占い

タロットが語る本当の幸せのレシピ

タロットセラピスト36年の著者が、タロットを通じて、本当の幸せの大原則を語ります。タロットは1枚1枚に、人生をいかに幸せに生きるか、の啓示が書かれているのです。

全て表示する >

タロットはカバラの思想が盛り込んである非常に神秘的なカードであるPART1

2017/07/12

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼
【メルマガ】タロットが語る幸せの奥義

【本日のテーマ】意味を覚えない連想法タロットリーディング法を学ぶ以外に本物のタロットリーダーには為れないPART9

【副題】タロットはカバラの思想が盛り込んである非常に神秘的なカードであるPART1

『意味を覚えないコートカードの読み方の極意』

本書のキャンペーンを1週間延長します。
https://www.tarot-learning.com/cortcards


3年ぶりに小町が書き上げた「タロット教材」です。
今まで「コートカード」に苦しめられた「タロット学習」もこれで終了です。本書は連想法タロットリーディング法という特別な方法を使って、意味なんか覚えないで「コートカード」を誰にでも読むノウハウです。


無料で『意味を覚えないコートカードの読み方無料版』を閲覧できます!
https://docs.wixstatic.com/ugd/e8b5bb_5ea36d4435a548b2b20c66ee658b805a.pdf


とにかく。新しい小町のタロットの極意のWEBサイトへGO!
https://www.tarot-learning.com/



ご決済は「クレジットカード」でもOK!
しかもすぐにダウンロードできます。
https://www.tarot-learning.com/cortcards


他のタロット教材を見たい方は下記のURLをクリック!
https://www.tarot-learning.com/shop


小町のyoutubeビデオをご覧下さい!
無料でタロットの奥義が学べますよ。
youtubeビデオだけのキャンペーンもあります。
※youtubeからメルマガに登録された方は失礼致します。
https://youtu.be/bXkKTXD3XCA



小町のプロフィール詳細はこちら⇒ https://www.tarot-learning.com/profile


タロット質問箱を作成しました。
どんなことでもお気軽にお訪ね下さい。
ご質問は、下記のURLリンクからお願い致します。

https://www.tarot-learning.com/


タロットフォーラムを作成しました。
タロットに関するいろいろな事を皆様でシェアしましょう!
ここでタロットに関する質問も受け付けています。
このコンテンツはFacebookのようなものです。

https://www.tarot-learning.com/forum/


==================================

『意味を覚えない連想法タロットリーディング法を学ぶ以外に本物のタロットリーダーには為れないPART9』


【意味を覚えない連想法タロットリーディング法によるタロットリーディングのメリット】
○「意味を覚える」学習法では無く、絵の全体・部分から何を感じ、その感想から連想に発展させることによって、タロットリーディングが今まで以上に上達するでしょう。
○タロットが単なる占いのツールでは無く、それ以上に「人生を導く」ツールであることがわかるでしょう。
○タロットリーディングの胆である物語化(ストーリング)のテクニックが体系的に学べ、矛盾の無いタロットリーディングできるようになります。
○コートカードを人物としてでは無く、「状況や環境」などのプロセスとしてリーディングできるようになります。
○何より絵を観ての「感想」さえ語れれば、誰にでもタロットがプロ以上に読めることがわかります。
○今まで「意味を覚える」タロット学習法から、「意味を覚えない」「意味を覚えてはいけない」学習法を体系的に習得できます。
○矛盾したカードをドローしても、それは必然であり、整合性が明確なリーディングが可能になります。
○「当たる占い」という本当の真理が理解でき、自分占い、他者占いも的を得たリーディングができるようになります。
○一般的にタロットは独学ではプレベルまでは到達できません。本書でプロタロット占い師に必ず成れるとは申しませんが、タロットリーディングの原則を習得できるため、反復練習を繰り返すことで、プロの域まで望めるでしょう。
○副業としてタロット占いを行う場合でも、体系的なタロット学を学ぶことによって、セミプロとしてサイドビジネスも可能になるでしょう。


今回は私のWEBサイトのブログを紹介します。
https://www.tarot-learning.com/blog
このブログは、メルマガには書かれていないタロットのさらに奥深い内容を解説しています!!!


==================================

『意味を覚えない連想法タロットリーディング法を学ぶ以外に本物のタロットリーダーには為れないPART9』

:タロットはカバラの思想が盛り込んである非常に神秘的なカードであるPART1


本編はちょっと難しいかもしれません。
元来、カバラ自体が非常に難解です。


カバラは「ユダヤ教神秘主義思想」と翻訳されています。
なんともセンスの無い翻訳です。

カバラは「ユダヤ教」「キリスト教」「イスラム教」に多大の影響を与えました。

そして不可思議ですが、誰が書いたのかまったく、わかりません。

一説によると、キリスト教では、天使「ラジエルの書」を基にしてエノクが書いたという説があります。
また一説によると、大天使ラジエル自身が書いたとも言われています。


「ラジエルの書」は天使が、主(父・ヤーウェ)が命令して、この世の全ての新羅万象を書かせた書物です。
歴史上読んだのは3人。
モーゼ。ノア。エノクです。
彼らのことは皆様も名前はご存知でしょう。


【コラム】モーゼという人物

旧約聖書に全て書かれていますが・・・
『旧約聖書』の『出エジプト記』によれば、モーセはイスラエル人のレビ族の父アムラムと、アムラムにとって叔母にあたる母ヨケベドとの間に生まれ、兄アロンと姉ミリアムがいた。モーセが生まれた当時、ヘブライ人が増えすぎることを懸念したファラオはヘブライ人の男児を殺すよう命令した。出生後しばらく隠して育てられたが、やがて隠し切れなくなり、パピルスのかごに乗せてナイル川に流された。たまたま水浴びしていたファラオの王女が彼を拾い、水からひきあげたのでマーシャー(「引き上げる」の意味)にちなんで「モーセ」と名づけた。モーセの姉の機転で、実の母親を乳母として王女に雇われることができた。
成長したモーセは、あるとき同胞であるヘブライ人がエジプト人に虐待されているのを見て、ヘブライ人を助けようとしたが、はからずもエジプト人を殺害してしまう。これが発覚し、ファラオに命を狙われたモーセは逃れてミディアンの地(アラビア半島)に住んだ。ミディアンではツィポラという羊飼いの女性と結婚し、羊飼いとして暮らしていたが、ある日燃える柴のなかから神に語り掛けられ、イスラエル人を約束の地(聖書中では「乳と蜜の流れる地」と言われている現在のパレスチナ周辺)へと導く使命を受ける。神は、みずからを「わたしはある者」と名乗った。

エジプトに戻ったモーセは兄アロンとともにファラオに会い、ヘブライ人退去の許しを求めたが、ファラオは拒絶し、なかなか許そうとしなかった。そのため十の災いがエジプトにくだり、最後にはファラオの息子を含めてすべてのエジプトの初子が無差別に殺害された。ファラオはここにいたってヘブライ人たちがエジプトから出ることを認めた。エジプト出発の夜、人々は神の指示通り、子羊の肉と酵母を入れないパンを食べた。神はこの出来事を記念として行うよう命じた。これが「過越祭」の起源である。ヘブライ人がエジプトを出ると、ファラオは心変わりして戦車と騎兵からなる軍勢を差し向けた。紅海に追い詰められ、絶体絶命の状況に陥った。これに対し、奴隷的な状態のままであってもエジプトにいた方がよかったと不平をもらす者もいたが、モーセが手にもっていた杖を振り上げると、葦の海で水が割れたため、イスラエル人たちは渡ることができた。しかし、後を追って紅海を渡ろうとしたファラオの軍勢は海に沈んだ。
その後、モーセは民と共に苦しい荒れ野の旅を続ける。人々は水や食べ物のことでしばしばモーセに不平をいい、モーセはそのたびに水や食べ物を与えて神の力を示した。このとき、神から与えられた蜜入りのウェファースのような味の白い食料を人々は「マナ」と呼んだ。やがて人々がシナイ山に近づくと、神が山上に現れ、モーセは山に登って十戒を受けた。さらに神はヘブライ人と契約を交わした。『出エジプト記』のモーセに関する記述はこれで終わり、後半部(20章〜40章)は守るべき掟と儀式に関する詳細な規定の記述に費やされている。


【コラム】ノアという人物

こちらも旧約聖書に書いています。

神は地上に増えた人々の堕落(墜落)を見て、これを洪水で滅ぼすと「神と共に歩んだ正しい人」であったノア(当時500〜600歳)に告げ、ノアに箱舟の建設を命じた。
箱舟はゴフェルの木でつくられ、三階建てで内部に小部屋が多く設けられていた。箱舟の内と外は木のタールで塗られた。ノアは箱舟を完成させると、妻と、三人の息子とそれぞれの妻、そしてすべての動物のつがいを箱舟に乗せた。洪水は40日40夜続き、地上に生きていたものを滅ぼしつくした。水は150日の間、地上で勢いを失わなかった。その後、箱舟はアララト山の上にとまった。
40日のあと、ノアは鴉を放ったが、とまるところがなく帰ってきた。さらに鳩を放したが、同じように戻ってきた。7日後、もう一度鳩を放すと、鳩はオリーブの葉をくわえて船に戻ってきた。さらに7日たって鳩を放すと、鳩はもう戻ってこなかった。
ノアは水が引いたことを知り、家族と動物たちと共に箱舟を出た。そこに祭壇を築いて、焼き尽くす献げ物を神に捧げた。神はこれに対して、ノアとその息子たちを祝福し、ノアとその息子たちと後の子孫たち、そして地上の全ての肉なるものに対し、全ての生きとし生ける物を絶滅させてしまうような大洪水は、決して起こさない事を契約した。神はその契約の証として、空に虹をかけた。


【コラム】エノクという人物

『創世記』では、エノクという名前は二度現れる。
初めは4章17節であり、カインの子としてその名が記される。カインは建てていた町に彼にちなんでエノクとつけたという。
二度目は5章21節から24節である。その箇所によればヤレドの子であるエノクは、65歳でメトシェラをもうけ、365年生きたあと、「エノクは神とともに歩み、神が彼を取られたので、いなくなった」という。このエノクはノアの曽祖父にあたる。エノクは『創世記』のこの部分のみにしか現れないが、死についての記述がなく「神が連れて行った」という表現がされていることから以後の人々に好んで取り上げられることになった。

因みに「エノク書」では、エノクは大天使メタトロンです。エノクも著名な預言者の一人ですね。
勿論ですが、モーゼも預言者ですよ。
ただしノアは預言者ではありません。
大切なのは、モーゼもノアもエノクも、人間の中で神に非常に愛されたということが共通点です。

※エノクも解説すると非常に長くなるので、皆様も疲れてきたでしょうから省略します。
さて、カバラに戻りましょう。

神の書籍が一般の人間には理解は完全にできないでしょう。
よって、カバリスト(カバラを研究する人)によって、解釈も違います。


さて、「カバラ」の本編の文書を読んでも、はっきり言って難しいです。
難しさのレベルでは、カントの『純粋理性批判』並です。

エリス・レヴィはタロットとカバラ研究の第一人者の人物ですが、その概念はセフィロトの樹のパスにあります。
セフィロトには22のパスがあり、この「22」という数字は、大アルカナの22枚に対応しています。
そしてこのパスにはそれぞれヘブライ文字が付されていますが、その文字に大アルカナの各1枚が対応するようになっています。

<レヴィによるカバラ ヘブライ文字とタロットカード大アルカナの対応>
アレフ (ケテル → コクマー) 魔術師
ベート (ケテル → ビナー) 女教皇
ギーメル (ケテル → ティファレト)女帝 
ダレット (コクマ → ビナー) 皇帝
ヘー (コクマー → ティファレト) 法王
ヴァヴ (コクマ → ケセド) 恋人
ザイン (ビナー → ティファレト)戦車 
ヘット (ビナー → ゲブラー) 正義
テット (ケセド → ゲブラー) 隠者
ヨッド (ケセド → ティファレト) 運命の輪
カフ (ケセド → ネツァク) 力
ラメド (ゲブラー → ティファレト)吊るされた人 
メム (ゲブラー → ホド)死神 
ヌン (ティファレト → ネツァク) 節制
サメフ (ティファレト → イェソド) 悪魔
アイン (ティファレト → ホド) 塔
ペー (ネツァク → ホド) 星
ツァディー (ネツァク → イェソド) 月
コフ (ネツァク → マルクト) 太陽
レーシュ (ホド → イェソド) 審判
シン (ホド → マルクト) 愚者
タヴ (イェソド → マルクト) 世界

この各々のパスにも、ちゃんとしたメッセージがあります。
これも解説するならば、非常に長くなります。

それは後日に紹介しましょう。


茂内重幸

☆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆☆
Fortunecat.co.ltd フォーチュンキャット株式会社
NAME SHIGEYUKI.SHIGENAI 茂内重幸
BIZINESS NAME 小町

〒530-0042
大阪市北区天満橋1丁目8-15
TEL 06-7162-8635
MAIL  sshigenai@gmail.com
FACEBOOK https://www.facebook.com/sshigenai
TWITTER  https://twitter.com/tarotreadingss
☆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆☆

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-12-03  
最終発行日:  
発行周期:不定期ですが原則は日刊  
Score!: 95 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。