タロットの場合は、「水」が来ますが、「水=愛」となります。創造された者に愛を持たせるというメッセージですね。でなければ人間は存在し得ません。その次に「風」ですが、「風=理性=知識」です。人が文明を持つ順序としては、まず人が創られ、愛という潜在意識が植え付けられた条件の元で、他者の幸せを願う(愛)ために知識を使う(風)となります。最後に「地」ですが、「地=成長=育成=成果」となります。「火」⇒「水」⇒「風」のサイクルによって、人が成長し(人類は文明を持ち文化や芸術を育みました)、それによって新たな価値が生まれる・・・という流れになるのは自然です。

第八回CUPS
「カップ」は非常にキリスト教的なカードですね。感情や情動のカードです。
講座の中でそれが分かると思います。

第九回SWORDS
「ソード」は逆に理性や知識、情報です。
しかし・・・人が幾ら頭を絞っても神の智恵に叶うわけがありません。
アインシュタインの知能指数は171ですが、彼でも人類に愛を完全もたらすことは不可能です。
逆に相対性理論によって、原子爆弾が生み出されてしまいました。
※人の知恵など神からすれば無に等しいわけです。逆に知識がある故に信仰を無くし、傲慢になります。それを神は良しとはしません。「ソード」が辛辣なのはそのためです。

第十回PENTACLES
「ペンタクル」は非常に読みやすいカードです。
読みやすいという表現よりは、むしろ分かり易いと言えるでしょう。
人間の日常生活に最も根ざしているスートだからです。
正式名称は「ペンタグラム」と呼びますが、タロットでは「ペンタクル」と呼ばれます。

第十一回物語化・ストーリングテクニック
「タロット」は物語のように読んでいくテクニックが必須になります。
仮に10枚ドローしたと仮定します。
一枚づつ単独で読むのは素人さんの読み方です。
相談内容は連続した出来事の経過の中で起こっています。人生も皆同じですね。

第十二回3Cards Spleads
俗に言われる「三枚引き」です。
この三枚引きを制する者がタロットリーディングを制します。
スポーツでもチェスや囲碁のようなゲームでも、基本が一番大切です。
例えば、テニスをやるとしましょう。最初に素振りをさせられます。
逆に素振りも碌に出来ない者がインターハイに出場できるか?ということになります。
「三枚引き」はタロットリーディングの素振りです。

また余談ですが・・
※メルマガでも余談が多くて申し訳ございません。
タロットはカバラの思想ですから、人生の正しい生き方をご自身で発見することになるでしょう。
それはまさに、盲目の方が目が開いたようなイメージです。
タロットの絵そのものには、多くの人生へのメッセージが隠されています。
また連想法タロットリーディング法を取得して、「ご自身に関わる全ての人の救いに少しでも近づく」ことがタロットを読む最大の目的です。

他者の人生は、他者のものです。
しかし、正しい扉まで導くことはタロットでは可能です。その後、その相談者様が扉を開くかどうかはタロットリーダーは関与できませんが。


もう一度講座についてご説明させて頂くならば・・・
個人指導のタロット講座の最大のメリットは時間です。
私自身、タロットを独学で学んできました。
それは時代背景や環境もあります。
私は1964年生まれの札幌育ちです。
当時の札幌は下水も完備されていない小さな町だったんですね。札幌オリンピックのおかげで大きくなったんです。
中学時代にタロットに興味を持ち独学したのですが・・
当時、タロット教本自体がありません。
当時の北海道には、最新の情報は届きませんでした。
ロッテリアというハンバーガーショップができたのが中学2年のときです。
セブンイレブンもその時代です。
北海道は当時は外地と呼ばれていたんです。
唯一、アレキサンドラ木星王の書籍がありました。
最初は私も意味を覚えていましたが、何か違和感がありました。
私が本格的にタロットを研究し始めたのは、大学時代です。
元々、思想文化学科(哲学科)ですので、キリスト教の研究はしていました。※愚私の研究対象はニーチェでした。ニーチェの父親が神父で、ニーチェ自身がキリスト教に深い思い入れがあったためです。私もキリスト教プロテスタントですが、クリスチャンに取っては、信仰心の薄い者と思われているでしょう。なぜならば、キリスト教義ではタロットは異端です。カバラも異端です。


当時もタロットを実践していたので、「はて?」「もしかすると?」と思い、カバラも研究し始めました。
そして悠久の時を経て「連想法タロットリーディング法」を少しづつ体系化していきました。

独学は時間が掛かりますね。
独学でタロットをマスターするならば、平均的に3年以上は掛かるでしょう。
これは意味を覚えてもそのぐらいは掛かります。
タロットマスターの定義は、タロットリーディングをあらゆる相談内容を対象に自在に読み解くことができることです。
今のプロの方でも、タロットリーダーとは謂えない方が大多数を占めています。
中には大アルカナしか読めないプロもいます。
コンビネーションリーディングもできないプロが現実に居ます。

個人指導のタロット講座の最大のメリットは、生徒様の「得意な点を伸ばし」て「不得手な点を矯正」することが可能です。
35年もタロットを実践していれば、「この生徒様は・・・の点が理解していないんだな!」と気がつきます。
また課題も出しますので、次回の講座までに課題を解答しておかなければなりませんね。
モチベーションの持続に繋がりますし、課題自身が最大効果を挙げるエクササイズになります。

また現在は便利な時代ですね。インターネットがあるからです。私の若い頃は「習う」には「通学」しか選択肢はありませんでした。
今はSkypeやGoogle、Microsoft等、無料ビデオ通話のツールがたくさんあります。
インターネットの功罪はありますが、場所や時間を超える事は、明らかに進化ですね。


簡単になりますが、ご説明させて頂きました。
まずはご回答まで。


よろしくお願いいたします。


茂内重幸

☆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆☆
Fortunecat.co.ltd フォーチュンキャット株式会社
NAME SHIGEYUKI.SHIGENAI 茂内重幸
BIZINESS NAME 小町

〒530-0042
大阪市北区天満橋1丁目8-15
TEL 06-7162-8635
MAIL  sshigenai@gmail.com
FACEBOOK https://www.facebook.com/sshigenai
TWITTER  https://twitter.com/tarotreadingss
☆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆☆

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-12-03  
最終発行日:  
発行周期:不定期ですが原則は日刊  
Score!: 95 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。