占い

タロットが語る本当の幸せのレシピ

タロットセラピスト36年の著者が、タロットを通じて、本当の幸せの大原則を語ります。タロットは1枚1枚に、人生をいかに幸せに生きるか、の啓示が書かれているのです。

全て表示する >

タロットはまず全体を観るのが大事!

2009/12/30

第3号 タロットは全体を観る

こんにちは。
当メルマガの運営者の茂内です。

もうすぐ2010年を迎えようとしていますね。
今年のできなかったこと、やろうと思ったった事を、是非、2010年には成し遂げたいですよね。

さてタロットリーディングの極意の1つに「俯瞰してみる」ことが挙げられます。
つまり上から、全体を眺めるわけです。

タロットはスプレッド(Spread)といて、ある特定の配置に並べます。その個々の配置には、特定の意味(定義)があります。
例えば・・「過去」「現在」「未来」などです。

最初から一枚目を読んではいけません。
まずは全体を観ること。樹や葉を見ずに、森を見るんです。

まず観るべきは、並べらたタロットの雰囲気や傾向を掴むことです。
雰囲気とは、「明るい」「暗い」「寂しい」「冷たい」「温かい」・・・などのリーダーのイメージですよね。

あとは観るべき点がいくつかあります。フルセット78枚で占った場合です
●同じスート(属性)が比較的多く出ていないか?
※「カップ」「ソード」「ワンド」「ペンタクル」各スートが比較的60〜70%ぐらい出ていたら要注意です。
●同じ「数札」が出ていないか?
※あくまでも同じスート(属性)で、たとえば、「カップ3」「カップ4」「カップ5」と連続して出ていたら注目です。
●大アルカナまたはエースカードは出ていないか?大アルカナもエースカードも同様に数札よりも強めに読みます。
※たいていは大アルカナ・エースカードは60〜70%ぐらいの強さですね。
●コートカード(宮廷・人物カード)で「ナイト」または「クイーン」が出ていないか?
※コートカードは90%は出来事や事件・イベントの変化の兆しを表します。

まずは自分の感覚(イメージ)を優先し、どうも「暗いな」「なにか善い感じがするな」という第一印象を観ます。
次に森ではなく「木」を観ていくわけです。「木」の次は気になる箇所だけ「葉」を見ましょう。

今後、具体的なリーディングの観方については掲載していきたいと思います。

<編集後記>
タロット歴30年の「小町」が制作した「プロ占い師が明かすタロット占いの極意」というテキスト講座です。

期間限定の12月末までお得な35%OFFでご購入できます。残りは本日を入れて2日となりました。

タロット歴30年。のべ10000人以上の相談・鑑定を受けてきましたが、今回、「プロ占い師が明かすタロット占いの極意」を作成しました。
購入する前に、「プロ占い師が明かすタロット占いの極意」の一部をご覧いただけます。

ご興味のある方はどうぞ!
下記のアドレスから無料レポートがご覧いただけます。
http://fortunecat.jp/report.html

ご購入ページはこちら
http://fortunecat.jp/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-12-03  
最終発行日:  
発行周期:不定期ですが原則は日刊  
Score!: 95 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。